友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【まるで別世界】都心にお花畑!? 花と緑に包まれる癒しのフラワー&グリーンカフェ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花や植物に囲まれて、気分をリフレッシュしたい! そんな時、都心で気軽に楽しめるのが、フラワーショップ直営のカフェ。花や緑に埋め尽くされたお花畑のような空間は、まるで別世界に迷い込んだかのよう! フレッシュなお花や野菜を使ったランチやスイーツ、ドリンクと合わせて、女子同士で素敵な空間を満喫してみて。

Date2017/04/02

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
無敵女子
カテゴリ
カフェランチ
エリア
内幸町虎ノ門


Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

花や植物に囲まれて、気分をリフレッシュしたい! そんな時、都心で気軽に楽しめるのが、フラワーショップ直営のカフェ。花や緑に埋め尽くされた空間は、まるで別世界に迷い込んだかのよう! フレッシュなお花や野菜を使ったランチやスイーツ、ドリンクと合わせて、女子同士で素敵な空間を満喫してみて。


花と緑に囲まれた空間で、フォトジェニックなパフェやハーブティーを/Aoyama Flower Market TEA HOUSE 赤坂 Biz タワー店

Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

▲4席あるカウンター席は、一人でのランチでも気軽に利用できそう。


「花と緑に囲まれた空間を実際に体感できる場を作りたい」という思いからオープンした「Aoyama Flower Market TEA HOUSE(アオヤマフラワーマーケット ティーハウス)」。

その「赤坂 Biz タワー店」はビジネス街の中心にありながらも、都会の喧噪を忘れさせてくれる緑あふれる空間です。


Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

▲32席ある店内のほか、お天気のいい日はテラス席もおすすめです。


「花農家さんの温室」をイメージしたという店内は、この時期にはラナンキュラスやバラ、カラー、ガーベラなど、季節の花々が週替わりで一種類ずつレイアウトされ、いつ訪れても違った雰囲気が味わえます。

Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

▲新鮮な季節の野菜をたっぷり使った「TEA HOUSEサラダ」パン付き。

ランチにぜひ味わってみたいのが、旬の野菜をふんだんに使った「TEA HOUSEサラダ」(1,080円)。

その時の旬をシンプルに美味しく食べられるように、鮮度と品質、彩りにこだわって作られた、目にも鮮やかなひと皿です。

Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

▲新鮮な有機ハーブを使った人気メニュー「フレッシュハーブティー」。


カフェタイムに訪れるなら、看板メニューの「フレッシュハーブティー」(810円)でホッとひと休み。「リフレッシュブレンド」と「リラックスブレンド」が用意されているので、その時の気分で選んでみるのもおすすめです。

Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

▲ピンクの色合いが可愛らしい、フォトジェニックな「フラワーパフェ」。


バラのゼリーにムースや生クリーム、バニラアイスをのせ、さらにバラの花びらがアクセントになった「フラワーパフェ」(918円)は、女子が大好きなものをギュッと詰め込んだ、目にもかわいらしい一品。ついつい写真に撮りたくなるスイーツですね。

Aoyama Flower Market Tea House 赤坂Bizタワー店

▲隣接するフラワーショップで花を購入することもできます。


Aoyama Flower Market TEA HOUSE(アオヤマフラワーマーケット ティーハウス) 赤坂Bizタワー店
住所:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂 Biz タワー1F
電話番号:03-3586-0687
営業時間:11:00〜23:00(フードLO 22:00、ドリンク LO 22:30)
定休日:施設に準ずる
最寄駅:赤坂



料理研究家がプロデュースした、カラダに優しいメニューが充実/レ・グラン・ザルブル

レ・グラン・ザルブル

▲ドラマのロケ地としても話題になったお店。

広尾駅から徒歩わずか1分の場所に、突然現れる大きな木! そこには、大人もワクワクするようなツリーハウスが建っています。

「レ・グラン・ザルブル」とは、フランス語で“大きな木”という意味。その名の通り、シンボルツリーにもなっている大きなタブの木に、抱かれるように建つお店は、1、2階は花屋、3、4階がカフェになっています。

4階はテラス席なので、天気のいい日は空を見上げながら、のんびり過ごすことができます。


レ・グラン・ザルブル

▲季節の花であふれた空間は、目でも香りでも楽しめます。

カフェでいただける料理は、すべて料理研究家・関口絢子さんがプロデュース。

美肌にも効果が期待できる上質な「えごま油」を使用したメニューや、ビタミン豊富な野菜がバランスよく入っているなど、女子が喜ぶメニューが豊富に揃っています♡

色とりどりのお花に心を癒されつつ、自分磨きできちゃうなんてうれしいですよね。

レ・グラン・ザルブル

▲3種類のデリと、生ハムやミラノハムを盛り合わせた、おまかせヘルシーデリプレート。スープとブラウンブレッド付き。

ランチタイムでは、「フォカッチャサンド・ミラネーゼ」(1,230円)や「トマトとチキンのスパイス煮込み」(1,340円)、「きのことベーコンのフィットチーネ」(1,340円)など、7種類ほどが味わえます。

なかでも人気なのが、毎日市場から届く野菜をたっぷり味わえる「おまかせヘルシーデリプレート」(1,230円)。

このひと皿で、ベータカロテンやビタミンC、Eがバランスよく補給できるとか。

レ・グラン・ザルブル

▲季節のフルーツを使ったスイーツも充実。

レ・グラン・ザルブル

▲紅茶は全6種類で、ホットのみ。

フルーツを使ったスイーツやドリンク類も充実しているので、買い物の途中のカフェタイムにもおすすめです。

コーヒーや紅茶、ハーブティーはすべてオーガニックを使用。「ブルーベリー・メルロー」や「グリーンマンゴー・ピーチ」(各620円)などをオーダーすれば、香り豊かなティータイムが楽しめそう!

レ・グラン・ザルブル

▲店内は、木の温もりが感じられる落ち着いた雰囲気。

カフェでランチやお茶を味わいながらゆっくり過ごした後は、1、2階の花屋さんで花を買って帰る……なんて楽しみ方もできますね。

ちょっと眺めのいいツリーハウスに登ってみたり、店内の花に癒されたりと、時間がたっぷりある休日に出かけてみたい店です。

レ・グラン・ザルブル
住所:東京都港区南麻布5-15-11 フルール・ユニヴェセール3F
電話番号:03-5791-1212
営業時間:ランチ11:00〜15:30、ティータイム15:30〜18:00、18:00〜21:00(LO)※日曜はランチメニューのみで11:00〜18:00(LO)
定休日:不定休
最寄駅:広尾



お皿の上にお花畑!?目にも鮮やかな創作料理が味わえる隠れ家/the Flower Apartment

the Flower Apartment

▲飾られる花やグリーンはその時期の旬のもの。いつ行っても新鮮な雰囲気。

虎ノ門の一角に、ひと際目を引く緑あふれる外観。一歩足を踏み入れると、そこは季節の花やグリーンがディスプレイされ、香り豊かな空間が広がります。

ここ「the Flower Apartment(ザ フラワー アパートメント)」は、花屋とカフェレストランが融合し、本格的な創作料理が味わえる店。近くで働くOLさんの隠れ家としても人気です。

the Flower Apartment

▲フラワーサラダには、スープとパンがセットに。


人気メニューの「フラワーサラダ」(ランチ1,000円)は、野菜とカラフルなエディブルフラワーがたっぷり盛られ、まるでお皿の上は花畑のよう!「ビーツのピンクのドレッシング」など、全3種類のドレッシングから選べます。

このほか、「ハンバーグロコモコ」(1,200円)や「メキシカンタコライス」(1,000円)、「トマトラーメン」(1,000円)など、ランチは全6種類。女子好みの、しっかりめのごはんメニューも味わえます。

the Flower Apartment

▲パーティーメニューで味わえるフラワースプリングロールは、まるでアートのような一品。

ウェディングパーティーや二次会なども行われる店内では、「女子会プラン」(4,860円)や「満腹プラン」(5,400円)といったパーティーメニューも! どれもフォトジェニックで、SNSに投稿したくなってしまいます♡

女子会プランでは、なんと全員にスパークリングワインと季節の花のプレゼントも!

誕生日会などのお祝いの席では、デザートプレートやミニブーケをオーダーすることもできたり、まさに至れり尽くせり!

ホッと心が癒されること、間違いなしです!

the Flower Apartment
住所:東京都港区西新橋2-13-15 アヴァンセ虎ノ門ビル1F
電話番号:03-6457-9987
営業時間: 11:30〜14:30(LO)、17:30〜22:30(フードLO 22:30、ドリンクLO 22:30)
定休日:土日祝(貸切利用の場合はオープン)
最寄駅:虎ノ門、内幸町
※2017年4月3日(月)からリニューアルオープン。



まとめ

まるで店内がお花畑のような空間は、お疲れ気味な女子の気分をリフレッシュさせてくれること間違いなし!

目にも心にも栄養をチャージできる、素敵なフラワー&グリーンカフェで気分をリセットしてみては?

取材・文:内田あり(女子部JAPAN(・v・))
※2017年4月2日時点の情報です。価格やメニュー内容は変更になる場合があります。




あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える