イメージ

「呑めるうどん酒場」が今ブーム!本場・博多から上陸のウマすぎる2店を食べ比べてきた【やつい×うどんが主食】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑い芸人・エレキコミックのやついいちろうさんと、某グルメ口コミサイトの超人気レビュアー・うどんが主食さんが、東京で今話題のグルメを食べ歩く連載企画。今回は、恵比寿と中目黒に昨年オープンした博多うどん酒場の人気店「イチカバチカ」「二〇加屋長介」を食べ比べてきました!

Date2017/01/27

カテゴリ
食・グルメ
エリア
恵比寿中目黒

2017年注目の“呑めるうどん酒場”!恵比寿&中目黒の人気店を食べ比べ!

博多うどん酒場 イチカバチカ


レッツエンジョイ東京の銭湯連載でおなじみの芸人、エレキコミックのやついいちろうさんと、某口コミサイトの人気レビュアーのうどんが主食さんが、今東京で話題のグルメを食べ歩くこちらの企画。

今回は、博多でブームになり、2016年に都内に相次いでオープンした「博多うどん酒場」を盛り上げる「イチカバチカ」と「二〇加屋長介」の2大人気店を、お二人に実食レポートしてもらいます!


【恵比寿】あの一風堂が手がける、ふわやわうどんと博多グルメが自慢の「博多うどん酒場 イチカバチカ」

博多うどん酒場 イチカバチカ

▲恵比寿駅西口から徒歩3分ほどの場所にオープン。

やつい:今日は、恵比寿にある「博多うどん酒場 イチカバチカ」さんにやってきました。

うどん:こちらは、あの博多ラーメンの「一風堂」が昨年8月にオープンさせた、博多スタイルのうどん酒場ですね。ちなみに僕は、年末もここに食べに来てました。

やつい:さすが、うどん通!年越しもやっぱり、そばじゃなくて、うどんなんですね!

うどん:まぁ毎年というわけじゃないですけどね。そばも食べますよ。

やつい:僕は昔、仕事で博多に毎週通ってたことがあるんですよ。

うどん:じゃあ、博多うどんは詳しいんですか?

やつい:いやそれが、その時はラーメンとか、当時流行ってたモツ鍋ばかり食べてたので、うどんはあまり詳しくないんですよね。

うどん:そうなんですか。実は、博多っ子は飲んだ後の〆はうどん派という人が多くて、ラーメンを食べるのは観光や出張で県外から来る人が多いんだとか。

やつい:えっ、それは意外でした。

うどん:博多では今「うどん酒場」という業態がブームになっているんですが、2016年には東京にも博多うどん酒場が2店舗、相次いでオープンしました。

やつい:東京も博多うどんが熱いというわけですね!

うどん:はい、そんなわけで今回は、その「博多うどん酒場」で人気の2店を実食レポートしたいと思います。


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲店内には、博多グルメのメニューがずらっと貼られてます。

うどん:じゃあ、まずはおつまみから頼みましょうか。うどん酒場は、お酒とつまみを楽しんでから、うどんで〆るお店なので。

やつい:早くうどんが食べたいですが、確かにおつまみも美味しそうですね。

うどん:おつまみは、博多のB級グルメが約50種以上もそろっています。

やつい:店内に貼られてるメニューを見てるだけでも楽しいですね。じゃあ、博多の居酒屋で定番の「焼とり」から頼みましょうか!


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲博多の人気店「焼とりの八兵衛」の味が楽しめる串もの。国産豚バラ串1本200円(中央)ほか。

やつい:「焼とり」といっても「焼き鳥」じゃないんですよね。

うどん:そうそう、博多では野菜でも魚介でもお肉でも、串で焼いたら何でも「焼とり」って言うんですよね。

やつい:お肉も鶏じゃなくて豚バラが定番なので、県外の人はワケが分からない(笑)


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲博多っ子のソウルフード!ジャンクな味が人気の「びっくり焼き」(580円)。

うどん:他にも、博多の名物料理といえば、びっくり焼きを頼んでおきたいですね。

やつい:びっくり焼きってなんですか?

うどん:鉄板の上で豚バラとキャベツをラードとにんにくで炒めて、イチカバチカ特製の辛味噌で食べるという、地元のソウルフードです。


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲この特製の辛味噌がまたハンパない辛さ!

やつい:これはパンチが効いてて、ヤミツキになる味ですね!

うどん:一風堂ラーメンの辛味噌を、さらに辛くしたという味噌が、また食欲をそそりますね。それにしても辛い!(苦笑)


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲冷凍レモンを丸々ひとつ入れた「一八レモンサワー」(600円)。やかんにはたっぷり5杯分(1,500円)。

▲やかんに入ったサワーを自分で注ぎ足して飲むのも楽しい!

やつい:ガツンとパンチのある味には、このレモンサワーがヤバいぐらい合いますね!

うどん:これ、何杯でもグイグイ飲めちゃいますね。

やつい:だから、やかんにおかわりがいっぱい入ってるんですね(笑)


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲中洲の屋台で人気No.1の「屋台の餃子巻」(420円)。

うどん:博多の屋台の人気メニューといえばコレですね。

やつい:餃子巻きですね!これは僕もよく食べました。懐かしいですね~。


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲白身魚のすり身で餃子を包んだ、博多ご当地グルメの代表格。

やつい:たぶん、福岡だけじゃないですかね、餃子巻きのおでん種って。

うどん:餃子を巻くっていう発想がもともとないですからね、他の地域では。

やつい:出汁がたっぷり染みててウマいですね!


やわやわのもっちり麺が新食感!出汁も飲み干したくなる絶品の博多うどん!

博多うどん酒場 イチカバチカ

▲ごぼうの天ぷらと甘辛く煮込んだ牛肉たっぷりの「肉ゴボ天うどん」(950円/ハーフ750円)。

うどん:さあ、いよいよお待ちかねのうどんを食べましょう!まずは、博多うどんの超定番の「ゴボ天うどん」から。

やつい:すごい!ごぼうの天ぷらとお肉がめっちゃ乗っかってて、ボリューム満点!

うどん:具もいいですが、ぜひ麺も食べてみてください。


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲「イチカバチカ」のうどんは一度食べたらヤミツキになるふわふわ、やわやわ感。

やつい:ズズズッ…ん?なんですか、このふわっふわなうどんは!? のびてるわけじゃないけど、それに近いくらいやわらかい…。

うどん:でも、コシがないのとはまた違うんですよ。

やつい:えっ、こんなにやわらかくても、コシがあるんですか?

うどん:コシというと、がっしりと硬い麺をイメージされがちですが、実はもっちりと伸びがあって、のどごしのいい麺のことをコシがあるって言うんですよ。

やつい:確かに、噛むともっちりしていて、ただやわらかいだけじゃないですね。

うどん:博多でも、このやわらかさは他にないんじゃないですかね。

やつい:このふわふわ感はクセになりますね!

うどん:小麦も福岡産の地粉を使っているので、香りもいいですよね。


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲ぷりっぷりの特大丸天がのった「丸天うどん」(750円/ハーフ550円)。

やつい:そして、もう一杯は丸天うどん。

やつい:ゴボ天うどんと並ぶ、博多うどんの定番メニューのひとつですね!


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲さすがはうどんが主食さん、博多のうどん事情にも明るい!

やつい:お出汁が染みっ染みで、このぷるぷるの丸天がまた絶品!

うどん:透き通った出汁の美味しさが直接味わえて、これは飲んだ後の〆に最高ですね。出汁は昆布、ホタテ貝柱、サバ節、焼きスルメ、うるめ節、玄海産いりこ、五島産焼きアゴを使ってますね。

やつい:すごい、飲んだだけでそんなにわかるんですか!?

うどん:いや、メニューに書いてありました(笑)

やつい:全然ダメじゃん!


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲うどんは45分以上、下茹でしたものを二度茹ですることで、やわやわの食感に。

うどん:この出汁を使えば、塩ラーメンも作れるみたいですよ。

やつい:さすが、一風堂ですね!

うどん:もともと一風堂の社長は、博多ラーメンのお店を始める前に、ラーメンかうどんか本気で迷ったんだそうです。

やつい:じゃあ、もしかしたら一風堂といえば「博多うどん」になってたかもしれないんですね。


博多うどん酒場 イチカバチカ

▲店内に描かれた“博多のおじさん”。どこかで見たような顔…?

うどん:ちなみに、恵比寿は一風堂の東京一号店がある、思い出深い場所でもあるんですよ。

やつい:そんな土地に出店するってことは、一風堂さんもかなり気合が入ってるってことじゃないですか!?

うどん:2月下旬には、吉祥寺に2号店をオープン予定ということなので、今後の展開も楽しみですね。

やつい:ごちそうさまでした!



博多うどん酒場 イチカバチカ
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-8-9
TEL:03-5724-3130
営業時間:月~金11:00~15:30、17:00~26:00、土・祝日14:00~26:00(中休みなし)
定休日:日曜 ※年末年始12月31日~1月2日は休み
最寄り駅:恵比寿



【中目黒】博多の“うどん酒場”ブームの火付け役!地元で指折りの人気居酒屋「二〇加屋長介」

二〇加屋長介

▲東急東横線の線路高架下にオープンしたお店は、落ち着いた和風居酒屋な店構え。

うどん:続いてやってきたのは、昨年11月にオープンした話題の新商業施設「中目黒高架下」。

やつい:ここはまた、おしゃれなところですね!

うどん:そんな中目黒高架下で、本場博多から上陸して話題になっているのが「二〇加屋長介(にわかやちょうすけ)」さんです。

やつい:一見すると、うどん屋さんというより、落ち着いた雰囲気の和風居酒屋みたいな感じですね。

うどん:そうですね、こちらはグルメタウンの博多で今、大ブームになっている「うどん酒場」を流行らせた、草分けのお店として知られています。

やつい:それは楽しみですね!


二〇加屋長介

▲刺身から〆のうどん、デザートまでズラリ!メニューは約80種も。

やつい:おお、入店していきなり目の前に見える、お品書きが壮観ですね!

うどん:このお品書きは本店と同じ演出で、見た瞬間に気分が盛り上がりますよね。

やつい:僕これ見ただけで、もうお腹がすいてきちゃいましたよ!

うどん:こちらのお店は、博多の高級居酒屋出身の店主が手がける、とにかくハイレベルな料理が自慢なんですよ。

やつい:えっ、うどんが自慢なんじゃないの?

うどん:こ料理もうどんもお酒も、すべてがハイレベルなうどん居酒屋、というのが「二〇加屋長介」の人気の秘密なんです。

やつい:なるほど!では、お料理をいただきながら、確認しましょうか!


二〇加屋長介

▲「雲仙ハムカツ」(600円)。長崎の雲仙ポークを使った贅沢なハムカツ。

うどん:まず一品目は、「雲仙ハムカツ」です。

やつい:なんすか、この厚すぎるハムカツは!これビジュアルからして、絶対ウマいやつだ!


二〇加屋長介

▲ハムカツのこの厚み!そのままでも、甘みのある醤油をちょこっとつけても。

うどん:これは、わざわざ長崎の雲仙から取り寄せるハムを、カツにして揚げたメニュー。本店ではほとんどのお客さんが注文するそうです。


二〇加屋長介

▲ハムカツの美味しさは、やついさんの表情が物語ってます。

やつい:だって、このぶ厚いハムを噛むと、旨味が口の中にジュワ~って広がって…。これウマすぎ、そりゃあみんな頼むでしょ!

うどん:その味を聞きつけて、全国から今予約が殺到してるそうです。

やつい:それ納得ですね!!マジでウマいもん!


二〇加屋長介

▲「胡麻かんぱち」(850円)は、特製の醤油ダレが染み込んで美味。

うどん:お次は「胡麻かんぱち」。

やつい:博多ではおなじみのおつまみですね。


二〇加屋長介

▲厚みのあるカンパチの切り身はぷりっとした弾力も絶妙!

うどん:本店では、サバを仕入れてからお店でシメるという、これ以上ない鮮度の胡麻サバらしいですが、東京ではさすがにそれはできないので、胡麻カンパチを出しているそうです。

やつい:サバは、特に鮮度が命ですからね。でもこのカンパチも、身がぷりぷりで美味しいですよ!

うどん:店主はこだわりが相当強い人らしく、鮮度が少しでも落ちるサバは使いたくないんだとか。

やつい:こだわりがハンパないですね!でも、それなら他の料理も期待しちゃいますね。


二〇加屋長介

▲季節の日本酒は一合900円~、定番の日本酒も一合700円で楽しめます。

二〇加屋長介

▲この日は、料理に合う超辛口の「ばくれん」と「日高見」をチョイス。

うどん:料理のバリエーションも豊富ですが、お酒も福岡の地酒や日本各地の日本酒、焼酎、ワイン、クラフトビールまで、本格的なものが幅広くそろってます。

やつい:日本酒も北から南まで、たくさんの銘柄がありますね。

うどん:やっぱり、うどん屋というよりも、居酒屋だからでしょうね。スタッフが料理に合うお酒も提案してくれますよ。

やつい:このお店が、博多で人気なのがわかりますね。料理もお酒も、そして〆のうどんも美味しいとくれば、行かない理由が見つからない!

うどん:ではそろそろ、〆のうどんをいただきましょう!




呑んだ後の〆にウマい出汁と、粉からこだわる麺が最高の一杯!

二〇加屋長介

▲「鶏白湯あつかけうどん」(980円)は、濃厚な鶏スープが味の決め手。

うどん:うどんメニューは、定番からアレンジものまで充実してますね。

やつい:今回はやっぱり、定番のうどんがいいですかね。

うどん:では、「鶏白湯あつかけうどん」と「ごぼう天あつかけうどん」を頼みましょうか。


二〇加屋長介

▲スープや麺はもちろん、上にトッピングされた鶏のささみも絶品!

やつい:「鶏白湯あつかけうどん」は、濃厚な鶏スープがたまりませんね!

うどん:鶏ガラを6時間ほど炊いているので、うま味がギュッと凝縮されてますよね。

やつい:さすが、料理からこだわってるだけあって、一杯の完成度が高い!

うどん:まるで水炊きのスープみたいな白濁スープ。まろやかなコクが絶妙ですね。


二〇加屋長介

▲「ごぼう天あつかけうどん」(800円)は、ごぼ天の甘みが溶け込んだツユが絶妙。

うどん:王道の「ごぼう天あつかけうどん」は、やさしい出汁が五臓六腑に沁みますね。

やつい:出汁が透き通ってて、見るからに美味しそう。

うどん:ここの出汁は、昆布だしを中心に、いりこ、あじこなどを使っていると思います。

やつい:またメニュー見たんですか!?

うどん:いや、今度は見てないですよ!あっさりと上品な味わいの中に、いりこやあじこの風味を感じます。

やつい:これはお酒の後に飲んだら、ウマいだろうなあ~。


二〇加屋長介

▲もっちり、ツルツルのうどんはのどごしが格別。

二〇加屋長介

▲表情はわかりませんが、うどんが主食さんもうどんの味にご満悦。

うどん:麺はこちらも、地元福岡・糸島産の小麦を使った手打ちうどんです。

やつい:ズズ…ッ、こちらは一般的な博多うどんよりも、もう少しモチモチ感がありますね。

うどん:そうですね、讃岐うどんと博多うどんの間ぐらいのコシですかね。

やつい:同じ博多うどんでも、お店によって全然違うんですね。

うどん:ここのお店は、地元で人気のお店ですし、あえて他と差別化してるのかもしれませんね。


二〇加屋長介

▲スタイリッシュな店内は、大人のデートにもぴったり。

うどん:ちなみに、こちらのお店はプレオープンの時にうどんを食べたんですが、その時は「大丈夫かな?」って、ちょっと心配だったんですよ(笑)でも、今はその時よりも本当に美味しくなりましたね。

やつい:人気ありすぎて、お店の予約がなかなか取れないみたいですよ。

うどん:2月には大手町にも新店舗がオープンするそうですし、さらに繁盛するんじゃないですかね。

やつい:お店の雰囲気も上品で洗練されてて、完成度の高いメニューがあれこれ楽しめるので、いろんなシーンで使えるお店になりそうですね!

うどん:ごちそうさまでした!また来ます!



二〇加屋長介(にわかやちょうすけ)
住所:東京都目黒区上目黒3-5-29 中目黒高架下52
TEL:03-6452-4170
営業時間:月~土18:00~翌3:00、日・祝17:00~23:00(LOフード1時間前、ドリンク30分前)
定休日:不定休
最寄り駅:中目黒



<まとめ>

博多うどん酒場 イチカバチカ


やつい:こうやって食べ比べてみると、それぞれのお店の特徴がわかっておもしろいですね。

うどん:そうですね、うどんだけで言うと「イチカバチカ」は麺のふわふわ、やわやわ感を突き詰めた感じで、良くも悪くも好みが分かれるかも。僕は好きですけどね。

やつい:「二〇加屋長介」のうどんは、博多うどんと讃岐うどんのいいとこどりな感じで、万人が美味しく食べられそうですね。

うどん:居酒屋としても「二〇加屋長介」はレベルの高い料理が80種類もあって、今度はあれが食べたいと、次もまた来たくなりますよね。

やつい:お店の雰囲気もおしゃれなので、デートにもぴったりですね。

うどん:逆に「イチカバチカ」は友達とかグループで、ワイワイ飲み食いするのが楽しそう。

やつい:博多グルメが目白押しですからね。盛り上がると思います!

うどん:どちらのお店も一過性のブームで終わらないように、“コシ”を据えてがんばってほしいですね。うどんだけに。

やつい:おあとがよろしいようで!





やついいちろう
お笑い芸人「エレキコミック」のボケ担当。無類の銭湯、温泉、サウナ好きで、かつては週2回は通っていた。都内で訪れたことのある銭湯は100を越える。銭湯以外にも音楽好きで友人も多く、お笑い界一音楽業界に顔の広い(?)芸人とも言われている。NHK Eテレ「シャキーン!」、TBSラジオ「エレ片のコント太郎」出演中。公式HP
<Twitter>⇒https://twitter.com/Yatsuiichiro


うどんが主食
某グルメ口コミサイトのトップレビュアーの一人。大好きなうどんに限らず、和食からラーメン、中華、イタリアン、フレンチまで、日本全国を食べ歩く。食通芸能人にも一目置かれる、注目のブロガー。
<Twitter>⇒https://twitter.com/alwaysudon
<instagram>⇒https://www.instagram.com/alwaysudon/



撮影:菊池さとる

※2017年1月27日時点の情報です。
※価格はすべて税込です。







この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える