友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

びしょ濡れで夏の思い出作りたい!“ウォーターイベント”まとめ【2017年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ本格的な夏が到来!今年の予定はもう決まりましたか?夏のイベントは色々あるけれど、お祭り気分で参加できて、シャッターチャンスが盛りだくさんな、ウォーターイベントが断然おすすめ♡びしょ濡れになってはしゃげば、この夏1番の思い出になることまちがいなしですよ。

Date2017/07/13

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
エリア
台場青海


池袋西口ランチ

いよいよ本格的な夏が到来!今年の予定はもう決まりましたか?夏のイベントは色々あるけれど、お祭り気分で参加できて、シャッターチャンスが盛りだくさんな、ウォーターイベントが断然おすすめ♡びしょ濡れになってはしゃげば、この夏1番の思い出になることまちがいなしですよ。



日本最大級のウォーターフェス!今年は真夏に“雪まみれ”!?/ウォーターランフェスティバル2017

ウォーターランフェスティバル2017


2016年に全国で2万人を動員した、日本最大級の水かけ祭り「ウォーターランフェスティバル2017」。今年は、会場を神奈川県横浜・八景島シーパラダイスに移し開催されます。

タイの水かけ祭り「ソンクラーン」をテーマにしたこのイベント。 ルールはただひとつ、どれだけ水をかけられても「怒ってはいけない」世界一ピースフルな水のお祭りなんです。

ウォーターランフェスティバル2017


メインコンテンツのひとつでもある「ウォーターバルーンバトル」は、10万個の水風船が飛び交う圧巻の光景。
カラフルな風船は、フォトジェニック…と言いたいところですが、ここでは写真を撮っている余裕なんてなし。とにかく投げて、投げて、投げまくりましょう!

ウォーターランフェスティバル2017


さらに今年新たに登場するのが、“スノーバズーカー”でステージ上から雪を放つ「スノーマジカルファンタジー」。 真夏に雪が降りそそぐのは、野外フェスでは日本初!大迫力の雪景色、一生忘れられない思い出になりそう♡

ウォーターランフェスティバル2017


普段はなかなか着られないお目立ちコーデができるのも、夏の野外イベントならではのお楽しみ!友達みんなでおそろいのコーデにすれば、どの写真も“盛れる”はず♡全身おそろいにしなくても、ちょっと浮かれたデザインのサングラスなど、派手小物を統一するだけでも、チーム感アップ!夏ジェニックな写真をSNSにポストして♡


ウォーターランフェスティバル2017

開催場所:横浜・八景島シーパラダイス

電話:03-5957-5870
開催日:2017年8月5日(土) 開場8:30、閉演17:30
料金:ウェーブ入場券 ¥5,900 中高生ウェーブ入場券 ¥3,000
ウェーブ+ワンデーパス入場券 ¥8,900(八景島シーパラダイスフリーパス付)
中高生ウェーブ+ワンデーパス ¥6,000(八景島シーパラダイスフリーパス付)
※当日受付にてドリンク代 別途500円
最寄駅:八景島




水×音楽という最高の組み合わせ♡まさに“水の野外フェス”/ファンファンスプラッシュ2017

ファンファンスプラッシュ2017


東京・お台場で開催される「ファンファンスプラッシュ」は、水かけ祭りとDJミュージック融合した「ウォーター・ミュージックフェスティバル」。夏の野外にはかかせない、“水”と“音楽”を同時に楽しむことができちゃうイベントです。

ファンファンスプラッシュ2017


水風船、水鉄砲、バケツなど、なんでもありのアイテムで水をかけまくるウォーターバトルは、参加者もれなくびしょ濡れ必至です。
一万人規模の水かけ合戦は、迫力がすごすぎて笑いが止まらない、まさにカオス状態。

ファンファンスプラッシュ2017


イベント中は毎日、多彩なDJ陣やゲストアーティストによるパフォーマンスが実施され、会場を盛り上げます。 水も音楽も、全身で浴びると超気持ちいい♡この時だけは日常を忘れ、テンションは最高潮に!

ファンファンスプラッシュ2017


水かけ以外に、「デカ過ぎる」プールやウォータースライダーも登場。 可愛い浮き輪もたくさん用意されていて、カラフルな思い出写真もたくさん撮れますよ♡

7月のみの開催予定だった当イベントですが、好評につき8月にも追加開催が決定。 歌って、踊って、びしょ濡れになりながら友達とはしゃげば、日頃のフラストレーションも解消されそう!思いっきりはしゃいで、帰るころには、リフレッシュ完了です♡

ファンファンスプラッシュ2017

開催場所:お台場・青海J地区特設会場
開催日:2017年7月29日(土)~ 2017年7月30日(日)
2017年8月26日(土)~ 2017年8月27日(日) 10:00〜18:00
料金:一般/当日 ¥6,800/1名  団体割引 ¥31,500/5名 小学生 ¥2,500/1名※小学生未満は無料
※Tシャツ・ミニ水鉄砲付
最寄駅:青海・東京テレポート




開放的なビーチで“史上最狂”の水かけ祭り開催/WATERWARS BEACH FESTIVAL 2017 ENOSHIMA

WATERWARS BEACH FESTIVAL 2017 ENOSHIMA


昨年、豊洲にて初開催されるやいなや、TV中継などメディアに数多く取り上げられ話題となった「WATARWARS」。
今年の会場は、なんと江ノ島西浜鵠沼海岸。いまだかつてない、海水浴場を貸し切っての“史上最狂”の水かけイベントが開催されます。

WATERWARS BEACH FESTIVAL 2017 ENOSHIMA


注目は、全長3mのロボット「ウォーターウォーズマン」による水鉄砲噴射や、ウォーターキャノンの大爆発など、ド派手パフォーマンスの数々。さらに、参加者全員で水をかけ合う「WATERWARS TIME」実施され、びしょ濡れ必至。
ビーチという最高のロケーションも相まって、開放的な気分はさらに加速。友達も、知らない人も関係なし会場一体となって盛り上がること間違いなしです!

WATERWARS BEACH FESTIVAL 2017 ENOSHIMA


LDH所属のダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE」や、男女混合5人組パフォーマンスグループ「lol」など、今注目のアーティストも多数出演。お目当てのアーティストを見に行くのも楽しそう♪

ビーチサイドという最高のロケーションで開催されるこのイベントで夏を満喫しませんか?閉演の18:00まで楽しみたいなら、すぐに羽織れる薄手の上着をお忘れなく!せっかく江ノ島まで行くなら、海に沈む夕日を見てクールダウンして帰宅…なんていう1日中楽しむプランもよさそうです♪

WATERWARS BEACH FESTIVAL 2017 ENOSHIMA

開催場所:片瀬海岸西浜・鵠沼特設ステージ
開催日:2017年8月6日(日) 開場10:00、閉演18:00
料金:7,000円 (購入は8月5日(土)まで) 当日券 8,500円 団体 24,000円(4人1組)
最寄駅:鵠沼海岸




“昼はウキウキ、夜はドキドキ”。2つの表情で夏を遊び尽くす/お台場ウォーターパークbyハウステンボス

お台場ウォーターパークbyハウステンボス


長崎・ハウステンボスで毎夏人気のコンテンツ「水の王国」が、ついに今年、東京・お台場に登場♡ 「お台場ウォーターパークbyハウステンボス」は、様々なスライダーやナイトプールで、昼も夜も遊び尽くせるイベントです。

お台場ウォーターパークbyハウステンボス


「ウォーターロングスライダー」は、約100mを一直線に滑り抜ける新感覚のスライダー。
ゆるやかな傾斜なので、写真撮影もOK。友達とはしゃいだ思い出は、SNSに即ポストしちゃおう♡ 写真用にフォトジェニックなフロートを持参するのもよさそうです。

お台場ウォーターパークbyハウステンボス


18時からは、“オトナの水遊び”の時間!日焼けを気にせず遊べて、フォトジェニックな仕掛けもいっぱいのナイトプールへと大変身します。煌びやかなナイトプールは、SNSでの“イイネ”量産間違いなし。 約5万個以上のボールに最新のプロジェクションマッピングを投影したプールは、まさに非日常空間。 昼とはまったく異なる光景に、ドキドキが止まりません♡

8月8日には、世界中のクラバーが集まる“イビサ島”のような本格ビーチパーティー、その名も「フルムーンパーティー」が一夜限りの開催。憧れのイビサ島の雰囲気を、お台場で味わえるかも♡

お台場ウォーターパークbyハウステンボス

開催場所:お台場みんなの夢大陸2017 スマイルランド内
開催日:2017年7月15日(土)〜2017年8月31日(木)
昼の部 10:00〜17:00、夜の部 18:00〜21:00
料金:大人 2,500円高校生以上 子供 2,000円3歳以上
※昼は土・日・祝日、夜は金・土・祝前日はプラス200円
※特定日はプラス300円昼 8月11日(金)〜8月15日(火)、夜 8月11日(金)〜8月14日(月)
※8月8日 (火)夜はフルムーンパーティー 前売り4,500円、当日5,000円
最寄駅:台場・東京テレポート




まとめ

暑い季節を乗り切るための、熱く盛り上がるイベントが目白押し。普段できないようなお目立ちコーデを楽しみたいなら、女友達数人で参加するのがベスト♡暑過ぎてつらい…と思っていた日常も、ウォーターイベントでびしょ濡れになれば、夏最高!なんて気分になること間違いなし。早速いつもの女友達にイベントのお誘いをスタートしてみてはいかが?



日笠麗奈

◆取材・執筆/日笠麗奈

ライター・モデル・イベントMC、来る仕事拒まずのなんでも屋。
お酒とアイドルとテレビが好きで、カルチャー・グルメ記事を中心にさまざまなメディアで執筆中。

[Twitter] https://twitter.com/reina_hikasa

[Instagram] https://www.instagram.com/reina_hikasa/


※2017年7月13日時点の情報です。価格は税込。商品情報、内容等は変更になる場合があります。




◆そのほか、東京の夏祭り・夏休みのイベントを探すならこちらのページもチェック!

>>>2017年の夏祭り・夏休みのイベント特集はコチラ



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える