【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

境内の中でいただく鮨は、厳選したネタを使用/すし いわお

江戸前鮨店「すし いわお」が4月1日(金)、赤坂にある浄土寺境内でオープン。店舗は境内の路地を入った一軒家で、カウンターを中心としたアットホームで落ち着いた雰囲気です。


鮨に使われるのは、豊洲市場で仕入れるネタ。「ヒルトン東京」内の日本料理店の料理長を務めた岡部巌氏が厳選します。うま味を引き出す塩のあて方や寝かし方など、魚の状態を見極めながら丁寧に仕込むそう。

1日16食限定のランチは、ぜひ注目したい一品です。散らさないちらし寿司「チラシラズ」(6,000 円)は、蓋を開けると宝石箱のように敷き詰められた16 品のネタがぎっしり入っています。


シャリは、長期熟成をさせた、うま味を豊富に含んだ但馬醸造の赤酢を合わせる“赤シャリ”と、淡白な魚に合わせた優しい味わいの“ロゼシャリ”の2種類。宮城産の大粒米「ササニシキ」を“アルデンテ”に炊き上げます。

また、夜は「握りコース」(22,000円)を堪能できます。対馬の最高級ブランドであるノドグロ“紅瞳”を炭火で焼き上げ、たっぷりのキャビアをのせた、贅沢な握りは、ぜひ食べたい一品です。

すし いわお
  • 所在地

    東京都港区赤坂 4-3-5

  • 最寄駅

    赤坂

  • 電話番号

    03-5544-9862

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年03月23日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。