浅草寺本尊示現会 

2018/03/18(日)
  • トップ

ご本尊様が現世に姿を現されたことを祝して行う法要「浅草寺本尊示現会」。寺舞「金龍の舞」を一般に公開し、この日の祈祷だけは「紅札(べにふだ)」が授与されます。

  • 浅草寺本尊示現会 の画像1

    ▲一般に公開される浅草寺の寺舞「金龍の舞」

イベント詳細

神仏が人々を救うために、様々な姿でこの世に示し現わすことを「示現(じげん)」といい、「浅草寺本尊示現会」とは、ご本尊さまがこの世に姿を現されたことをお祝いして行われている法要です。推古天皇36(628)年3月18日、漁師である兄弟が川に放った網に人の形をした像がかかりました。それを掬い上げた兄弟は、土地の長に見せたところその像こそ聖観世音菩薩であることがわかりました。それをきっかけに土地の長は出家。その菩薩像をお祀りしたのが浅草寺の草創であるといわれています。

当日は、14時に本堂で執り行われる「本尊示現会」の法要の前に、浅草寺の貫首をはじめご住職全員による練行列が行われます。この練行列は伝法院から参道の仲見世を通り本堂まで繰り広げられ、境内では浅草寺の縁起に因んで創作された「金龍の舞」が奉演されます。また、この日に行う祈祷に限り、赤い掛け紙のかけられた「紅札(べにふだ)」と呼ばれる祈祷札が授与されます。

【開催日時】
2018年3月18日(日)

【会場】
浅草寺 本堂、境内、浅草神社境内

【主催】
浅草寺・浅草神社

【後援】
浅草観光連盟・浅草神社奉賛会

【お問合せ】
浅草寺
TEL:03-3842-0181 受付時間 10:00~16:00(日曜・祝祭日を除く)


●関連行事
◆浅草神社本社神輿「堂上げ」「堂下げ」
「浅草寺本尊示現会」の行事のひとつ。推古天皇36(628)年3月18日の、ご本尊の示現に携わった漁師の兄弟と土地の長の3名は後に神として祀られており、この三柱の神をお祭りしたお社(やしろ)が、今日(こんにち)の浅草神社となっています。こちらの3神に浅草神社の宮神輿三基におうつりになっていただき、その宮神輿三基を浅草寺本堂外陣にお上げする行事が「堂上げ」で、その晩、本堂に奉安する行事が「お籠り」。聖観世音菩薩のご示現により後に神として祀られる3人がご本尊と対面する機会でもあります。お籠りされた宮神輿三基を、翌日本堂からお下ろしする行事が「堂下げ」で、再び浅草神社へと戻られます。本堂正面の階段を、総重量1トンを超える煌びやかな宮神輿が上り下りするのは、息を呑む迫力があります。開催日時などの詳細は、浅草神社公式ホームページもしくは浅草寺公式ホームページをご確認ください。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 浅草寺本尊示現会 
開催期間 2018/03/18(日)
最寄り駅 浅草駅
オフィシャル
サイト
あさくさかんのん 浅草寺  
このイベントを取り上げた特集

浅草寺のその他のイベント

浅草寺のイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

アミューズメント&レジャーのスポット・施設をエリアから探す

このイベント開催地のエリア情報を見る

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる