友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

「何でそんな名前にしたの?」都内のユニークすぎる店名の由来を聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな物にも欠かせない“名前”。特にお店の顔とも言える店名には、様々な思いや由来が隠されています。 今回、面白い店名を持つ都内3店舗に潜入。店名に負けないくらいユニークな店主に、店名について聞いてみました。

Date2017/03/13

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
カテゴリ
食・グルメ
エリア
有楽町学芸大学


面白い店名

どんな物にも欠かせない“名前”。特にお店の顔とも言える店名には、様々な思いや由来が隠されています。 今回、面白い店名を持つ都内3店舗に潜入。店名に負けないくらいユニークな店主に、店名について聞いてみました。


え、いきなり自己紹介!?/『前略っ。高木善行』下北沢

まずご紹介するのは、店名で自己紹介をしてしまう何とも律儀なお店。下北沢駅北口から徒歩5分に位置する『前略っ。高木善行』は、知る人ぞ知る居酒屋。


前略っ。高木善行

▲夜の下北沢を歩くこと約5分、ビルの2階にある『前略っ。高木善行』を発見!

前略っ。高木善行

▲お店に続く階段の入口には、インパクト大な店主のイラストが。

前略っ。高木善行

▲「パワースポット」と書かれた張り紙も。店名だけでなく、売り文句も個性的。

下北沢が地元という地下アイドル・姫乃たまさんですら初めて聞いたという隠れた名店。早速レポートしちゃいましょう!


前略っ。高木善行

▲『前略っ。高木善行』初入店の姫乃さん。


2階の入口を開けると、目の前には広々としたカウンター席が。左手には5名以上でも座れそうな座席が並び、少人数でも大人数でも楽しめそうな雰囲気。

カウンター越しに「いらっしゃい!」と元気な声で迎えてくれるのは、当然“高木善行”店長。


前略っ。高木善行

▲『前略っ。高木善行』の高木店長。笑顔がまぶしい!


全てが名物というメニューは、枝豆、冷奴、サラダからホッケや豚キムチまで様々。


前略っ。高木善行

▲全てのメニューは、毎日欠品がないよう心がけているそう。

前略っ。高木善行

▲テーブルのメニューにも高木店長のイラストが。

中でもオススメなのが天ぷら、と高木店長。今回は、おおぶり野菜がどっさり盛られた「野菜天盛」(880円)をオーダー。


前略っ。高木善行

▲きのこやさつまいもなどが盛られた「野菜天盛」はボリューム満点!

前略っ。高木善行

▲青汁の原料として有名な明日葉はこんなにビッグ!優しい苦味がたまらない!

たまたま空いていた場所があったから、という理由で2007年にオープンした『前略っ。高木善行』。

「自分の名前を店名にしたかった」という店長は、季節料理、小料理屋などを頭につけようと考えたそうですが、しっくり来る言葉がなく「前略」に落ち着いたのだそう。


前略っ。高木善行

▲カウンター越しに楽しむ高木店長との会話。ついつい色んな話をしちゃう!

前略っ。高木善行

▲お酒もグイグイ進む姫乃さん。「今度また来ます!」と宣言。

常連客が結婚し、家族が増えてからも高木店長に会いに来る『前略っ。高木善行』は、何年経っても家族ぐるみの付き合いができるアットホームなお店。

女子会も、おひとり様女子も大歓迎とのことなので、下北沢でのんびり飲みたくなったらぜひ訪れてみて。


前略っ。高木善行

住所:東京都世田谷区北沢2-33-6 奥田ビル 2F
電話番号:03-3467-9760
営業時間:18:00~24:00
定休日:不定休
最寄駅:下北沢




開店してから約50年も経ってるに・・・/『本日開店』有楽町

有楽町駅前の交通会館地下1階にある、歌える居酒屋『本日開店』。オープンから何十年も経っているのに、毎日が“本日開店”の不思議な店です。


本日開店

▲交通会館地下1階、地下鉄有楽町線への連絡口近くにある『本日開店』


有楽町にある『本日開店』は、1967年から今の場所に店を構える個人経営のお店。当時の常連客が今も通っている、長年愛されている老舗店です。


本日開店

▲歌える居酒屋だけど、歌わなくても大丈夫らしい。

本日開店

▲自家製の「珈琲焼酎」なるものがあるとか…気になる!

オレンジ色の照明に包まれた店内は、左手にカウンター、右手にテーブル席があるこじんまりとした雰囲気。


本日開店

▲左手のカウンターは、一人で飲みたい時やカップルで訪れた時にオススメ。

本日開店

▲右手のテーブル席は、2~4人で賑やかに飲みたい時にピッタリ!

昭和の空気を感じられるポスターや手書きのメニューが、懐かしさを演出。何だか、タイムスリップしたみたい!


本日開店

▲おつまみから焼きおにぎりまで、豊富なメニューが揃います。

本日開店

▲壁にはレトロなビールのポスターも。

先代の店主・安倍久さんは、プラカードを体の前後につるして様々なお店の開店告知や商品の宣伝を行っていた“サンドイッチマン”。広告手法が多様化したことで引退し、お店を始めたそう。


本日開店

▲自伝「ぼくを買って下さい」を出版してしまうほどバイタリティあふれる先代。


ユニークな経歴を持つ安倍さんは、自身の経験を書籍にしてしまうほど!現店主で息子の久雄さんは、今も大切にその本を保管しています。運がよければ、貴重な本を見せてもらえるかも!?


本日開店

▲先代との思い出、昔の有楽町の姿など、話題が尽きない現店主の久雄さん。お酒、料理と一緒に会話も楽しんで。


現在の場所にお店をオープンさせた当時、カラオケを楽しみたいという常連客のリクエストに答え、“歌える居酒屋”にしたのだそう。今でも50年近く通っている人、90歳近くになっても飲みに来る人が集う憩いの場です。


本日開店

▲オリジナルドリンクの「珈琲焼酎」(420円)は、女性でも飲みやすい口当たりとのこと。


『本日開店』の名物は、店先の看板にもあった「珈琲焼酎」。コーヒー豆を十数粒入れた容器に焼酎を入れたシンプルなお酒は、20,30代の女性にも人気。訪れた際は、ぜひオーダーしたい1杯です。


本日開店

▲「若い女性にもどんどん来て欲しい!」と、店主の久雄さん。


ユニークな店名『本日開店』の意味は、先代がサンドイッチマン時代に宣伝していたほとんどが新店の“本日開店”告知だったこと。そして何より、「常に初心を忘れないため」と店主の久雄さん。

お友達とはもちろん、女性ひとりで訪れても温かく迎えてくれる『本日開店』は、おひとり様飲みデビューにもぴったり。行きつけの居酒屋を探しているなら、仕事帰りに一度訪れてみて。


歌える居酒屋 本日開店

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
電話番号:03-3213-4536
営業時間:月~金16:00~23:30、土15:30~23:00
定休日:日・祝・祭日
最寄駅:有楽町




お店に行ったら迷惑なの!?/『こんといて』学芸大学

学芸大学駅から歩いてすぐのビルの2階にある豚しゃぶ『こんといて』。関西弁で「来ないで!」という意味の言葉を店名にしてしまったお店、本当に行っていいのか不安になりながらも早速潜入。


こんといて

▲『こんといて』の看板は右から読む旧式。ほ、本当に入っちゃうよ!?


入口を入って左右に広がる店内は、4人がけのテーブル席がメイン。白を基調とした店内をオレンジ色の照明が照らします。


こんといて

▲店名とは反対に、とても居心地がよい雰囲気の『こんといて』。

こんといて

▲九州を中心にした焼酎は、1杯594円~。オススメを店主に聞いてみても◎。

人気の豚しゃぶ「3ちゃん鍋」(1人前1,944円、2人前から注文可)は、ダシで食べるシンプルなメニュー。


こんといて

▲宮崎県産・霧島豚110gにキノコ、野菜、豆腐がついた「3ちゃん鍋」。〆は油カスを入れたうどんがオススメ。

こんといて

▲レタスがついているのもポイント!瑞々しく新鮮な野菜を楽しんで。

こんといて

▲薄く丁寧に切られた霧島豚は、110g(950円)ずつ追加が可能!

ほどよく鍋が温まってきたら、肉を一枚ずつ投入!温度を上げすぎず、肉の色が変わるまでサッと優しくくぐらせるのがコツ。


こんといて

▲トングを使って、丁寧にしゃぶしゃぶ♪

こんといて

▲たっぷりネギを入れたダシにしっかり浸して召し上がれ!

こんといて

▲ゆず唐辛子はじんわりと辛味が広がる上品な味、お豆腐につけても◎。

こんといて

▲お肉で野菜を巻いて。キノコの歯ごたえがたまらない!

こんといて

▲新鮮レタスはサッとくぐらせて。お肉もサッパリとした味わいに。

女性客も多く訪れるだけあって、ジューシーなのにしつこさを感じないお肉は絶品!美味しくヘルシーな料理を楽しみたい女子にとっては、ピッタリのお店です。


こんといて

▲店内には、額縁に入ったロゴが。冗談も言い合える常連客との信頼あってこその店名。


2012年にオープンした『こんといて』の店名は、関西出身の店主の口グセが由来だとか。冗談交じりに、常連客に「もう『こんといて』!」と言っていたところ、「その店名がいい」を推されたのだそうです。

ロゴが右読みなのは、『こんといて』の言葉の意味とは逆に、たくさんのお客さんに来て欲しいという願いが込められているからなのだそう。

店名とは180度異なり、何度も食べたくなるしゃぶしゃぶと、温かく迎えてくれる雰囲気が溢れるお店でした。


こんといて

住所:東京都目黒区鷹番2-19-20
電話番号:03-6452-3938
営業時間:18:00~翌1:00(LO.24:00)
定休日:不定休
最寄駅:学芸大学




※2017年3月13日の情報です。商品内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込み金額です。



姫乃さん

今回「前略っ。高木善行」を訪れてくれた、姫乃たまさん

1993年2月12日、下北沢生まれの地下アイドル/ライター。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を中心に、文筆業も営む。音楽作品に『First Order』『僕とジョルジュ』、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。7インチレコード「恋のすゝめ」「おんぶにダッコちゃん」をリリース。




この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える