東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

東京港野鳥公園

トウキョウコウヤチョウコウエン

流通センター駅
03-3799-5031

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

東京湾の埋立地によみがえった自然を生かしてつくられたのが東京港野鳥公園です。

大井埠頭に立地し、大田市場(東京都中央卸売市場)に隣接する、広さ36ヘクタールの公園です。野鳥観察のほか、水辺の生物、カニをはじめとする干潟や磯場の生物の観察にも適した場所となっています。

かつては遠浅の海でしたが、1960年代後半から埋立が始まり、埋立後、地面に雨水がたまって池や原っぱができ、いつしか野鳥が集まるようになりました。こうして大井埋立地はバードウォッチングの名所となり、1989年10月東京港野鳥公園が開園しました。園内には河川の中流から下流までを想定した様々な環境が復元されており、毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、年間120種類前後、開園以来227種類(2018年3月現在)の野鳥が観察されています。2000年6月17日には、「シギ・チドリ類重要生息地ネットワーク」の参加湿地となり、シギ・チドリ類の重要な生息地であることが国際的に認められ

大井埠頭に立地し、大田市場(東京都中央卸売市場)に隣接する、広さ36ヘクタールの公園です。野鳥観察のほか、水辺の生物、カニをはじめとする干潟や磯場の生物の観察にも適した場所となっています。

かつては遠浅の海でしたが、1960年代後半から埋立が始まり、埋立後、地面に雨水がたまって池や原っぱができ、いつしか野鳥が集まるようになりました。こうして大井埋立地はバードウォッチングの名所となり、1989年10月東京港野鳥公園が開園しました。園内には河川の中流から下流までを想定した様々な環境が復元されており、毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、年間120種類前後、開園以来227種類(2018年3月現在)の野鳥が観察されています。2000年6月17日には、「シギ・チドリ類重要生息地ネットワーク」の参加湿地となり、シギ・チドリ類の重要な生息地であることが国際的に認められました。

基本情報

スポット名 東京港野鳥公園
住所

〒143-0001   東京都 大田区 東海三丁目1番

point地図を見る

最寄り駅

流通センター駅

map路線&徒歩ルート検索

アクセス 東京モノレール 「流通センター駅」下車 徒歩15分
TEL

03-3799-5031

東京港野鳥公園管理係

休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日又は都民の日の時は翌火曜日が休園日です。)
年末年始(12月29日~1月3日)
開園時間 2月~10月 9:00~17:00
11月~1月 9:00~16:30
※閉園時間の30分前で入園の受付を終了します
オフィシャルサイト

東京港野鳥公園

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

もっと口コミを見る>>

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

アミューズメント&レジャーのカテゴリから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる