イメージ

【銀座限定】宝石みたいな羊羹から名物“銀つば”etc.一目置かれる年末年始の手土産リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那さんの実家への帰省やママ友との忘年会、お世話になった人へのご挨拶など、年末年始の手土産に頭を悩ませるママも多いこの季節。今回は銀座エリアに詳しいレッツの公式キュレーターでもあるマツイミチコさんに、とっておきの銀座の手土産を紹介してもらいました!

Date2016/12/11

私のスタイル
おしゃれママ
カテゴリ
手土産
エリア
銀座


銀座手土産

旦那さんの実家への帰省やママ友との忘年会、お世話になった人へのご挨拶など、年末年始の手土産に頭を悩ませるママも多いこの季節。今回は銀座エリアに詳しいレッツの公式キュレーターでもあるマツイミチコさんに、とっておきの銀座の手土産を紹介してもらいました!


手土産センスが問われる女性の多い集まりに!/「ドゥ・ボン・クーフゥ」の『バトン詰め合わせ』


自然と集まる機会が増える年の変わり目。ママ友会やホームパーティーなど特に女性が集まるシーンには、場が華やぐ手土産がを持って行きたいですよね。

箱を開けた瞬間、ワーッと歓声が上がる“つかみはバッチリ”なもの、SNS映えする高ルックスなものであれば女性ウケは確実です。


ドゥ・ボン・クーフゥ

▲松屋銀座店地下食料品売り場の一角。独特な色彩感覚の生ケーキや焼き菓子が目を引く!


そんな希望をかなえてくれるのが「パティスリー ドゥ・ボン・クーフゥ」。中でもアート感あふれる見目麗しい焼菓子は女ゴコロを鷲づかみにすること間違いなし!


ドゥ・ボン・クーフゥ

▲箱を開けたときの歓声必至!『バトンの詰め合わせ』3,402円~ ※写真はイメージです。内容は季節によって変わります。


まるでジュエリーのようなデコレーションの『バトンの詰め合わせ』(3,402円~)は、スリムなパウンドケーキ3種類のセット。ナッツやドライフルーツ、チョコレートなどが散りばめられ一本でも心ときめくビジュアルですが、これが3本揃うとゴージャス度がググッとアップ!


ドゥ・ボン・クーフゥ

松屋銀座店限定の『銀座はちみつバトン』(単品で購入の場合1,404円)


パウンドケーキは季節限定のフレーバーを含めて4種類ほど。その中から好きな組み合わせが可能です。是非、3本の中に選んで欲しいのが『銀座はちみつバトン』。銀座で採れたはちみつをふんだんに使用した、銀座店でしか入手できないオリジナルです。

トッピングが多彩なのでカットした場所によって異なる味わいと食感が楽しめるのも魅力。切り分けて楽しめる上、バラエティ豊かな3本のセットなら行く先の人数が分からない時にも重宝しますよ。


ドゥ・ボン・クーフゥ 松屋銀座店

住所:東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座B1F
電話: 03-3567-1211(大代表)
営業時間:10:00~20:00
定休日:松屋銀座に順ずる
最寄駅:銀座

今回紹介した商品
商品名:「バトン詰め合わせ」 3,510円
日持ち:約2週間/常温




銀座限定、数量限定、縁起モノ。3拍子揃ったプレミアム手土産/「Kuma3」の『銀座くろまめへしれけーき』


旦那さんに上司や仕事関係の方への手土産選びを頼まれたら…。これぞ良き妻のアピールのしどころです。とはいえ、趣味や嗜好が分からない方への手土産はなかなか難しいもの。

きちんとした印象を与えることはもちろん、味にも説得力のある質の良いもの、さらに女性に話題性の高いものであれば満点です。たとえもらった本人が知らなくても、奥さまや周りの女性社員が「あ、これ今、話題の!」と盛り上げてくれてくれるので、もらった方もいい気分に。そんなリクエストを見事に受け入れてくれた銀座手土産があるんです。


kuma3

▲店名のかわいらしいイメージを良い意味で裏切る!スタイリッシュなオトナ空間


銀座手土産の新定番として今注目を集めているのが、伝統的な会席料理に斬新な創意工夫を加えた“Neo Japanese Dinner”「Kuma3」でテイクアウト用に作られた『銀座くろまめへしれけーき』。

厳選素材を使用して作り上げた究極の黒豆パウンドケーキです。こだわりの製法で丁寧に焼き上げるため、1日20本限定。材料には日本一の大きさと味を誇る「丹波黒豆」、そして最高級発酵バター「エシレバター」使用と、プレミアム感満点。ぎっしり詰まった大粒の黒豆はふっくらと柔らかくとろけるよう!


銀座黒豆へしれけーき

▲黒豆をイメージしたパッケージ。『銀座くろまめへしれけーき』6,264円


1本6,264円と値は張りますが、一口でその贅沢さが舌に伝わる美味しさです。ケーキは常温での販売ですが、冷蔵することで風味がアップするので、冷やしてから楽しむのがおススメ!無病息災を願う縁起物「黒豆」を使っているので、旦那さんがお世話になった方々に贈る御年賀にもピッタリです。


Kuma3

住所:東京都中央区銀座5‐5‐14 GINZA GATES 8F
電話: 03‐6274‐4777
営業時間:ランチ/12:00~14:30、ディナー/17:30~23:00
定休日:土曜日(第2・4・5)、日曜、祝日
最寄駅:銀座

今回紹介した商品
商品名:「銀座くろまめへしれけーき」 1本5,832円
日持ち:20日/常温

※『銀座くろまめへしれけーき』の購入のみでの来店可。
※1日数量限定販売なので事前に要電話確認。




レア度満点!美容と健康を気遣う人あの人に…/「五穀屋」の『ITSUKI(五季)プレミアムエディション』


五穀屋

▲2016年4月、松屋銀座店地下食品売り場に東京初進出


「他の人とは被りたくない!」「毎年同じ手土産に落ち着いてしまう」という悩める方におススメなのが、銀座手土産のニューフェイス。今年の春、松屋銀座店の和菓子売り場のリニューアルに伴って登場した「五穀屋」。

静岡の本店以外の店舗は松屋銀座店のみ。まだ新しいブランドですが、すでに感度の高い女性たちの間では話題騒然。その理由は、この「五穀屋」のコンセプトが「五穀」と「発酵」という、女性が気になるキーワードだから!


五穀屋

▲海を超えて大絶賛!松屋銀座店限定『ITSUKI(五季)プレミアムエディション』5,400円


宝石のような輝きを放つ鮮やかな球体はなんと羊羹!しかも日本酒・抹茶・塩糀・醤油糀・りんご酢・白味噌という日本の伝統発酵素材が練りこまれたものと聞いてビックリ!さらに楊枝で突くと風船が弾けて羊羹がプルン!たくさんの驚きが隠されていてサプライズ感も満点です。

『ITSUKI(五季)プレミアムエディション』はイタリアのメディチ家で献上され大絶賛されたもの。メディチ家の家紋である6つの玉になぞらえて、6つの味が楽しめます。羊羹をおさめるカップもフィレンツェ市の花、ユリがモチーフになっていて、ビジュアルから誕生のエピソードまで何もかもがゴージャス。松屋銀座店限定なのでレア度も満点です。

実はこの「五穀屋」は「うなぎパイ」で有名な「春華堂」の新ブランド。年末年始、久しぶりに会う方にも「あのうなぎパイのお店の…」と切り出せば会話のキッカケにも。モダンでユニークな和菓子は美意識の高い女性にも喜ばれること間違いナシです。


五穀屋 松屋銀座店

住所:東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座B1F
電話: 03-3567-1211(大代表)
営業時間:10:00~20:00
定休日:松屋銀座に順ずる
最寄駅:銀座

今回紹介した商品
商品名:「ITSUKI(五季)プレミアムエディション」 5,400円
日持ち:30日/常温




銀座名店の隠れ手土産でデキる嫁に格上げ!?/「銀座鹿乃子」の『銀つば』


年末年始は旦那さんの実家へご挨拶という方も多いはず。印象よくキメたい場面!銀座で長い間愛されてきた名店の逸品を手土産にして、“いいお嫁さん”認定をいただいちゃいましょう♪


銀座鹿乃子

▲晴海通りから銀座すずらん通りを入ってすぐ。銀座駅からも近くアクセス抜群!


昭和21年創業、銀座4丁目の交差点そばに店を構える「銀座鹿乃子」。こちらの看板商品といえば今や銀座銘菓としてすっかりおなじみになった豆菓子『かのこ』や、多彩な豆使いの『あんみつ』。昔ながらの釜を使い、職人がつきっきりで炊く豆の味わいに定評がある和菓子店です。

そんな「銀座鹿乃子」の隠れた名品は、丁寧に炊き上げた小豆の美味しさが光る“きんつば”。知る人ぞ知る銀座手土産のひとつです。銀座の“きんつば”だから名前は“銀つば”。思わずクスッと笑ってしまうネーミングが、久しぶりに会う義両親との会話のキッカケになるところも高ポイント。


銀座鹿乃子

▲「銀つば」2個入(410円)・二色詰め合わせ9個入り(1,814円)


銀つばは大納言を使った「つぶ餡」と、大手亡(おおてぼう)と大福豆を使った「白つぶ餡」の2種類。透き通るような薄衣で包まれた喉越し絶妙な餡。みずみずしさを感じさせる餡の中には黄金色の栗のかけらが埋め込まれていて、“おめでたい”気分も満点!

上品ですっきりとした銀座好みの粋な甘さは、甘いものが苦手なお義父さんにも、きっと気に入ってもらえるはず。銀座の有名店の、あまり知られていないけれど上質なお菓子を手土産にすれば、“ムムッ、この嫁、なかなかデキる!”なんて思ってもらえるかも!


銀座鹿乃子

住所:東京都中央区銀座5丁目7‐19
電話: 03‐3572‐0013
営業時間:10:30~19:00 ※土・祝は~20:00
定休日::1月1日
最寄駅:銀座

今回紹介した商品
商品名:「銀つば」 二色2個入410円、二色詰め合わせ9個入 1,814円
日持ち:約1週間/常温




銀座の名店が作る逸品を帰省土産に/「ブーランジェリーレカン」の『ケイク オ フリュイ』


一年の感謝と新年のご挨拶を伝える、一年で一番大切なシーン。特に旦那さんの実家や親戚が集まる場には気合の入った特別感のある手土産を用意したいもの。そんなときには「これぞ銀座ブランド!」な逸品なら安心です。


ブーランジェリーレカン

▲お店は「銀座レカン」の姉妹店「ロテスリーレカン」の入り口横に併設 <写真:髙田健一(studio a-ha)>


銀座のフレンチを語る上で外せない1974年創業のフランス料理店「銀座レカン」。銀座を愛する人々にとって憧れのグランメゾンです。そのベーカリー部門として2014年末に誕生した「ブーランジェリーレカン」ではこれまでレストラン利用客しか味わえなかったパンやケーキが1つからでも購入可能となり、「レカン」ファンはもちろん、銀座のパン好きやスイーツマニアを虜に!


ブーランジェリーレカン

▲銀座のクラス感がこの1本に凝縮!『ケイク オ フリュイ』2,160円 <写真:髙田健一(studio a-ha)>


“ここぞ!”の手土産として信頼を集めている『ケイク オ フリュイ』はラム酒に漬けて熟成させたドライフルーツを練り込み、しっとり焼き上げた軽やかなパウンドケーキ。香ばしい焼き面と、生地の中のドライフルーツのザクザクとした食感、繊細で深みのある味わいもリッチ!

レカンカラーと呼ばれる赤いボックスに収められた焼き色の美しいフルーツケーキは別格感が漂い、贈る側の本気度も伝わります。「あの、銀座のレカン」という銀座の老舗高級レストランのブランド力も特別感を後押し。スイーツにうるさいお義母さんだってこれなら納得間違いナシ!切り分けて食べられるので家族が集まる年末年始の手土産にもピッタリです。


ブーランジェリー レカン

住所:東京都中央区銀座5-11-1
電話:03-5565-0780
営業時間:10:30~21:00
定休日::なし
最寄駅:銀座

今回紹介した商品
商品名:「ケイク オ フリュイ」 2,160円
日持ち:約2週間/常温




文:マツイ ミチコ

※2016年12月11日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込み価格です。




この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える