友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

ボトル2,000円から!六本木なのにワインが安い♪ディナーで行きたい“がぶ飲み”スポット4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒好きな女子が集まってのディナーだと、「ワイン頼むならボトルにしておく?」となりますよね。でも、そこが六本木だと、ボトルワインなんて高くて頼めないんじゃない?と思っていませんか?今回はそんな心配ご無用!がぶ飲みOKなディナースポットをご紹介。ワインが安いだけでなく、料理も雰囲気もバッチリなお店だけを厳選しました♪

Date2017/02/10

誰と行く
友達・仲間
いつ行く
仕事帰り
私のスタイル
無敵女子
カテゴリ
食・グルメ
エリア
六本木


サカナバル グリル

お酒好きな女子が集まってのディナーだと、「ワイン頼むならボトルにしておく?」となりますよね。でも、そこが六本木だと、ボトルワインなんて高くて頼めないんじゃない?と思っていませんか?今回はそんな心配ご無用!がぶ飲みOKなディナースポットをご紹介。ワインが安いだけでなく、料理も雰囲気もバッチリなお店だけを厳選しました♪


海老・蟹・ウニ!新鮮魚介とワインのマリアージュを堪能/サカナバル グリル

サカナバル

▲ガラス張りでスタイリッシュな建物。中の活気が伝わってきます!


六本木駅から歩くこと5分。駅前の人ごみを抜けた少し静かな場所に、ガラス張りでひときわ目立つ、スタイリッュなビルを発見!新鮮な魚介とリーズナブルなワインが楽しめる「サカナバル グリル」です。

天井が高く、圧迫感のない空間は、抜群の居心地のよさで、女子会やデートで連日大にぎわい。こちらはその名前からも分かるように、その日に届く新鮮な魚介がウリ。その時一番美味しい調理方法で楽しめます。



サカナバル

▲「魚介のグリルアソート」(一人前1,404円~)は一番人気♡



中でも、旬の食材をシンプルにグリルで楽しむ「魚介のグリルアソート」はほとんどのお客さんがオーダーするという人気メニュー。海老、蟹、ハマグリ、アサリ、魚、甲イカなどその日に届いた最高の魚介を、最高の状態で堪能!



サカナバル

▲なんとも贅沢な「アン肝ソテーと牡蠣のリゾット」(1,296円)。



ウニ、イクラ、アン肝などを贅沢に使った前菜やパスタ、ピッツアなどの食事メニューも充実。「アン肝ソテーと牡蠣のリゾット」は、赤ワインでマリネしたアン肝のソテーが乗った、見た目もリッチな牡蠣のリゾットです。刻んだクレソンがアクセントになっています。

合わせるワインはもちろん、魚介類と相性抜群のものばかり。珍しいワインから王道ワインまで、ボトル2,592円からと他にはないリーズナブルな価格で楽しめるのが嬉しい!



サカナバル

▲魚介によく合う超辛口カヴァ「クロ ラ ソレヤ ブリュット ナチュレ」はボトル3,240円。



サカナバル グリル

住所:東京都港区六本木3-7-1 The Roppongi Tokyo 1F
TEL:03-6441-2970
営業時間:月~土17:00~翌4:00、日祝17:00~24:00
定休日:無休
最寄駅:六本木





路地裏のアットホームなフレンチで日本ワインを楽しむ/CORCULUM(コルクルム)

CORCULUM

▲シックな壁の色も素敵。大人のためのレストランです。


駅から徒歩6分の、少し奥まった路地裏に佇む隠れ家フレンチ「コルクルム」。扉を開けば、白いソファと柔らかな木目のテーブルが印象的な上質空間が広がります。

料理は、日本の四季の食材にこだわっており、フレンチの技法を使ってシェフが考案。様々な調理方法で1皿にまとめたもの。その日によって変わる野菜はまさに、一食一会!見た目にも美しいです。



CORCULUM

▲色とりどりの野菜を1つのプレートに。「本日の畑~農園からの贈り物~」(1,600円/税抜)



赤ワインのソースでいただく「鴨のハンバーグ」には、豪華なトリュフで香りをプラス。たっぷりの野菜が彩り豊かに添えられているのも、女子には嬉しいポイントです。鴨の肉汁たっぷりジューシーなハンバーグは、味にうるさい女友達でも思わず唸ること間違いナシですよ。



CORCULUM

▲「鴨のハンバーグ 赤ワインソース」(1,800円/税抜)。このワイン泥棒!



ワインは、自然派ワインや日本ワインなど、ソムリエが厳選したもの常時100種以上を取り揃え。とくに日本ワインは「日本の農家の食材に合わせるなら、その土地で生まれたワインを」という思いから、力を入れているんだそう。

そのこだわりを伺うとお値段も高いのでは?と思ってしまいますが、一番安いもので4,000円(税抜)からと、手に取りやすい価格帯のものが多いので、安心して!



CORCULUM

▲こだわりの日本ワインたち。お店の方もきさくに教えてくれますよ。



お料理との相性を考えて、その土地のワインをチョイスする。ワインの楽しみ方も広がりますよね。是非ワイン好きの友人と訪れて、ソムリエさんに気軽に相談してみてくださいね!



CORCULUM(コルクルム)

住所:東京都港区六本木7-3-25 エグゼクティブアパートメント1F
TEL:03-6434-0113
営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00
定休日:日曜
最寄駅:六本木/乃木坂





ワイン飲み放題女子会もできるリラックス空間/Wine & Dining Med.~メッド~

六本木と西麻布の間に位置する「Wine & Dining Med.~メッド~」は、シックな大人の雰囲気漂うワインダイニング。

間接照明や観葉植物、テラス席やちょっとリッチな気分のソファ席など、すべてのインテリアが落ち着いたムードを作リ出す、ナチュラル空間です。



Wine & Dining Med.

▲あちこちにあるグリーンや間接照明がリラックス感のある、居心地のよい店内。



女子会なら、農家から直接仕入れる有機野菜を使ったバーニャカウダは必食!アンチョビチーズを付けても良し、そのまま食べても野菜本来の甘さや味の濃さが楽しめます。



Wine & Dining Med.

▲ほぼ無農薬という「有機野菜のバーニャカウダ」(1,600円)は女子会のテッパンメニュー。



その他、市場から直送する鮮魚や、肉質にこだわって仕入れている「短角牛」など、豪華なメインも揃っています。



Wine & Dining Med.

▲「『短角牛』のタリアータ」(2,700円)。鮮やかな野菜のグリルと一緒にどうぞ。



ワインは、赤・白・スパークリング合わせて50以上の銘柄が。初心者はもちろん、ワイン好きも納得の品揃えです!ボトルは3,500円からで、価格帯も幅広いので、気分に合わせてチョイスしてみて♡

値段を気にせずガッツリ飲みたい!という人にはボトルワイン飲み放題プランも。2時間飲み放題で2,500円と、とってもお得に楽しめちゃいます。



Wine & Dining Med.

▲ボトルワイン飲み放題プランは、途中で白・赤変更OKという嬉しい内容♡



ワインも含めたドリンク30種類以上が2時間まるまる飲み放題、というお得な女子会コース(4,000円/税抜)もあるなど、少人数から大勢でのパーティーまで、色々な用途で楽しむことができるワインダイニング。知っておくと重宝するお店ですよ♪



Wine & Dining Med.~メッド~

住所:東京都港区西麻布1-8-9 1F
TEL:03-6804-5143
営業時間:月~土11:30~16:00、17:30~翌5:00 日祝11:30~23:00
定休日:年末年始
最寄駅:六本木





ふわっふわのスフレがとろける旨さ♡隠れ家ワインビストロ/MOZU

六本木の東京ミッドタウンから徒歩1分の好立地に、2015年にオープンした「MOZU」。通りから奥まった位置に入口があり、店内に入ってみると洞窟を思わせる隠れ家的空間が広がります。



MOZU

▲アーチ状の壁がまるで洞窟みたい!白を基調とした店内。



シェフ自慢のお料理は、どれもワインと相性ぴったりなものばかり!必ず食べていただきたいのが、女子から圧倒的な人気を誇るのが「総菜スフレ」。

スフレと言えばスイーツを想像しますが、ここでは蟹とホタテ、ウニなどちょっと贅沢なフワフワでトロトロのスフレが食べられます。バルサミコのソースでいただくのも新鮮!



MOZU

▲食感がたまらない「ウニとポルチーニ茸のスフレ」(1,180円/税抜)。



57.2℃の低温で3〜12時間かけて火入れをする、グリル料理も名物。牧草のみで飼育された牛「グラスフェットビーフ」を、真空低温調理法でじっくりと熱を通して、芯を美しいロゼ色に仕上げます。その旨み、柔らかさは感動モノですよ。



MOZU

▲MOZUの自慢の「グラスフェットビーフのグリル」(1,480円/税抜)。



ボトルワインは、六本木とは思えない2,000円、スパークリングでも2800円から取り揃えています(ともに税抜)。これなら飲んべえ女子の集いでも安心ですね。

手間暇かけたお料理を、気取りのないビストロスタイルで楽しめる、まさに大人の女子会利用にピッタリのお店です。



MOZU

▲2,000円(税抜)のワインは、白・赤ともに4種類ずつあります。



MOZU

住所:東京都六本木7-10-1 福一六本木ビル1F
TEL:03-6804-6976
営業時間:月-金 11:30~14:30、17:30~23:30 土日祝17:30~22:00
定休日:不定休
最寄駅:六本木






取材・文:伊藤初美

※2017年2月10日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。

※記載のないものは税込価格です。




>>> あなたのわがままに答えます!東京女子会特集

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える