イメージ

【潜入レポ】マグロ!海老!イクラの嵐!「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」11/20まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の魚介料理が満喫できる“魚料理の祭典”「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」が、11月20日(日)まで日比谷公園で開催中! 出店数が前回の40店舗から60店舗にパワーアップした人気イベントを、レッツ編集部が早速潜入レポートしてきました!

Date2016/11/18


いくら

全国の魚介料理が満喫できる“魚料理の祭典”「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」が、11月20日(日)まで日比谷公園で開催中!

出店数が前回の40店舗から60店舗にパワーアップした人気イベントを、レッツ編集部が早速潜入レポートしてきました!


初日から大盛況!全国最大規模のフィッシュイベント

フィッシュ

▲いざ「第2回ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」へ!



全国各地の名物魚介料理が食べられる「フィッシャーマンズ フェスティバル」。なかなか手に入れられない各地の水産物まで集まる、まさに魚介のお祭りイベント!
初日の、しかも平日の午前中にもかかわらず、開場はオープン早々大勢の人でごった返していました。

フィッシュ

▲オープンから10分ほどでこの混雑!



レッツ編集部は、早速人だかりができているブースを発見。長崎県鹿島の本まぐろ丼をふるまう「築地かんぺい会」では、ちょうど42.8キロもの特大まぐろの解体ショーが始まりました!

マグロ

▲威勢いい掛け声で、まぐろの解体スタート!

マグロ

▲男性2人かかりで豪快にカット!

マグロ

▲頭はこんなにビッグ!

マグロ

▲解体されたまぐろは、このまま丼に変身!

見事に解体されたまぐろは、赤身丼(1,000円、限定50食)、中トロ丼(1,500円)、大トロ入り丼(2,000円)として販売。鮮度100%の本まぐろを食べられるのも、フィッシャーマンズ フェスティバルの醍醐味ですね。


全部食べたい!魅惑の魚介ラインナップ

新鮮な魚だけでなく、様々な魚介料理が出店しています。どのお店も美味しそうで、目移りしちゃいますよ。

フィッシュ

▲昨年の第1回で一番人気だったメニュー「あんこう肝鍋」が再降臨!



マグロ

▲オープンから長蛇の列!北海道の「こぼれいくら丼」と「ズワイガニ汁」


マグロ

▲こぼれいくら丼ミニ(1,800円)、こぼれいくら丼並(3,200円)が販売中。


フィッシュ

▲どのブースからも魚介料理のいいニオイが~!



マグロ

▲磯の香りがする特大カキ


マグロ

▲海老やほたても勢ぞろい!


フィッシュ

▲ビールだって飲めちゃう!ここは天国かな!?



様々な魚介料理、そして新鮮な食材を目の当たりにすれば、改めて日本の豊かな食文化を感じられるはず。普段なかなか食べられない料理もリーズナブルにゲットできるチャンスなので、見逃せません。


ドドッと紹介!編集部スタッフ実食メニュー15連発

どれを選んだらいいかわからない!という方のために、レッツ編集部スタッフが実際に食べて「これは美味しい!」と感じたメニューを一気にご紹介します!

フィッシュ

▲こぼれいくら丼ミニ(1,800円)、ミニでもかなりのボリューム



フィッシュ

▲商品名に偽りナシ!こぼれまくっております!!



フィッシュ

▲中トロ丼(1,500円)。口に入れた瞬間とけてしまうなめらかさ!



マグロ

▲ご飯と具は別々で提供されます。

マグロ

▲自分好みの丼が作れちゃう!


フィッシュ

▲あぶり金目の海族ブイヤベース(900円)、中にはマカロニも入っています。



フィッシュ

▲鮭のちゃんちゃん焼きは、できたてがたまらない!



フィッシュ

▲鮭鍋(600円)。鮭や野菜、きのこなど具沢山!



フィッシュ

▲白子鍋はプルプルの白子が体を温めてくれます。



フィッシュ

▲明石焼きもありますよ!



フィッシュ

▲いか焼き(500円)。大きないかを豪快にパクッ!



フィッシュ

▲地だこの茶飯(500円)。たこがゴロゴロ入っています。



フィッシュ

▲女性陣から大人気だったのが北海道シーフードパエリア(700円)。



フィッシュ

▲直径1メートルの巨大パエリアパンで、スペイン出身シェフが料理。



フィッシュ

▲まぐろ漁師汁(600円)。大振りな海老を贅沢にいただきます!



フィッシュ

▲あゆの塩焼き(600円)。骨まで柔らかい!



フィッシュ

▲串焼きに食らいつけるのも、お祭りの醍醐味!



フィッシュ

▲海鮮おでん。大きなほたてとつぶ貝に注目!



フィッシュ

▲カキの広島焼き(900円)。広島の名産を贅沢に楽しめる一品。



フィッシュ

▲魚介といのしし出汁の山族こくうまラーメン(900円)。優しい風味が〆にぴったり。



会場には、老夫婦、サラリーマン、家族連れ、女性グループ、カップルなどなど・・・幅広い年齢層の男女で賑わっていました。1回で全ての料理を制覇するのは難しいですが、その分いつ来ても違う料理が楽しめちゃいます。誰と何回来ても楽しめること間違いなしのイベントなので、ぜひこの週末はおなかを空かせて足を運んでみて。




第2回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル

期間:開催中~11月20日(日)
時間:備考:日により時間が異なります。
11月18日(金) 11:00~21:00
11月19日(土) 10:00~21:00
11月20日(日) 10:00~18:00
場所:日比谷公園 噴水広場~第二花壇~にれの木広場
最寄駅:内幸町、日比谷、霞ヶ関




※2016年11月18日の情報です。価格やイベント内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込み価格です。




同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える