子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

ママ専用映画デーや親子アート体験も!六本木の子連れ1日お出かけコースが楽しすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の街、大人の街のイメージがある六本木ですが、実は、日中は子連れでのおでかけも楽しい街って、ご存じでしたか? アートや映画にランチまで、親子にやさしい施設やお店が充実しているんです。しかも今回紹介するスポットは、六本木ヒルズ内にあるので、移動もラクラク。そんな六本木のおでかけスポットを1日コースでご紹介します!

Date2016/12/15

私のスタイル
おしゃれママ
エリア
六本木


森美術館

夜の街、大人の街のイメージがある六本木ですが、実は、日中は子連れでのおでかけも楽しい街って、ご存じでしたか? アートや映画にランチまで、親子にやさしい施設やお店が充実しているんです。

しかも今回紹介するスポットは、六本木ヒルズ内にあるので、移動もラクラク。そんな六本木のおでかけスポットを1日コースでご紹介します!


親子でアート体験!「森美術館」で芸術の世界を楽しもう!

森美術館

▲森タワー53階への入り口。エレベーターから降りた瞬間から、非日常の世界がはじまります。(画像提供;森美術館)


おでかけコースの最初の行き先は「六本木ヒルズ」。六本木アートトライアングルの一角をなす「森美術館」はいかがでしょう。

日常を離れて芸術にふれる経験は、育児で忙しいママにとっても、何でも吸収する子どもにとっても心の栄養になるのでは。

森美術館への入口となるミュージアムコーンから53階へのぼると、アートの世界へ到着です。


森美術館

▲過去に行われた「おやこでアートファミリーアワー」の様子。(撮影;御厨慎一郎、写真提供;森美術館)


森美術館では、0~6歳児と共にアートを楽しむめるログラム「おやこでアート」を展覧会にあわせて開催しています。

アートを前に対話しながら親子で鑑賞することで、より深く、芸術の世界を肌で感じることができるはず。こまめにサイトをチェックして、ぜひ子どもと一緒に参加してみて。


森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
TEL:03-6406-6101
営業時間:月・水~日10:00~22:00、火10:00~17:00
定休日:展覧会会期以外
お子様対応:ベビーカー入場可(六本木ヒルズ内でベビーカー貸し出しあり) 最寄り駅:六本木




映画館をママ達で貸し切り!TOHOシネマズ 六本木ヒルズ「ママズクラブシアター®」

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

▲2015年にリニューアル、最新鋭の設備と快適なシートがうれしい「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。


おでかけの日が木曜日なら、午前中は「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」もおすすめ。

小さい子どものいるママやパパにとって、映画館は普段なかなか行けない場所。でも、こちらのシネコンではそんなママたちのために、赤ちゃん連れだけの時間「ママズクラブシアター®」を毎週木曜日に実施しています。

子連れしかいないので、ぐずったり、おしゃべりしたりする赤ちゃんにもみんな寛容で、周囲に気兼ねすることなく映画を楽しめます。


TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

▲赤ちゃんを膝に乗せて観覧する場合は大人1名分の料金1,800円。チャイルドシートもあります。


館内の照明は明るめ、音量も控えめなので、暗い場所や大きな音が苦手な赤ちゃんがいても安心して過ごせます。

これなら、いつもは映画館に足を運べないママも話題作をしっかりチェックできますね!


TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

▲ベビーカー置き場もこんなに広い! 六本木ヒルズ内でレンタルする場合は2Fインフォメーションへ。


TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内
TEL:050-6868-5024
営業時間:作品スケジュールによって異なる ※ママズクラブシアターは毎週木曜日(期間により実施しない場合もあるので、おでかけの際はWebサイト等を要確認)
定休日:無休
お子様対応:ベビーカー入場可(六本木ヒルズ内でベビーカー貸し出しあり)
最寄り駅:六本木




エッグベネディクトやパンケーキが人気の「eggcellent」でランチ!

eggcellent

▲大きな窓から明るい日射しが差し込む店内。かわいらしい、にわとりや卵のモチーフがあちこちに。


ランチは今人気の「エッグベネディクト」が食べられる六本木ヒルズのカフェ「eggcellent(エッグセレント)」へ。

“朝活”を提案するお店とあって、店内は爽やかな雰囲気です。個室やテラス席、窓に面したテーブル席など、シチュエーションに応じて選べます。

eggcellent

▲パンケーキやエッグベネディクトなど、人気メニューが全部食べられる「平日限定エッグセレントプレート」(1,200円)。

産地直送のオーガニック卵を使ったメニューは、エッグベネディクトやもちふわのパンケーキなど、ママをときめかせるものばかりをラインナップ。

平日なら人気のメニューを一皿に集めた限定プレートが狙い目。キヌアやライスなどを使った、変わり種ベネディクトも挑戦の価値ありです。


eggcellent

▲子どもが喜ぶこと間違いなし!見た目もキュートな「チャンキーモンキーパンケーキ」(600円)。

キッズにはチャーミングなパンケーキもありますよ! 食器やメニューもかわいらしいので、ぜひ注目してみてくださいね。


eggcellent(エッグセレント)
住所:東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズメトロハット/ハリウッドプラザ1F
電話:03-3423-0089
営業時間:月〜金7:00~21:00、土日祝8:00~21:00
定休日:六本木ヒルズに準じる
お子様対応:子ども食器/有 子ども椅子/有 キッズメニュー/有 個室/有(~6名)
最寄り駅:六本木




午後は子連れでショッピング!合間には六本木ヒルズの無料「おやこ休憩室」も活用

六本木ヒルズ「おやこ休憩室」

▲壁にカラフルな家や街の絵が描かれるなど、子どもも喜びそうな「おやこ休憩室」。

午後は、道を挟んだ向かい側にある六本木ヒルズのヒルサイドへ。

地下2階には、レゴブロックの量り売りもある「レゴ®ストア」や、世界の遊び道具が集まる「ボーネルンド」、子ども服やキッズ向け雑貨の「リボンハッカキッズ」など、子ども向けのショップが並んでいます。

歩き疲れたら、授乳コーナーや子ども用の洗面台、遊具まで揃っている無料スペースの「おやこ休憩室」もあります。


六本木ヒルズ「おやこ休憩室」

▲ガラス張りで開放的な休憩室。調乳器や電子レンジもあり、至れり尽くせり。

おままごとのセットや車のおもちゃなど、子どもが静かに遊んでいられるようなものが用意してあるのもありがたいですね。


六本木ヒルズ「おやこ休憩室」

▲床にマットの敷かれた「ベビーエリア」は0~2才まで利用可能。

マット敷きの床で赤ちゃんを遊ばせられるベビーエリアもあります。子どもがショッピングに飽きたら、ぜひここでひと休みしてみてください。


六本木ヒルズ「おやこ休憩室」
住所:東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイドB2F
電話:03-6406-6000(総合インフォメーション)
営業時間:10:00~21:00
定休日:六本木ヒルズに準じる
対象:0~6歳のお子様連れ ※保護者の付き添いが必要
最寄り駅:六本木




グッズショップやカフェも!「テレビ朝日」でママも一緒に社会科見学

テレビ朝日

▲本社ビル1階のエントランス空間「アトリウム」ではマスコットキャラクター「ゴーちゃん。」がお出迎え。

六本木ヒルズ向かいにある「テレビ朝日」は、365日オープンの隠れたおでかけスポット。

エントランスのガラスの吹き抜け空間「アトリウム」には、人気番組のディスプレイが設けられています。『徹子の部屋』のゲストになったつもりで、あるいはドラえもんと並んで記念撮影をしてみては?


テレビ朝日

▲キャラクターグッズや番組関連グッズが揃う「テレ朝ショップ」。ここでしか買えない限定商品も。

同じく1階にある「テレ朝ショップ」では、アニメやドラマなど大好きな番組のグッズが見つかるかも。クレーンゲームやガチャガチャで遊ぶこともできますよ。


テレビ朝日

▲毛利庭園を一望できる「CHEZ MADU(シェ マディ)」。イベント時には人気番組とのコラボメニューも。

毛利庭園側には四季折々の景色を満喫できるカフェ「CHEZ MADU(シェ マディ)」もあります。おでかけのしめくくりは、美味しいケーキとコーヒーでくつろぎの時間を。

運が良ければ、通りすがりの有名人に会えるかも!?


テレビ朝日
住所:東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日本社ビル
電話:03-6406-2189(テレ朝ショップ)/03-6406-2188(CHEZ MADU)
営業時間:アトリウム9:30〜20:30(日曜日は20:00まで)、テレ朝ショップ10:00~19:00、CHEZ MADU 10:00〜19:00(LO 18:30)
定休日:無休
お子様対応(CHEZ MADU):子ども食器/有 子ども椅子/有 キッズメニュー/無 個室/無
最寄り駅:六本木




<まとめ>

実は子連れで楽しめるスポットが充実している六本木。商業施設内なら車も通らないので、小さな子ども連れでも安心です。

また、周辺にはパブリックアートや通称「ロボロボ公園」と呼ばれる公園など、都会のど真ん中ながらも、子どもの感性を育てつつ、のびのび遊べる場所が満載。

新たな六本木の魅力を見つけに、子どもと一緒におでかけしてみては。



文:本多小百合

※2016年12月15日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える