子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【吉祥寺】動物園にミニ遊園地まで!子連れの神スポット「井の頭公園」を遊びつくす1日おでかけプラン♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定番デートスポットとして知られる、吉祥寺の井の頭恩賜公園。実は幼児向けのミニ遊園地、モルモットを抱っこできる動物園、遊具満載の広場、おもちゃや絵本がそろうキッズフレンドリーなカフェなどが集結した、子連れに優しい場所でもあるんです。今回は、ママも子供も大満足な、井の頭恩賜公園の1日おでかけプランをご紹介♪

Date2017/05/05

私のスタイル
おしゃれママ
エリア
井の頭公園吉祥寺


Queen’s Bath Resort

デートスポットとして知られる、吉祥寺の井の頭恩賜公園。実は幼児向けのミニ遊園地、モルモットを抱っこできる動物園、遊具満載の広場、おもちゃや絵本がそろうキッズフレンドリーなカフェなどが集結した、子連れに優しい場所でもあるんです。そこで、お得で快適に過ごせる一日お出かけプランをご提案♪


ちびっ子たちのパラダイス!楽しい遊具がいっぱいの「ぶらんこ広場」

井の頭公園



まずは、井の頭恩賜公園のおよそ3分の1を占める「井の頭自然文化園」の動物園(本園)へ。同じチケットで魚や水鳥のいる水生物園(分園)にも入れるので、半券は捨てないでくださいね。

井の頭公園



子どもが真っ先に向かうのは、入口近くにある「ぶらんこ広場」。カラフルでいかにも楽しげな遊具が見えたら、遊びたくてうずうずしている子どもは、きっと駆け出していくはずです。

井の頭公園



ぶらんこの他、鉄棒やジャングルジム、シーソーなどがあり、幼児向けの複合遊具は平日でも行列ができるほどの人気ぶりです。

ベンチやテーブルがあちこちにあるので、重い荷物を抱えるパパママにも優しい。園内には、軽食を販売する売店や授乳室もあります。

井の頭公園



汽車を模した複合遊具の中はトンネルになっていて、よつんばいになって進んだり、煙突部分で立ち上がって透明の天井から空を見上げたりして楽しめます。



わんぱくキッズもメロメロになる触れ合い体験ができる「モルモットコーナー」

井の頭公園



公園の遊具に飽きてきたら、近くの「モルモットコーナー」へ移動して。この動物園の特長は、リスやアライグマといった小動物、カピバラなど穏やかな生き物が多く、小さな子が怖がらずに楽しめるところ。中でも一番人気のスポットが「モルモットコーナー」です。

井の頭公園



箱の中に、可愛いモルモットがいっぱい!お気に入りのコを選んで自分で抱き上げてもいいし、スタッフの方に頼んでもOK。ここには常に担当の係員がいて、安全で楽しいふれあいをサポートしてくれます。

井の頭公園



コーナーの中にもベンチがあるので、ゆっくり抱っこを楽しんで。小さな生き物のぬくもりを肌で感じた子どもはみんな、とろけそうな優しい表情になりますよ♪ 抱っこできる時間帯は決まっているので、時間に合わせて行きましょう。



レトロなアトラクションは子どもウケ抜群!ミニ遊園地「スポーツランド」

井の頭公園



次に向かうのは、敷地の奥にある「スポーツランド」。メリーゴーランドやティーカップなどのワクワク感あふれる乗り物に1回100円(一部50円)で乗れる、お得なミニ遊園地です。

井の頭公園



一才未満は無料。乗り物券に有効期限はないので、11枚つづり(1,000円)や1,000円もお得な50枚つづり(4,000円)を買うのがオススメです。

井の頭公園



こぢんまりとしたスペースに密集してあるのは、昔ながらのシンプルなアトラクションばかり。小さな子にはぴったりです。

井の頭公園



一番ダイナミックなアトラクションは、上下に動くカゴがくるくる回る「スカイバスケット」。スピード感や動きの落差も適度にあるから、付き添いで乗るパパママも楽しめますよ♪

井の頭公園



たっぷり遊んでおなかが空いたら、森のレストランで腹ごしらえといきましょう。お店は自然文化園の外にあるので、動物園(本園)に戻るつもりなら、出るときに再入場券をもらってくださいね。

東京都井の頭自然文化園

住所:東京都武蔵野市御殿山1-17-6
電話番号:0422-46-1100(動物園) 0422-44-2211(スポーツランド)
営業時間:9:30~17:00(入園券の発売および入園は16:00まで) モルモットコーナーは10:00~11:30、13:30~15:00
スポーツランドは9:30~16:45
定休日:月曜日(月曜日が祝日もしくは都民の日にあたる場合は、その翌日に休園)
年末年始(12月29日~翌年1月1日) 最寄り駅:吉祥寺




風と人々のざわめきが心地いい♪ 開放感抜群の「ペパカフェフォレスト」

井の頭公園



井の頭池に架かる七井橋の前にある「ペパカフェフォレスト」は、雑木林に囲まれたロケーションが魅力の人気店。窓のないオープンな空間は、開放感抜群です。

木立を吹き抜ける風や鳥のさえずりに子どもの笑い声が合わさった心地よいざわめきは、まるで外国の屋台のよう♡

井の頭公園



入口にはスロープがあるので、ベビーカーでも出入りがラク。奥にはゆったりとしたソファ席があり、ぬいぐるみや子ども用の椅子まで用意されています。

井の頭公園



横にあるラックには絵本やミニカー、組み立てブロックなどが置いてあって、自由に遊ぶことが可能。

井の頭公園



ホッと一息つける休憩タイム。料理が出て来るまでの間、子どもが飽きずにゴキゲンで遊んでいてくれると本当にありがたいものですよね。

井の頭公園



ここで食べられるのは、ご飯に蒸し鶏がのった「カオマンガイ(1,026円)」などのタイ料理を中心としたアジアンフード。

本格的な味わいで、ボリュームも十分です。香草や香辛料などは、オーダー時にお願いすれば柔軟に対応してもらえますよ。

井の頭公園



接客も好印象。「豚ひき肉オムライス(1,004円)」に添えられるチリソースも、「ケチャップに替えましょうか?」と気遣っていただきました♪

スイーツやアルコールもおいしくて、子どもも大人も快適に過ごせる貴重な場所。平日まで行列ができるのも納得です。

ペパカフェフォレスト

住所:東京都三鷹市井の頭4-1-5
電話番号:0422-42-7081 ※2017年5月末まで予約は受け付けていません。
営業時間:月~金12:00~22:00(LO21:00)
土日祝11:30~22:00(LO21:00)
定休日:なし
最寄り駅:吉祥寺




子どものチャレンジ精神をかきたてる!水上アドベンチャーを楽しむ「ボート場」

井の頭公園



いっぱい食べてエネルギーをチャージしたら、今度は目の前にある池で腹ごなしにボート遊びに挑戦!

井の頭公園



手こぎも、足こぎも、それぞれ違ったおもしろさがあります。水上からは、ローボートでパパが小学生の息子に漕ぎ方を教えている風景も見られました。

井の頭公園



最後はボート場の向かいにある水生物園(分園)へ。イワナやヤマメが泳ぐ清涼感たっぷりの水槽、世界一小さいアヒルといわれるコールダック、さまざまな種類の水鳥の卵など、大人も子どももワクワクできる展示がいっぱいです。

井の頭恩賜公園

住所:東京都武蔵野市御殿山一丁目、吉祥寺南町一丁目、三鷹市井の頭三・四・五丁目、下連雀一丁目、牟礼四丁目
電話番号: 0422-42-3712(ボート場)
営業時間(ボート場):4~7月10:00~17:50 ※季節によって変動があります
料金(ボート場):ローボート60分700円 以降30分ごとに300円
スワンボート30分700円 以降30分ごとに700円
サイクルボート30分600円 以降30分ごとに600円
定休日:水曜(12~2月のみ)
最寄り駅:吉祥寺




まとめ

歩いて移動できる範囲に動物園、遊園地、ボート場、カフェが集まった夢のようなスポットは、飽きっぽい子も楽しめそう。使い勝手がいいから、自然文化園の年間パスポートを持っているママたちも多いんだとか。子どもと一日中遊ぶなら、ココ!


取材・文/佐々木志野

※2017年5月5日の情報です。記事の内容は変更になる場合があります。




◆あわせてチェックしたい特集はこちら

>>> 都内で子連れでもゆっくりランチを楽しめるレストラン




あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える