東京の人気エリアで着こなすカイハラデニム KAIHARA DENIM Presents TOKYO Denim Style 東京の人気エリアで着こなすカイハラデニム KAIHARA DENIM Presents TOKYO Denim Style
main

久慈暁子さんが着こなす、
トレンドデニムスタイル

『non-no』専属モデルの久慈暁子さんが、老舗のカイハラデニムならではの技術が光るハイクオリティなデニムで、東京の街をおでかけ!優れた品質とスタイリッシュな仕立てで、いまや世界中で人気を博す『UNIQLO』と、N.Y.ブランドならではの上質&シンプルさに女性ファンの多い『Theory』のデニムで、冬のおでかけをもっと楽しくするコーディネートを披露してくれました!

01 Akiko Kuji × UNIQLO @UENO Kuroda Memorial Hall 01 Akiko Kuji × UNIQLO @UENO Kuroda Memorial Hall

photo

まずは国立西洋美術館の世界遺産登録で盛りあがる上野エリアへ。深みのある上品なインディゴカラーと、知的でエレガントなテーパードシルエットが特徴的なユニクロのデニムを、今シーズンのトレンドアイテムであるハイネックニットと合わせて、レンガ作りが美しい黒田記念館でちょっとシックに芸術鑑賞。

「デニムは普段からよくはいています。特にこういった濃いインディゴのデニムが多いですね。適度にゆとりがありながら、膝から下に向かって細みになっていて美脚に見えそうなシルエットが嬉しいです(笑)。上野エリアにはいろいろな文化施設があるので、ちょっとシックな大人っぽいデニムコーデでおでかけしたいですね。動物園も好きなので、あわせて巡るおでかけも楽しそうです!」

Q.この冬気になるデニムコーディネートは?

「今年の冬は、トレンドになっている淡色のワイドデニムを狙っています。ペールトーンの淡いニットやフラットシューズなどと合わせて、大人かわいいカジュアルな雰囲気で着こなしたいです。あとは、ポップな花柄のワンピースにウォッシュの効いたデニムパンツをレイヤードするような、女性らしいヴィンテージ風スタイルにもチャレンジしてみたいです」

photo

美術館や博物館などの文化施設が立ち並ぶ上野エリアでのロケ。久慈さんのお気に入りは上野動物園。「大人になってから行くとまた別の雰囲気で楽しめますね。世界三大珍獣が全部見られるのは上野だけなんですよ(熱)!」

Q.この冬気になるデニムコーディネートは?

「今年の冬は、トレンドになっている淡色のワイドデニムを狙っています。ペールトーンの淡いニットやフラットシューズなどと合わせて、大人かわいいカジュアルな雰囲気で着こなしたいです。あとは、ポップな花柄のワンピースにウォッシュの効いたデニムパンツをレイヤードするような、女性らしいヴィンテージ風スタイルにもチャレンジしてみたいです」

UNIQLOのジーンズ3,990円、ニットベスト1,990円、中に着たシャツ2,990円(全てUNIQLO/0120-090-296) CHENBURのパンプス40,000円、YAHKIのバッグ19,800円(ともにAmazon Fashion/www.amazon.co.jp) その他スタイリスト私物

TODAY'S DENIM
photo

UNIQLO
SLIM BOYFRIENDFIT
UNCLE JEANS
3,990円

ユニクロで人気の高いデニムも、世界が認めるカイハラ製の生地を使用。こちらは、美しいインディゴカラーが目をひく、スタンダードな5ポケットデニム。ルーズすぎず適度にゆとりのあるボーイフレンドシルエットは、上品でありながら汎用性が高く、様々な着こなしに使えるのがポイント。シンプルなコーディネートでエレガントに、裾部分を無造作にロールアップしてカジュアルに、とシーンやシチュエーションにあわせて、デイリーに使いたい1本です。

お問い合わせ:UNIQLO /
0120-090-296
※店舗により在庫状況が異なります

02 Akiko Kuji × Theory @SUMIDA River Side 02 Akiko Kuji × Theory @SUMIDA River Side

photo

続いては、淡いブルーに繊細なダメージデザインが映えるTheoryのデニムによるコーディネート。THE 東京な景色が楽しめる隅田川沿いの中央大橋で、今季の旬カラーとして注目を集めているペールローズのウールコートをざっくりと羽織り、カジュアルなおでかけスタイルで登場です。

「アイスウォッシュのデニムはダメージもあってラフなんですけど、テーパードが効いていてスタイリッシュな雰囲気で素敵ですね。ジャケットのきれいなピンクの色味ともマッチして、バッグやシューズはブラックで統一。まさに"大人のデニムスタイル"って感じがします(笑)。ダメージデニムは難易度が高くて今まで敬遠していたのですが、こんなに上品にはけるなら、この冬はぜひ挑戦してみたいです」

Q.デニムで出かけたいのはどんなところ?

「お仕事でもプライベートでも、原宿や表参道、恵比寿界隈にお出かけすることが多いので、そのエリアにあるオシャレなカフェを探索したいです。特に今回着せていただいた2つのデニムスタイルはどちらもカワイイし、アクティブに動きやすいので歩き回っても大丈夫そうですよね。代官山の隠れ家的なオシャレカフェ『ウララ』で人気のかき氷も狙っています(笑)」

photo

抜けのいい景色の中での撮影は気持ちいいですね!」と久慈さんも思わずテンションUPした中央大橋でのロケ。隅田川沿いの高層マンションが立ち並ぶ姿は、今の東京を象徴しているかのよう。「川沿いのカフェなどで過ごすのも優雅ですよね。外食も好きですが、家ではもっぱら煮物を作ったり、の和食派なんです(笑)」

Q.デニムで出かけたいのはどんなところ?

「お仕事でもプライベートでも、原宿や表参道、恵比寿界隈にお出かけすることが多いので、そのエリアにあるオシャレなカフェを探索したいです。特に今回着せていただいた2つのデニムスタイルはどちらもカワイイし、アクティブに動きやすいので歩き回っても大丈夫そうですよね。代官山の隠れ家的なオシャレカフェ『ウララ』で人気のかき氷も狙っています(笑)」

AG for Theoryのデニムパンツ39,000円 Theoryのコート69,000円、トップス25,000円、パンプス46,000円、バッグ89,000円(全てリンク・セオリー・ジャパン/03-6865-0206) その他スタイリスト私物

TODAY'S DENIM
photo

Theory
AG EX Boyfriend Slim
39,000円

N.Y.ブランドTheoryとL.AブランドAGのコラボモデル。無駄なモタつきをなくしつつ、適度にゆとりのあるシルエットを実現。股上をやや深めに設定することでウエスト回りを安定させて、すっきりとはきこなすことができます。ラフな印象の強いダメージ加工でありながらも、どこかクリーンな印象を与えるのは、爽やかな存在感を放つライトウォッシュの繊細な色味のおかげ。女性らしい着こなしにもピッタリです。

お問い合わせ:リンク・セオリー・ジャパン /03-6865-0206

Profile

久慈暁子/くじ・あきこ 1994年7月13日生まれ。岩手県出身。2013年に渋谷でスカウトをされたのを機にデビュー。2014年3月『2014年旭化成グループキャンペーンモデル』に選ばれ、7月にはドラマ『近キョリ恋愛~Season Zero~』にてドラマ初出演。さらに8月には『第45回non-noモデルオーディション』でグランプリを獲得し、同年9月よりnon-noの専属モデルとして学生生活と掛け持ちで活躍している。初主演ドラマ『恋子 focus ~ある女子校生の物語~』 のブルーレイも好評発売中。

http://ameblo.jp/kuji-akiko/

What is “KAIHARA DENIM”?
What is “KAIHARA DENIM”?
What is “KAIHARA DENIM”?

ブルーデニムファブリックの分野で国内の50%以上のシェアを占めている日本が誇るデニムメーカー、カイハラデニム。国内外を問わず多くのメゾンからの信頼も厚く、とりわけナショナルブランドやプレミアゾーンと呼ばれる高級ジーンズブランドの素材としての評価が高い。名実ともに世界トップクラスのデニムファブリックメーカー。

今回おでかけしたスポットをチェック!

  • shop
  • 1. 黒田記念館

    日本近代洋画の父ともいわれる黒田清輝の油彩画約130点、デッサン約170点、写生帖などを所蔵・展示する黒田記念館。国の登録有形文化財でもある建物も必見です。

    ⇒ スポットページへ

  • shop
  • 2. 隅田川テラス

    浅草から明石町まで隅田川を眺めながら散策することができる墨田川テラス。公園も点在しているので、近隣のお店でご飯をテイクアウトして、川辺でのランチを楽しむのもオススメ。

    ⇒ スポットページへ

KAIHARA DENIM PRESENTS TOKYO DENIM COLLECTION
その他の着こなしはこちらでチェック!

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える