東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

妻沼聖天山

メヌマショウデンザン

熊谷駅

厄除け・縁結び新年祈祷初詣を絢爛豪華な極彩色彫刻の本殿で。「妻沼の聖天さま」の呼び名で親しまれ日本三大聖天さまの一つで、埼玉日光と言われる、国宝の本殿は目を見張るばかり。

聖天山は平家物語、保元物語、源平盛衰記や謡曲実盛、歌舞伎実盛物語などに、武勇に勝れた義理人情に厚い人柄が称えられている、斎藤別当実盛公が当時の庄司として、ご本尊聖天さまを治承三年(1179)に地域の総鎮守としてお祀りしたのに創まる。次いで実盛公の次男斎藤六実長(宗光ともいう)が出家して阿請房良応となり建久八年(1197)に本坊の歓喜院を開創した。

ご本尊聖天さまは、正しくは大聖歓喜天と称せられ、弘法大師が唐より密教とともに仏法の守護神として請来されてから、日本でも祀られ、福運厄除の神として信仰されている。またご本尊は錫杖(しゃくじょう)の中央に祀られているので、御正体錫杖(みしょうたいしゃくじょうとう)として国指定重要文化財であるが、秘仏である。平成31年4月16日~22日は、23年振りの本尊御開扉がある。

妻沼聖天さまは日本三大聖天さまの一つとして知られ、特に縁結びの霊験あらたかで、夫婦の縁

聖天山は平家物語、保元物語、源平盛衰記や謡曲実盛、歌舞伎実盛物語などに、武勇に勝れた義理人情に厚い人柄が称えられている、斎藤別当実盛公が当時の庄司として、ご本尊聖天さまを治承三年(1179)に地域の総鎮守としてお祀りしたのに創まる。次いで実盛公の次男斎藤六実長(宗光ともいう)が出家して阿請房良応となり建久八年(1197)に本坊の歓喜院を開創した。

ご本尊聖天さまは、正しくは大聖歓喜天と称せられ、弘法大師が唐より密教とともに仏法の守護神として請来されてから、日本でも祀られ、福運厄除の神として信仰されている。またご本尊は錫杖(しゃくじょう)の中央に祀られているので、御正体錫杖(みしょうたいしゃくじょうとう)として国指定重要文化財であるが、秘仏である。平成31年4月16日~22日は、23年振りの本尊御開扉がある。

妻沼聖天さまは日本三大聖天さまの一つとして知られ、特に縁結びの霊験あらたかで、夫婦の縁はもちろんのこと家内安全・商売繁盛・厄除け開運・交通安全・学業進学などのあらゆる良縁を結んでいただけるので、祈願を籠める信仰の寺院である。

<除夜の鐘>
国宝の聖天様にて新年の除夜の鐘をつき、良いご縁を。定員無しで特別御守を配布。24時から25時頃。無料。

<初詣>
【例年の参拝者数】
約60,000人

【例年の混雑時間】
1月1日~1月3日 9:00~17:00

【参拝時間(年末年始期間)】
24時間可

【屋台・露店】
あり(50~70店)
※元日、2日はダルマ市あり

【初詣の特徴】
24時間参拝可能、授与所あり、おみくじあり、御朱印あり

<ご利益>
合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、金運上昇・財運上昇、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、恋愛成就・縁結び、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願成就

おすすめポイント

基本情報

スポット名 妻沼聖天山
住所

〒360-0201   埼玉県 熊谷市 妻沼1511

point地図を見る

最寄り駅
アクセス ■JR高崎線「熊谷駅」よりアサヒバス太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前行き「聖天前」下車
営業時間 参拝時間 24時間可
授与所受付時間 9:00~16:30
御朱印受付時間 9:00~16:30

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる