TOKYO TREND RANKING COVER STORY

TOKYO TREND RANKING COVER STORY

10月号の注目エリア:池袋

今月号のTOKYO TREND RANKINGは池袋に注目。古くは“池袋モンパルナス”と呼ばれるアートなエリアが存在し、現在はサブカルの聖地としても知られる街。さまざまなカルチャーを吸収し、進化し続ける池袋でディープな1日を過ごしてみては?

“眠れる読書空間”本×ホテルの新しい形・BOOK AND BED TOKYOとは?

TTR10_BOOK AND BED TOKYO


壁一面の本棚と、その奥にこっそりと潜むベッドスペース…。こちらは2015年に池袋に誕生したコンパクトホテル「 BOOK AND BED TOKYO」。広いソファで本を読みふけり、眠くなったらベッドで眠る。そんな読書好きにとっては夢のような時間が過ごせるホテルです。

宿泊料はベッドスペースの広さによって異なり、1泊4,860円~と3,780円~の2タイプ。無料Wi-Fi、読書灯や電源、ロッカーが完備され、共有スペースにはシャワーとトイレもあるので快適に過ごせます。

また、13時から17時までは1時間単位の利用ができるので、スキマ時間にフラッと立ち寄ることも可能!(空き状況は公式Twitterで確認を)



TTR10_BOOK AND BED TOKYO


▲この奥がベッドスペース。押入れっぽい雰囲気で、入るときはしごを使うのがワクワクします!



ずらりと並ぶ約1700冊の本は「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」によるセレクト。訪日外国人向けのガイドブックから、日本の漫画・小説・写真集まで、タイトルを見ただけで「あ、気になる!」と思う本がいくつもあります。

お気に入りを見つけて共有スペースのソファで読み出したら、そのまま動けなくなりそうな予感…。



TTR10_BOOK AND BED TOKYO

TTR10_BOOK AND BED TOKYO


上を見上げると天井にも本が。居心地のよさだけでなく、遊び心もある空間なのがいいですね!

奥のラウンジスペースには、セルフで使えるコーヒーメーカー(1杯150円)、ポットが置いてあり、なんとバルミューダのオーブントースターも!近くでテイクアウトしたパンを焼いてコーヒーと朝食、なんて素敵な朝を迎えられそう♡

池袋駅1分というアクセスのよさもあり、外国人観光客や女性1人の宿泊客もとても多いそう。旅の宿泊先としてだけでなく、読書に没頭したい一人の夜を過ごすのにもおすすめのホテルです!


TTR10_BOOK AND BED TOKYO


▲日中の特等席はきっとココ!大きな窓から光がさすソファでのんびり読書三昧したですね。




BOOK AND BED TOKYO
住所:東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階
宿泊料:STANDARD4,860円/1泊~、COMPACT3,780円/1泊~※ともに土日祝前日などは変動あり
デイタイム(13:00~17:00)利用料:1時間540円、フリータイム(デイタイム時間内)1,620円
※支払いはクレジットカード、交通系ICカードのみ
最寄り駅:池袋



<<10月号のレッツレポーターはこの人!>>

住吉さつきさん(左)
実践女子大学ミスコン2015グランプリ
Instagram
Twitter

脇田茉奈さん(右)
東京理科大学ミスコン2015ファイナリスト
Instagram
Twitter




スタイリング/MORIYA


住吉さん:ニット 13,000円(ノーリーズ/ノーリーズ銀座本店 TEL03-3564-1781)、シューズ13,000円(ケーエムビー/フレディ & グロスター二子玉川店 TEL03-6431-0245)、その他スタイリスト私物、脇田さん:スタイリスト私物


※2016年9月25日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。





2016年10月中吊り・ポスター掲載記事


TOKYO TREND RANKING

TOKYO TREND RANKING

トレンドを先取りするフリーペーパー「東京トレンドランキング」。毎月25日に発行、東京メトロ134駅で配布中!

⇒今月号の詳細はこちら!

【池袋】関連記事もチェック


みきにゃん

サブカル女子モデル・みきにゃんも夢中❤池袋・サブカルスポット巡り
⇒ 記事をチェック



池袋フォトジェニック

実は池袋は“おしゃれ写真”スポット!インスタグラマーおすすめフォトジェニックな場所とは!?
⇒ 記事をチェック


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える