清澄庭園

キヨスミテイエン

清澄白河(徒歩3分)/森下/門前仲町
03-3641-5892

【明治を代表する庭園は野鳥も集まるのどかな環境】
東京都の名勝に指定されている庭園。明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」を有し、三つの中島を配した「泉水」、全国の産地から集めた「名石」が見どころ。東京都選定歴史的建造物に指定された「涼亭」、53坪の大広間「大正記念館」は、共に集会施設として利用されている。桜、ハナショウブ、紅葉が美しく、四季おりおり楽しめる。川や海が近く、種々の野鳥を眺めることもできる。[編集部コメント] 

お正月特集2019

【泉水と名石、そして緑と野鳥】

泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれています。
この地の一部は江戸の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716~1736年)には、下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、その頃にある程度庭園が形づくられたようです。
明治11年、岩崎彌太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として一応の竣工をみました。彌太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。
清澄庭園は、関東大震災で大きな被害を受けましたが

【泉水と名石、そして緑と野鳥】

泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれています。
この地の一部は江戸の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716~1736年)には、下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、その頃にある程度庭園が形づくられたようです。
明治11年、岩崎彌太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として一応の竣工をみました。彌太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。
清澄庭園は、関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救いました。岩崎家では、こうした庭園の持つ防災機能を重視し、翌大正13年破損の少なかった東側半分を公園用地として東京市に寄付し、市ではこれを整備して昭和7年7月に公開しました。昭和52年には、庭園の西側に隣接する敷地を開放公園として追加開園しました。ここには芝生広場、四阿などがあります。
サクラの木が20本ほど植えられ、春のお花見の場となっています。なお、庭園の方は、昭和54年3月31日に東京都の名勝に指定されています。

おすすめポイント

清澄庭園の基本情報

スポット名 清澄庭園
住所

〒135-0024   東京都 江東区 清澄3-3-9

point地図を見る

最寄駅

清澄白河(徒歩3分) /森下 /門前仲町

map路線&徒歩ルート検索

TEL

03-3641-5892

(清澄庭園サービスセンター)

定休日 年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
※イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。
営業時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
オフィシャルサイト

公園へ行こう!

レッツエンジョイ東京の特集 花の名所カレンダー
初詣など年末年始のおでかけ情報が満載!お正月特集
備考 東京メトロの一日乗車券はお得がいっぱい!「ちかとく」へ>>

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

もっと口コミを見る>>

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる