浅草寺

センソウジ

浅草
03-3842-0181

【海外客も多く訪れる都内最古の寺】
年間約3000万人もの参詣者が訪れ、「浅草観音」の名称で親しまれる都内最古の寺。
日本的情緒にあふれ、海外旅行者も数多く参拝。
入り口の「雷門」と雷門をくぐった参道の商店街「仲見世」は観光スポットとしても有名。
古くから定められている功徳日、7月9・10日の2日間に行われる「四万六千日・ほおずき市」は、浅草の夏の風物詩。境内に数十軒の羽子板の露店が軒を連ねる12月17~19日の「羽子板市」や、2月3日の「節分会」も多くの人でにぎわう。[編集部コメント]

【東京下町を代表する名所】
浅草寺は7世紀推古天皇の時代に創建したという起源をもつ都内最古の寺。
全国的にあらゆる階層の人達に親しまれ、年間約3,000万人もの多くの参詣者がおとずれる。

参道入り口の「雷門」と参道の出店街「仲見世」は東京有数の観光スポットで、常時多くの観光客が行き来しています。
現在の雷門は、1865年に焼失した門が1960年に再建されたものです。
正しくは「風雷神門」というのですが、いつしか「雷門」とだけ呼ばれるようになりました。


<初詣>
【例年の参拝者数】
2017年度 293万人

【参拝時間(年末年始期間)】
※決まり次第お知らせいたします。

【屋台・露店】
あり

【初詣の特徴】
24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり
※お堂が24時間開くことはありませんが、お堂外での参拝はできます。

<ご利益>
合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、出世

【東京下町を代表する名所】
浅草寺は7世紀推古天皇の時代に創建したという起源をもつ都内最古の寺。
全国的にあらゆる階層の人達に親しまれ、年間約3,000万人もの多くの参詣者がおとずれる。

参道入り口の「雷門」と参道の出店街「仲見世」は東京有数の観光スポットで、常時多くの観光客が行き来しています。
現在の雷門は、1865年に焼失した門が1960年に再建されたものです。
正しくは「風雷神門」というのですが、いつしか「雷門」とだけ呼ばれるようになりました。


<初詣>
【例年の参拝者数】
2017年度 293万人

【参拝時間(年末年始期間)】
※決まり次第お知らせいたします。

【屋台・露店】
あり

【初詣の特徴】
24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり
※お堂が24時間開くことはありませんが、お堂外での参拝はできます。

<ご利益>
合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

浅草寺のおすすめイベント

浅草寺歳の市 羽子板市

浅草寺歳の市 羽子板市

2017/12/17(日) ~ 2017/12/19(火)

年末の江戸風情を楽しむ浅草寺の羽子板市。装飾用の大きなものから子ども用のもの、その年の話題のネタを取...

浅草寺 除夜の鐘撞き

浅草寺 除夜の鐘撞き

2017/12/31(日)~2018/1/1(月・祝)

歌舞伎俳優や浅草芸妓などが参加して華やかに新年を寿ぎます!

浅草寺のイベント一覧を見る

浅草寺の基本情報

スポット名 浅草寺
住所

〒111-0032   東京都 台東区 浅草2-3-1

point地図を見る

最寄駅
TEL

03-3842-0181

電話による受付時間 日曜・祝祭日を除く10:00~16:00

営業時間 境内開放
参拝時間 6:00~17:00(4月~9月)、6:30~17:00(10月~3月)
授与所受付時間 6:00~17:00(4月~9月)、6:30~17:00(10月~3月)
御朱印受付時間 6:00~17:00(4月~9月)、6:30~17:00(10月~3月)
オフィシャルサイト

あさくさかんのん 浅草寺

レッツエンジョイ東京の特集 浅草でオススメの初詣スポット
東京デート

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる