イメージ

女子が「絶対行きたい!」超豪華スイーツブッフェ“マリー・アントワネットの結婚”を徹底攻略してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくの休日、たまには思う存分自分を甘やかし、甘いスイーツに囲まれて幸せな気分に浸りたい!そんなワガママ女子にオススメなのが、フランス王妃「マリー・アントワネットの結婚」をテーマにした、ヒルトン東京「マーブルラウンジ」のデザートブッフェ。バラがいっぱいの可憐で煌びやかなケーキや、愛らしいデザートの数々に囲まれれば、とびっきりロマンティックで贅沢な休日になること間違いなしです!

Date2017/08/04

私のスタイル
無敵女子
エリア
都庁前西新宿

いつもの休日をゴージャス&優雅な時間に!

マリー・アントワネットの結婚



こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは、今なお世界中の女性を魅了するフランスの王妃「マリー・アントワネットの結婚」をテーマにした、甘くゴージャスな世界観を楽しめる「マリー・アントワネットの結婚 デザートブッフェ」。



マリー・アントワネットの結婚



会場となるのは、ヒルトン東京1階にある「マーブルラウンジ」。 ヒルトン東京は「西新宿駅」、「都庁前駅」に地下通路で直結。または新宿駅から徒歩約10分ほどの場所にあります。

「マーブルラウンジ」のデザートブッフェには連日長蛇の列ができ、年間を通してほぼ毎日満席。都内で最も予約困難なレストランとして知られています。

満席だからといって諦めないでくださいね。今回のイベントをしっかり楽しめる裏技もしっかりご紹介しますので、ご安心を。



マリー・アントワネットの結婚



お目当てのスイーツブッフェは、14時30分~17時30分までの3時間のみの開催(平日4,638円・土日祝4,784円)。

吹き抜けの開放感あふれる店内は全208席。ダークブラウンを基調にモダンカラーの様々なタイプのインテリアが配されるゴージャスな空間でスイーツを楽しむことができます。



華やかで煌びやかな世界が広がるスイーツブッフェがいよいよスタート!

マリー・アントワネットの結婚



ラウンジ入り口に設置される可愛らしいバラのアーチをくぐり抜けると、いよいよスイーツブッフェがスタート。



マリー・アントワネットの結婚



マリー・アントワネットといわれて思い浮かぶのは、豪華できらびやかな「王妃」のイメージ。

その姿を体現するかのように作られたデザートは、ピンクやパステルカラーで彩られた、スイートでキュートなものばかり!



マリー・アントワネットの結婚



今回のデザートブッフェには、マリー・アントワネットとルイ16世の結婚の世界観を二つのエリアに分けて、スイーツや煌びやかな装飾で表しています。

まずは、マリー・アントワネットとルイ16世の世紀の“ロイヤル・ウエディング”のエリアへ。



マリー・アントワネットの結婚



こちらは、マリー・アントワネットの真珠をイメージした「王妃の真珠」。軽い食感で甘さを抑えたチーズケーキは、爽やかな酸味と濃厚な味わいを堪能できます。



マリー・アントワネットの結婚



イチゴたっぷりの「シャルロットケーキ」は、生地の甘さとイチゴの酸味が絶妙です。フレッシュなイチゴの果汁が口いっぱいに広がります。



マリー・アントワネットの結婚



爽やかな香りが特徴の「ピンクグレープフルーツのタルト」は、甘さと酸味のバランスが絶妙。しっとりした生地と淡い甘みに独特の苦みがクセになる味わいです。



マリー・アントワネットの結婚



鮮やかなピンク色の「ヌーヴェル・マリエ」は、桃とホワイトチョコレートクリームのケーキ。桃の甘い香りと、ホワイトチョコの甘さが際立ちます。



マリー・アントワネットの結婚



さらにこちらは、女性なら誰もが「可愛い~♪」と連呼する「プチ・トリアノンのカップケーキ」。バラとラベンダーの2種類あり、甘さが強めなので取り過ぎには要注意です。



マリー・アントワネットの結婚



サクッとした食感の「マカロン」は、ショコラ・バニラ・ラズベリーの3種類。それぞれ濃厚な味わいを堪能できます。



マリー・アントワネットの結婚



カクテルグラスを使用した「シャンパンゼリー」は、一口食べるとラズベリーの香りが口いっぱいに広がります。アルコールが含まれているので大人の女性にはオススメです。



マリー・アントワネットの結婚



白とピンクのコントラストがきれいな「薔薇のジュレ パンナコッタ」は、ねっとりとした甘めのパンナコッタと爽やかな風味のバラのジュレのハーモニーがクセになる味わいです。



マリー・アントワネットの結婚



こちらの「ショコラ・ダムール」は、滑らかな食感が楽しめる上品なプリン。口当たりも良く、チョコレートの濃厚な味わいが際立ちます。



マリー・アントワネットの結婚



花嫁の帽子をイメージした「王妃の帽子風ルリジューズ」は、ラベンダーの香りと、とろけるカスタードクリームが絶妙です。

見た目も可愛らしく、女子なら思わずときめいちゃうはず!



マリー・アントワネットの結婚



一口サイズの「プチストロベリータルト」は、甘めのカスタードクリームと酸味のあるイチゴとのバランスが絶妙です。

小ぶりでキュートなタルトは2~3個まとめて取っちゃいましょう!




キュートで愛らしい!“お輿入れ”をイメージしたエリアはSNS映え抜群!

マリー・アントワネットの結婚



こちらは二つ目のエリアとなる、マリー・アントワネットの“お輿入れ”をイメージしたエリア。



マリー・アントワネットの結婚



結婚を準備するためにそろえた、愛らしい靴やパラソル、馬車などがデザートと共に彩ります。SNS映え抜群なので、ぜひ撮影して「いいね」をたくさん集めちゃいましょう!



マリー・アントワネットの結婚



こちらは、当時流行りの最先端と言われたマリー・アントワネットのヘアスタイルをイメージした「ア・ラ・ヴェルサイユ」。

レモンとカモミールの香るスポンジケーキは、さっぱりとした味わいです。ユニークな見た目に、思わずテンションも盛り上がっちゃいますね。



マリー・アントワネットの結婚



色鮮やかな「王妃の宝石箱」は、イチゴやベリーを使用したしっとり生地のタルト。甘さのある生地に、酸味のあるフルーツが相性◎。



マリー・アントワネットの結婚



マリー・アントワネットが実際に好んだと言われるケーキを忠実に再現した「マリー・アントワネット アンティークケーキ」は、しっとり濃厚な味わいが特徴。ストロベリーの爽やかな酸味が絶妙です。



マリー・アントワネットの結婚



バラの花びらを散りばめた「フランスの薔薇」は、バラ風味のメレンゲに、ラズベリーとローズクリームを合わせた、ちょっぴり大人の味わいのムラング・シャンティ。



マリー・アントワネットの結婚



イチゴを贅沢に使用した「ショートケーキ」は、キメ細かいふんわりとしたスポンジ生地が特徴で、ミルキーな生クリームとのハーモニーが絶妙です。



マリー・アントワネットの結婚



こちらの「ヨーグルト、カモミール風味のマンゴーソース」は、マンゴーの酸味とヨーグルトのさっぱりとした味わいが特徴の、夏らしい爽やかなグラスデザート。



マリー・アントワネットの結婚



オーストリア伝統の「クグロフ」は、しっとりとした食感で、紅茶の風味が口いっぱいに広がります。



マリー・アントワネットの結婚



サクッとした食感の「パンもお食べ デニッシュ」は、チーズの芳醇な香りが特徴で、甘いスイーツと交互に食べると相性抜群です。



「マリー・アントワネットの結婚」スイーツブッフェを満喫するポイントは?

マリー・アントワネットの結婚



写真を撮らずにはいられない最高にロマンティックなスイーツブッフェでは、まず撮影を楽しむのが1番のポイント。 開始直後はブッフェ台には大行列ができるので、先にブッフェ全体を撮影しておくのがオススメです。



マリー・アントワネットの結婚



またブッフェ台は常に混んでいるため、1度にたくさんのスイーツを盛り付けるのがベスト。食べる際は、味の濃いスイーツを前半に食べると、その後の繊細なスイーツが物足りなく感じるので注意して下さいね。

特に、カップケーキやマカロンは甘さも強くお腹に溜まるので後半に食べるのがオススメですよ。



マリー・アントワネットの結婚


マリー・アントワネットの結婚



また、さっぱりとしたグラスデザートは、口の中で甘さが一旦リセットするのでぜひ試してみて下さいね。



「マリー・アントワネットの結婚」スイーツブッフェを満喫するポイントは?

「都内で1番予約を取れないスイーツブッフェ」と言われる通り、8月中は予約で全て満席ですが、当日のキャンセル待ちで入店できる場合もあるそう。

また裏技として、18時開始のデザート&ディナーブッフェ(月~木6,102円・金土日祝7,322円)でも「マリー・アントワネットの結婚」で並ぶスイーツを味わえます。確実に入店したい場合は、こちらの予約をオススメします。

せっかくの休日に、ロマンティックで贅沢なスイーツブッフェを思う存分楽しめば、お腹も心も満足して、明日からまたパワフルに過ごせるはずですよ。



マーブルラウンジ
住所:東京都新宿区西新宿6-6-2ヒルトン東京1F
電話番号:03-3344-5111
開催期間:~2017年9月30日(土)
営業時間:デザートブッフェ 14:30~17:30、デザート&ディナーブッフェ 18:00~21:00
定休日:無休
最寄り駅:新宿/西新宿/都庁前




はなとも

◆取材・執筆/はなとも

スイーツコンシェルジュ・スイーツライター。
スイーツをこよなく愛するスイーツ男子。食べ歩きが趣味で、1日に5~6軒を食べ歩ける鉄の胃袋を持ち、何時間でも並べる気力と根性が最大の武器!

[Twitter] https://twitter.com/hanatomo84

[Instagram] https://www.instagram.com/HANATOMO84/




※2017年8月4日現在の情報です。価格はすべて税込です。内容は変更になる場合があります。






あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える