子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【体験レポ】まるで秘密基地な空間で漫画4万冊が読み放題!「立川まんがぱーく」はみんなの天国だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和記念公園に都内唯一のIKEAなど、子連れに優しいおでかけスポットが多い街・立川。そんな立川に、まるで秘密基地のような漫画読み放題の施設があるのをご存知ですか?その名も「立川まんがぱーく」。雑誌やWEBメディアで育児エッセイ漫画が人気のイラストレーター・とげとげ。さんが、小学一年生になる娘さんと一緒に訪問、その様子をレポートします!

Date2017/06/09

私のスタイル
おしゃれママ
エリア
立川立川南


立川まんがぱーく

昭和記念公園に都内唯一のIKEAなど、子連れに優しいおでかけスポットが多い街・立川。そんな立川に、まるで秘密基地のような漫画読み放題の施設があるのをご存知ですか?その名も「立川まんがぱーく」。雑誌やWEBメディアで育児エッセイ漫画が人気のイラストレーター・とげとげ。さんが、小学一年生になる娘さんと一緒に訪問、その様子をレポートします!


親子で漫画三昧なんて理想のおでかけ!でも娘(小1)は漫画未体験…飽きずに過ごせる?

立川まんがぱーく



こんにちは、イラストレーターのとげとげ。です。突然ですが、自分が楽しめるかどうかで、子どもとのおでかけの満足度って変わりませんか?

子連れのおでかけは移動が大変だったり、子連れ用トイレや授乳室があるか、子どもの間が持つか、などクリアしないといけない課題が多くなりがち。子どもが楽しめることはもちろんだけど、できれば大人も満喫できた方が、ストレスにならずにみんな笑顔でおでかけできると思うんです。

そんなわけで、今回は子どもだけでなく、大人も楽しめるとウワサの、漫画読み放題施設「立川まんがぱーく」へ。

私は漫画が大好きなので、読み放題と聞くと気合いを入れて長編漫画を読破する気満々なのですが、一つ大きな問題がありました。娘のモモコはまだ小学一年生で、漫画を読んだことがなかったのです!

なので、本屋で女の子が好きそうな、目のでっかい小学生向け少女漫画を2冊購入。訪問まで漫画を読む特訓をしてみましたが、全く読んでくれず・・・。

まあ、なんとかなるかな〜と行ってみることにしました。



靴を脱いで畳や押入れ(!?)でごろ寝読書…あれ、ここって家だったっけ?

内観



入り口には受付がなく、コインロッカー式の下駄箱があるので、靴とお金を入れて入場。この下駄箱の鍵が入館証になる仕組みです。合理的ですね。入館料は大人400円、子ども200円です。

押入れのような個人スペース



さらに入ってみると、畳敷きの床に本棚がずらっと並んだ古民家風のつくり。大きな窓もあって日が差し込んでおり、明るく居心地がスゴく良い!

憧れの押し入れスペース的な空間もあり、「家かよ!」と突っ込みたくなるくらい、くつろいで読んでいる人ばかりでした!

絵本コーナー



今人気の漫画から昔の作品まで約4万冊も蔵書があるそうで、子どもから大人まで充分に楽しめるラインナップです。

絵本コーナー



漫画だけでなく、絵本コーナーもあるし!

親子で入れるトイレやオムツ交換台、授乳室もあるので赤ちゃん連れでも安心して行けますね。

親子で入れるトイレ



37巻まで出ている「バガボンド」を読破したいと強く思ったけど、漫画が読めないモモコの間が持つか微妙だったので、途中まで読んだことがある「海月姫」を選び、生き急ぐかのようのに猛スピードで読み始めました。

娘モモコちゃん



一方、娘モモコは絵本を何冊か持ってきて読み始めました。

とげとげ。さんと娘モモコちゃん



飽き始めた頃、クイズ形式の絵本を持ってきて、私に話しかけ始めたモモコ。集中して読みたい私は話しかけてくるモモコにちょっとイラッとしつつも適当に答えながら、漫画を読み進めます。




まずい、子どもが飽きてきた・・・そんなときはフードコートへ!

モモコが完全に飽き始め、限界を感じた頃。ちょうどお昼どきだったので併設のフードコート「カフェ・マンガ」でランチをすることにしました!

食券を買うと、たこ焼きなどの軽食が冷凍のまま渡され、自分で電子レンジにかけるシステム。効率的な分、値段が安いのが嬉しいですね。

電子レンジ



しかも驚いたのが、ビールとハイボールまであること!飲みながら漫画が読めるって、漫画好き&酒好きにはもはや楽園以外の何ものでもないですよね!!

私たちは、たこ焼きとフランクフルト、ジュースにハイボールを注文。入館者専用テラスでいただくことに。

入館者専用テラス



なんと漫画や絵本もテラス席へ持ち出せるので、あわよくば読めるかもと自分が読みたかった漫画とモモコ用の本をセレクト。

・・・結局漫画は読めませんでしたが、クイズを出し合いながらのんびりランチをしつつ、ハイボールをグビリ。天気もよく、久しぶりにモモコと二人、のんびりした優しい時間を過ごせた気がします。



親子も赤ちゃん連れママもカップルも。それぞれの楽しみ方ができるのがいい!

それぞれの楽しみ方



ふと周りを見渡すと、父・母・娘で各々の漫画に没頭する家族や、カップル、女の子と赤ちゃんを連れたお母さん、一人で来ている様子の小学校高学年の男子など、いろんな人たちがいます。

赤ちゃんを抱っこしつつ漫画を読んでいたママのように、自分の時間がほとんど取れない育児中に、ちょっとした息抜きができるのもいいですよね。

日頃の喧騒から離れて、非日常的な漫画の世界にほんの少しの時間でも没頭できるだけで、気持ちがグッとラクになる気がします。

図書館のように「絶対に静かにしなければいけない!」といった堅苦しさはなく、かといって漫画喫茶のような閉塞感というか、子連れではあまり行きたくないな~と思う不健康な感じもなく・・・。両方のいいとこ取りをした、快適な施設でした!

漫画大好きな私には、自分もガッツリ楽しめる貴重なスポット。これから、モモコが漫画を読めるよう特訓をして、また絶対訪れたいと思います!


立川まんがぱーく

住所:立川市錦町3-2-26 子ども未来センター2F
電話番号:042-529-8682
営業時間:月~金10:00~19:00、土日祝10:00~20:00
入館料:大人400円、小人200円 ※未就学児童は無料(大人が同伴すること)
最寄り駅:立川/立川南/西国立



※2017年6月9日の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。
※価格は税込金額です。




とげとげ。

取材・文/とげとげ。

元ナースのイラストレーター&漫画家で二児の母。アメーバ公式トップブロガーとして、育児漫画ブログ「ママまっしぐら!」を運営中。




あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える