友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

戸越銀座の「かわら割り道場」で、かわら10枚を叩き割ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

己のこぶしで、かわらを叩き割る「かわら割り」。きわめて単純ながら、力の誇示にこれ以上ないほど有効な行為。格闘マンガやアニメでしょっちゅう目にしているだけに、一度はやってみたいものですよね。実は戸越銀座駅にあるんです、気軽にかわら割りできるスポットが。その名も「かわら割り道場」。 道場とついてますけどご安心を、体を鍛える必要はありません。さくっとかわら割りを体験できますよ。

Date2017/03/30

「かわら割り道場」とは?

かわら割り道場



「かわら割り」が体験できる「かわら割り道場」は、戸越銀座の屋根専門工事業者「石川商店」がやっているサービス。石川商店は、オフィス1階のらせん状に組まれたかわらが目印です。事前予約が必要なので公式サイトから申込みしましょう。

同店は創業1940年。当初はかわらの製造業者としてスタートした会社で、現在は屋根のリフォームや工事も行なっています。

かわら割りチャレンジメニューは
・1枚:序の口500円
・5枚:小結2000円
・10枚:関脇3000円
・15枚:大関4000円
・20枚:横綱5000円
・30枚:将軍5000円
と枚数に応じてランクが分かれています。

20枚横綱レベルをすべて割れば料金無料、30枚将軍レベルをすべて割ったら1万円ゲット。いままでに1人だけ30枚を割りきった人がいるそうです。

「うまくこぶしを落とせば、女性でも10枚程度なら割れますよ」とのこと。



かわら10枚割れるかな?

のしかわら

▲かわら割りに使うのは、中央にスジが入っている「のしかわら」。


のしかわら

▲半分に割ったのしかわらは、屋根の頂点の継ぎ目を埋めるようにつかいます


のしかわらは、もともと半分に割って使うかわらなので、中央にスジがはいってます。作業現場ではかなづちを使って割るそうです。

空手家が演武でよく割っているのは普通ののしかわらなのですが、かわら割り道場が使っているのは、より割れやすいのしかわら。
「現場で使うのしかわらよりスジを深くしたものをオリジナルで作っているんです。くっついてるのは上部mmぐらいですから割れやすいんですよ」とのこと。


道場長の石川さん

▲道場長の石川さんがセッティングしてくれます


「脳と筋肉を繋げることです。イメージ通りにこぶしを落とすことが重要で、力はさほど必要ありません。フックをつけずに、まっすぐ垂直に打ち抜いてください」と、コツを教えてくれる道場長。


かわら



クッションのはいった分厚い手袋



まずは試し割り。5枚以上のかわら割りに挑む場合は、お試しの1枚割りができます。
かわらの上にタオルが敷かれ、クッションの入った分厚い手袋を付ければセッティング完了です。


胴着



胴着も着て、準備万端。
かわらにこぶしをコツコツ当ててみると、硬さが伝わってきます。こんなにガッチガチな物体、果たして割れるのでしょうか。腕の骨のほうが割れてしまいそうです。


試し割り



試し割り



不安を振り払いつつ、アドバイスどおりに思い切ってこぶしを振り下ろしたところ、案外あっさり2つに割れました。しかし、殴った手ごたえはかなりのもので、こぶしが赤くなっていました。





試し割で俄然、やる気が出てきたので、やれるだけやってみようと10枚割りにチャレンジしてみます。

すると意外なことに、いとも簡単に10枚割れてしまいました。なんの手ごたえもなく「え???どうなったの??」とかがんで目視したほどです。

「1枚のほうがかえって手ごたえがあるんですよ。枚数が増えると重さで次々に割れていくので」と道場長。ドミノみたいな感覚で、1枚割れれば連鎖するんですね。


割れたかわら



ときおり空手家がかわら割りで手から流血しているシーンを見かけますが、あれはたいてい「追撃」をしたため。割れたかわらの切り口は鋭いので、2発目の追撃で手が切れてしまうので危険とのことでした。

うまく形を残して割れたかわらは、そのまま作業で使うそうです。



道場長にインタビューしてみた

石川商店3代目社長・石川弘樹さん



一体どういう経緯で、屋根専門工事業者がこのようなユニークなサービスを始めたのか?

かわら割り道場道場長にして石川商店3代目社長・石川弘樹さんにインタビューをしました。



-かわら割り、楽しかったです!テンションあがりますね。

石川弘樹さん(以下、石):かわら割りすると、みんな良い表情をするんですよ。うまく割れたときはドヤ顔しますし、失敗しても不思議と前向きなんです。悪い空気にならないんですよね。

- 月にどれぐらいの方が来るんですか?

石:平均すると月10人くらいですかね。かわらの枚数にすれば月100枚ぐらい。男女比は半々で30~40代のグループが多いんですけど、一人でふらっとくる人もいますよ。

- そもそもなんでかわら割りをはじめたんですか?

石:もともとは戸越商店街のイベントで「なんか面白いことできない?」と言われたのがきっかけなんですよ。そのイベントで格闘家の知り合いを呼んでかわら割りをしてもらったんですけど、試しに一般開放してみたらみんなやるんですね。そんなに人気なら常設でやってみようってなったわけです。


「かわら」の書

▲オフィスにかかげられた「瓦」の書


福助

▲福助もかわら素材だ


-とはいえ、屋根の修理などをしてる会社がかわらを割るのは勇気がいりますよね。

石:かわら業界、工事業界は意見が真っ二つですね。ただでさえ地震に弱いとか崩れちゃうってイメージがあるのに、割ってどうするんだと。本当は長持ちだし頑丈なのに、簡単に割られちゃったらそのイメージまで崩れるじゃないかと嫌な顔する人もいます。
ただ目的としてはマジメにやっていて、かわらを知ってもらいたいし屋根に興味をもってもらいたいんですよ。

- かわらだけじゃなく業界も割れたわけですね。屋根に興味がある人、めったにいないですよね。

石:「雨漏りしてるから修理してほしい」という依頼が多いんですけど、室内に雨が漏れてくるってかなり末期症状なんですね。ずっと屋根と付き合ってる身からすればそれだけで重大事件ですから、漏れたらすぐにご連絡いただけるかと思いきや、そうでもない。

たとえば「雨漏りしてる」ということで行ってみると屋根が朽ちてきていて。「もう、ずっと前から漏れてますよね?」とたずねたところ「年2~3回、台風のときだけ漏れちゃうんですよね」と。たまにだから大丈夫かって放っておいた結果、すごいことになってる。
初期のころなら2~3万円で直せたものが、下手すれば100万円とかかかっちゃうわけです。

-たしかに雨漏れぐらいって思ってましたけど、そうか、内部では崩壊が進んでいるわけですね。

石:ちょくちょく屋根を見てたら「あ~、ヒビがあるな」とか気づくはずなんですけど、3階建てだったりすると屋根が見えませんし、そもそも興味すら持ってませんからねえ。

だから、屋根の見えづらさを逆手に取った訪問販売サギも多いんですよ。かわら割りみたいに「かっこいい」とか「楽しい」っていう切り口から攻めれば、興味を持ってもらえるんじゃないかと思ってます。間近でかわらを見るし触るし、ちょうどいいですね。


かわら製のコースター

▲かわら製のコースターも売っている


-そういう思いもあって、かわら製のコースターなんかも作っているわけですね。

石:「もともとかわらの素材は土なので呼吸(土壌呼吸)しているし、結露で水分が出ても吸ってくれます。1200℃で焼いてるので熱いものでも平気ですし。おしゃれでかっこいいし、和食に合いますよ」

かわらとコースター、案外相性が良いようだ。コースターにしちゃえば手元でよく見ることになり、屋根を意識せざるを得ないのもポイントだと言う。


インタビュー



石:かわら屋根が産業的に廃れてきているので、盛りあげたいって気持ちもありますね。

かわら屋根は日本らしい風景にかなり貢献していると思うんですよ。外国人が京都に行って、かわら屋根の建物が並んでいるのを見ると「あっ、京都!」って感じるらしいんですよ。だから、観光産業にも欠かせない存在なんじゃないかと。

でも、この廃れてきた流れを食い止めるのは簡単じゃないですから。

-実際どれぐらいの建物がかわらを使っているんですか?

石:地方はまだかわら屋根が多いんですけど、都心部はせいぜい1~2割ぐらいですね。

国内だけで流れを変えようとするよりも、外国の方が「かわらっていいよね」って言いだしたら、変わってくると思うんです。最近で言うと「ピコ太郎」みたいに。ジャスティンビーバーが面白いって言ったところから火がつきましたから。

-そういう観点から言えば、外国の方もかわら割りは好きそうですね。

石:はい。かわらと相性の良い「サムライ、忍者、空手」はどれも外国人に人気ですもんね。
実は昨年から海外向けもかわら割りのアピールを始めていて、品川区の観光名所にも登録されています。年に数回、いろんな国の観光客が団体で20~30人ほど一気にやってきますよ。 

いま、かわら割り道場は日本中に4支部あるんですね。支部になるには屋根関連の会社であることが条件なんですけど、5つ目の支部が浅草でオープンするんです。2017年の4月中旬を予定してます。

-浅草、それは間違いないですね!そこも屋根工事をしているんですか?

石:いえ、そこは純粋にかわら割りだけ。ここでかわらを割ったことのあるお客さんが「かわら割り道場をやりたい」というのでどうぞと。まずは土日限定オープンです。これでもっと外国にアピールできるんじゃないでしょうか。

・・・ジャスティンビーバー来ないかなあ。



石川商店

住所:東京都品川区荏原2-2-3
営業時間:03-3785-1616
かわら割りチャレンジ:・1枚:序の口500円/5枚:小結2,000円/10枚:関脇3,000円/15枚:大関4,000円/20枚:横綱5,000円/30枚:将軍5,000円




※2017年3月31日の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。




取材・文:松澤茂信

観光会社「別視点」代表。「東京別視点ガイド」書いてます。



撮影:齋藤洋平

観光会社「別視点」副代表。観光カメラマン。



(制作:編集プロダクション studio woofoo by GMO)






あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える