友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

真っ赤な宝石スイーツが食べられる♪日本で唯一の「りんご飴」専門店に潜入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お祭りの屋台で買うイメージの強い「りんご飴」。“懐かしい”と感じる人も多いのではないでしょうか。しかし最近では、りんご飴の専門店が登場し、味とトレンドに敏感な女子たちの間で話題を集めているんです。 今回はそんな、気になるりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」に潜入!懐かしさだけじゃない、魅力がたくさん詰まったお店をレポートします♡

Date2017/09/12

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
エリア
新宿三丁目


りんご飴

お祭りの屋台で買うイメージの強い「りんご飴」。“懐かしい”と感じる人も多いのではないでしょうか。しかし最近では、りんご飴の専門店が登場し、味とトレンドに敏感な女子たちの間で話題を集めているんです。 今回はそんな、気になるりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」に潜入!懐かしさだけじゃない、魅力がたくさん詰まったお店をレポートします♡

日本唯一のりんご飴専門店/ポムダムールトーキョー


ポムダムールトーキョー


新宿三丁目駅C7出口から徒歩4分、新宿の喧騒から少し離れた路地裏に位置する「ポムダムールトーキョー」。
店先に目立つ看板などはなく、小さなプレートがさりげなく下がっているのみ。

お店は建物の脇にある階段を登った2階にあります。隠れ家のような雰囲気にドキドキ♡


店内


ドアを開けると、オシャレなカフェ空間が出現!
りんご飴専門店であると同時に、シーシャと呼ばれる水タバコ専門店でもある「ポムダムールトーキョー」。

店内にはシーシャの特徴である甘い香りが広がり、リラックスムードが漂います。


店内


席数は15席ほどのこじんまりとした店内ですが、ゆったりとしたソファもあり落ち着ける雰囲気。
「“お店とリビングの中間”のような空間作りを目指した」とお話してくれたのは、店主の池田喬俊さん。

随所にかわいらしい小物が飾られた店内は、のんびりくつろげて、まるで友達の家に遊びに来たかのよう♪


店内


店名の「ポムダムール」は、フランス語で「りんご飴」という意味。

女性のお客さんが多いそうですが、年齢層は子供から大人まで幅広く、週末にはお店の外まで行列必至!専門店の味に魅了されたリピーターのお客さんも多いそう。


こだわりのりんご飴は、1日で300個完売することも!


厨房


りんご飴は、お店で毎日手作りされています。
今回は特別に、りんご飴作りの様子も見せていただきました。

溶かした飴をくるっくるっと一つずつ手作業で絡めていく工程は、まさに職人技!想像以上に小さな厨房も、飴の美味しさを損なわないように、適正な湿度をキープするため。

厨房に広がる甘い香りに、はやくもトキメキが止まりません…♡


りんご飴


表面に見える“気泡”は、おいしいりんご飴の証拠。この気泡は、りんごの表面が呼吸をすることによって出てくるもの。

つまり表面に気泡があるということは、中のりんごが新鮮でおいしい!ということなんです。

このりんご飴を多い日には、1日300個ほど作り、その日のうちに完売してしまうんだとか!


りんご飴


店内のショーケースには、愛らしいりんご飴がずらり。

「プレーン」(500円)「シナモン」「ココア」(各600円)の通常メニュー3種類と、期間限定メニューの全4種類。

今の季節の限定は「とこなっつココナッツ」(800円)。遊び心のあるメニュー名もかわいい♡

友達と別々のメニューを選んで、シェア食べするのがオススメ!


プレーン


今回は、一番人気の「プレーン」をセレクト。登場したりんご飴のあまりの美しさに思わずため息が…♡

艶やかな飴はもちろん、それに負けないくらいみずみずしく輝くりんごに驚き!

ころんとしたフォルムがかわいらしく、真っ赤な宝石のようなビジュアルはSNS映えも抜群です♡

店内でいただく時には、食べやすいようにカットされた状態で出てくるのもうれしいポイント。


プレーン


一口食べると、パリッとした飴の食感と、フレッシュなりんごの果汁が口いっぱいに広がります。

噛むほどに甘みが増して、今までに体験したことのない美味しさ!最後の一片は棒つきのままで口いっぱいに頬張って♡

お祭りの屋台で食べたときの、懐かしい気持ちに包まれます。


店内


お店は夜24時まで営業していて、アルコールメニューも充実しています。

りんご飴とお酒、珍しい組み合わせですが、意外にもこれが相性抜群。チャージ料金もないので、1,000円あれば気軽に“りんご飴飲み”が楽しめちゃう♡

お仕事帰りに予定が合った友達と、サク飲みするのもよさそう!


テイクアウト


りんご飴はテイクアウトも可能。

新宿御苑まで歩いて5分ほどの距離なので、天気の良い日にはりんご飴片手に公園をお散歩するのもいいかも。

自然に囲まれ、青空の下で食べるりんご飴も、また格別ですよ♪友達とピクニック気分で楽しんでみて。


まとめ


りんご飴


子供の頃にお祭りの屋台で食べた懐かしい気持ちと、そんな記憶のなかのりんご飴を超える、専門店ならではの新しいおいしさとの出会い。

ここに来れば、かわいいだけじゃない、りんご飴の魅力を再発見できるはず♡

甘くて爽やかなひとときを過ごしてみてはいかが?



ポムダムールトーキョー

住所:東京都新宿区新宿5-9-12 KIビル 2F
電話番号:03-6380-1194
営業時間:13:00~24:00
定休日:木曜
最寄駅:新宿三丁目



日笠麗奈

◆取材・執筆/日笠麗奈

ライター・モデル・イベントMC、来る仕事拒まずのなんでも屋。
お酒とアイドルとテレビが好きで、カルチャー・グルメ記事を中心にさまざまなメディアで執筆中。

[Twitter] https://twitter.com/reina_hikasa

[Instagram] https://www.instagram.com/reina_hikasa/




※2017年9月12日の情報です。価格は税込み表示です。内容は変更になる場合があります。





あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える