イメージ

24時間オープンの老舗カフェに、夜パンケーキも!池袋女子が夜もまったり過ごせるカフェ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池袋での飲み会後にもう少し女友達とおしゃべりしたい、仕事終わりにのんびりしてから帰りたい…。そんな時は21時以降に駆け込める夜カフェはいかが?24時間オープンの頼れるカフェから、絶品パンケーキが味わえるお店まで、女子会でも、ソロでも使える4店を紹介。池袋の夜をまったりくつろいで過ごしたい女子は、ぜひチェックしてみて!

Date2017/01/19

私のスタイル
トキメキ女子
エリア
池袋


池袋夜カフェ

池袋での飲み会後にもう少し女友達とおしゃべりしたい、仕事終わりにのんびりしてから帰りたい…。そんな時は21時以降に駆け込める夜カフェはいかが?24時間オープンの頼れるカフェから、絶品パンケーキが味わえるお店まで、女子会でも、ソロでも使える4店を紹介。池袋の夜をまったりくつろいで過ごしたい女子は、ぜひチェックしてみて!


【24時間営業】海外旅行気分でリフレッシュ♪いつでも世界の味を楽しめる/サクラカフェ&レストラン池袋

サクラカフェ外観

▲池袋駅から徒歩5分ほどの場所にある『サクラカフェ&レストラン池袋』


“テーブルの上で世界旅行を”がコンセプトの『サクラカフェ&レストラン池袋』。

池袋駅から徒歩5分ほどの場所にあるサクラホテルに併設されたこちらでは、24時間いつでも世界各国の料理が楽しめます。外国人も多く、インターナショナルな雰囲気を味わいたい女子にはぴったり。

サクラカフェテラス

▲席数約60席の広々としたテラス席


席数は店内席、テラス席合わせて100席以上。池袋でも屈指の規模を誇り、様々なイベントも開催されるのだとか。

サクラカフェドリンク

▲スパイシーな味わいがクセになりそうな「モロッコ風ラテ」(390円、左ホット、右アイス)


ドリンクは60種類以上の世界各国のビールやスムージーなど、アルコールからノンアルコールまで豊富なランナップ。コーヒーとコーラを合わせた「ルーマニアン コーラフロート」(350円)や、レモンの爽やかさとシナモンが香る「エジプト風レモネード」(390円)など、他ではなかなかお目にかかれない珍しいドリンクも!

中でも一番のオススメは「モロッコ風ラテ」(390円)。 6種類のスパイスと黒こしょうが入ったエキゾチックな味わいは、気分をすっきりリフレッシュさせてくれるはず。

サクラカフェスイーツ

▲お店定番の人気スイーツ「ハワイアンパンケーキ」(750円)


甘いものが食べたくなったら「ハワイアンパンケーキ」(750円)をオーダーしてみて!しっとり焼き上げられた生地の上に、ココナッツとマカデミアナッツを使ったソースがたっぷりかかった濃厚な味わいです。甘さがガツンとくるスイーツは飲んだ後の〆にもぴったり!?

池袋で夜遅くなってしまった時は、『サクラカフェ&レストラン池袋』でプチ海外旅行気分を味わって、日頃の疲れを癒やしてみてはいかがでしょう?

サクラカフェ&レストラン池袋

住所:東京都豊島区池袋2-39-10サクラホテル池袋別館1F
TEL:03-5391-2330
営業時間:24時間営業
定休日:なし




【24時まで】まったりと落ち着いて1日を締めくくりたい♡/ha-ha 1coin dining bar&café

ハハ外観

▲池袋とは思えない静かな路地裏に佇むダイニングバー&カフェ


立教大学近くの、こじんまりとしたダイニングバー&カフェ『ha-ha 1coin dining bar&café』(ハハ ワンコイン ダイニング バー&カフェ)。

駅から徒歩2分ほどと、アクセス抜群の場所にあるにも関わらず、池袋とは思えないような静かな路地裏に佇んでいます。

ハハ内観

▲ゆったりリラックスできそうな落ち着いた照明


ほっと一息つけそうな落ち着いた照明の店内は、テーブル席のほか、カウンター席も用意されているので一人でも訪れやすいのがうれしいポイント♪

ハハドリンク

▲赤ワインにレモネードをプラスした「アメリカンレモネード」(540円)


50種類以上あるドリンクメニューの中でも、お酒好き女子にオススメなのが「アメリカンレモネード」(540円)。

赤ワインとレモネードをミックスしたこちらは甘酸っぱくて口当たりがいいので、「仕事終わりに軽く一杯飲みたい」という気分の時にぴったり。

ハハ料理

▲うま味がぎっしり詰まった「渡り蟹のトマトクリームパスタ」(1,080円)


お腹が空いていたら、お店の名物「渡り蟹のトマトクリームパスタ」(1,080円)を試してみて。もちもちのパスタに、渡り蟹を2時間半煮込んだ濃厚なトマトクリームソースを絡めた逸品で、これを目当てに訪れるお客さんもいるんだとか。

女子会のアフターにも、仕事帰りに一人でも訪れやすい『ha-ha 1coin dining bar&café』。落ち着いた空間で、まったりとリラックスして1日を締めくくれる穴場的カフェです。

ha-ha 1coin dining bar&café(ハハ ワンコイン ダイニング バー&カフェ)

住所:東京都豊島区池袋2丁目12-5 三宅ビル1F
TEL:03-3971-5808
営業時間:月~土 ランチ11:45~15:00(LO 14:20)、ディナー18:00~24:00(LO フード22:40、ドリンク23:30)
定休日:日曜




【23時まで】アートに囲まれて優雅に夜パンケーキを堪能♪/CAFE NOISE

カフェノイズ内観

▲柔らかなオレンジの照明の中、アートが飾られたおしゃれなインテリア


アートブックや絵画が飾られ、おしゃれな空間が広がる『CAFE NOISE』(カフェ ノイズ)。

カウンター席、テーブル席、ソファ席と色々な席があるので、女子トークを楽しみたい時や、彼とのデート、一人でのんびりしたい時など、様々なシーンで利用できますよ。

カフェノイズスイーツ

▲抹茶をたっぷり使った「抹茶黒蜜和風パンケーキ」(1,274円)


こちらのお店で、女子に人気なのは個性豊かなパンケーキ。「鎌倉野菜とチーズのケールパンケーキ」(1,382円)、「塩キャラメル ココナッツパンケーキ」(1,274円)など4種類がラインナップしています。

中でもイチオシは、生地にも抹茶が練りこまれている「抹茶黒蜜和風パンケーキ」(1,274円)。黒蜜の甘味と抹茶のほろ苦さが、絶妙なハーモニーを奏でる一皿です。

池袋で夜にふと思い立って、甘いものが食べたくなった時はぜひ『CAFE NOISE』へ。ゆったりくつろぎならが絶品パンケーキを味わえば、きっと元気をチャージできるはず!

CAFE NOISE(カフェ ノイズ)

住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ専門店街アルパB1F
TEL:03-3989-7535
営業時間:11:00~23:00(LO 22:00)
定休日:不定休(サンシャインシティに準ずる)




【24時間営業】40年続く老舗喫茶の本格コーヒーを味わえる/珈琲専門店 伯爵 池袋北口店

伯爵内観

▲シャンデリアやふかふかのじゅうたんが敷き詰められたレトロで高級感あふれる店内


池袋駅北口から徒歩約3分の場所にあるホテルサンシャイン池袋。その2階にお店を構えるのが『珈琲専門店 伯爵 池袋北口店』です。

階段を昇り、扉を開けると、シャンデリアや、赤いベロア生地が張られた椅子、ふかふかのじゅうたんがお出迎え。まるで昭和にタイムスリップしたかのような、レトロで高級感のある空間が広がっています。

伯爵ドリンク

▲サイフォンで1杯ずつ抽出した「伯爵ブレンド」(単品550円)


そんな中でぜひ味わいたいのがお店のこだわりが詰まった「伯爵ブレンド」(550円)。

選りすぐりの豆を使用し、サイフォンで1杯ずつ抽出した、淹れたてを提供しています。苦味と酸味のバランスがよく、香り豊かなオトナの一杯です。

伯爵スイーツ

▲店内で手作りされている「チョコナッツケーキ」(単品520円)


コーヒーと一緒にスイーツを食べたくなったら、「ケーキセット」(700円)を。レアチーズケーキやミルクレープなど、喫茶店定番の4種類の手作りケーキの中からお好みの味を選ぶことができます。中でも「チョコナッツケーキ」は上品な甘味で、コーヒーと相性抜群!

23時以降限定で、昔ながらの素朴な味の「オムライス」(930円)をオーダーできるから、遅めの晩ご飯や夜食にも利用できますよ。

こだわりのコーヒーやスイーツが味わえる『珈琲専門店 伯爵 池袋北口店』は、なんと24時間オープン!仕事が遅くなってしまった時や、うっかり終電を逃してしまったという時にも頼れるお店です。

珈琲専門店 伯爵 池袋北口店

住所:東京都豊島区西池袋1-29-1
TEL:03-3988-4997
営業時間:24時間※22:30〜6:00は深夜料金1人+200円
定休日:なし(日23:00~月8:00はメンテナンスのため休み)




取材・文:倉山恭史

※2017年1月19日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。




あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える