イメージ

【銀座フルーツ手土産リスト】梨、柿、栗etc.オトナ女子は“季節限定”や“レアもの”で差をつける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取引先や彼の実家を訪れるときに欠かせない手土産。オトナ女子ならば、相手が喜ぶ気の利いた品を持って行きたいもの。そこで今が旬のフルーツを使った、上質なスイーツがテイクアウトできるお店を、銀座にしぼってピックアップ。各店のおすすめメニューとともにご紹介します。

Date2016/09/14


銀座千疋屋フルーツサンド

取引先や彼の実家を訪れるときに欠かせない手土産。オトナ女子ならば、相手が喜ぶ気の利いた品を持って行きたいもの。そこで今が旬のフルーツを使った、上質なスイーツがテイクアウトできるお店を、銀座にしぼってピックアップ。各店のおすすめメニューとともにご紹介します。


みずみずしい果肉感がたまらない「果実菓子」/宗家 源 吉兆庵

宗家 源 吉兆庵

▲銀座本店は銀座中央通りにあり、アクセス抜群。

“くだものの里”岡山で1947年に創業した「宗家 源 吉兆庵」は、旬のフルーツを使うことにこだわり続ける和菓子店。日本文化の継承・発信に力を入れていて、銀座本店には日本料理店と茶寮が、岡山本店と鎌倉本店には日本の伝統工芸品を展示する美術館が併設されています。

宗家 源 吉兆庵

▲ラグジュアリー感あふれる店内。広々しているのでゆったり選べます。

看板商品は、季節の果実をまるごと使った「果実菓子 自然シリーズ」。くだもの本来の味と姿を楽しんでほしいという発想から生まれた、フルーツを超えたフルーツ菓子ともいわれる逸品です。

岡山産の最高級ブドウ「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を求肥で包んだ「陸乃宝珠(りくのほうじゅ)」が有名ですが、今の時季は、上品な甘みと爽やかな味わいの「梨宝果(なしほうか)」がおすすめ。

宗家 源 吉兆庵

▲上品な香りと食感がたまらない「梨宝果(なしほうか)」(1個 1,350円)

ラ・フランスを丸ごとゼリーで包み込んだ水菓子で、販売期間が短く、毎年9月の約1カ月間しか出回らないレアものです。

2週間以上追熟させたラ・フランスのシロップ漬けは、みずみずしく上品な甘みがあって、香りが爽やか!独特の歯ざわりも楽しめます。ゼリーにも、すりおろした果肉がたくさん入っていて、果実感たっぷり。値は張りますが、パッケージも高級感があり、お世話になった方への手土産にぴったりです。

宗家 源 吉兆庵 銀座本店

住所:東京都中央区銀座7丁目8-9
電話:0120-277-327(9:30~18:00 日曜・年末年始を除く)
営業時間:10:00~21:00 ※土日祝は10:00~19:00
定休日:なし
最寄り駅:銀座




ほうじ茶と黒糖が香ばしい、秋を感じる柿のゼリー/銀座あけぼの

銀座あけぼの

▲店先には魅惑的なお菓子が並び、道行く人が思わず足を止めます。

銀座四丁目の交差点近くにある「銀座あけぼの」は、大福やおかきに定評がある和菓子店。1948年の創業時から確かな味を提供し続けてきました。

店の造りがオープンで、大きなショーケースが通りを歩く人からよく見えるため、銀座店はいつも大勢の人でにぎわっています。気軽に立ち寄れる雰囲気で、1~2個でも買いやすいのが魅力。

秋柿

▲愛媛産の愛宕柿を使った和風ゼリー「秋柿」(1個 324円)

工夫を凝らした季節限定のお菓子も好評。この時季のおすすめは、上質な愛媛産の愛宕柿を使った柿のゼリー「秋柿」。残暑厳しい今の時季に嬉しいさっぱり感がありつつ、黒糖とほうじ茶の香ばしさで秋の訪れが感じられる、季節感たっぷりのスイーツです。

どこか懐かしく心がホッとするような、和の風情あふれる味わいは、男性やお年寄りにも喜んでもらえそう。

秋柿

▲もらった人が思わず笑顔になる、遊び心あるパッケージ。

あまり見かけない柿のゼリーという珍しさと可愛いパッケージが、オトナ女子ならではの気のきいた贈り物にぴったり。

他にも、ココア生地の蒸しカステラにマロンクリームを詰めた「銀座マロン」(11月上旬まで販売予定)など、実りの季節らしい和菓子がいっぱい。ロングセラーの「姫栗もなか」は、10月中旬から11月下旬までは新栗を使う予定です。

銀座あけぼの 銀座本店

住所:東京都中央区銀座5-7-19
電話:03-3571-3640
営業時間:10:00~21:00 ※日・祝は10:00~20:00
定休日:不定休
最寄り駅:銀座、銀座一丁目、東銀座




パッケージがおしゃれ!果実のおいしさ際立つフルーツサンド/銀座千疋屋

銀座千疋屋

▲銀座駅からも有楽町駅からも徒歩5分以内とアクセスが便利。

言わずと知れた高級フルーツ店の老舗、銀座千疋屋。1894年に日本橋の千疋屋総本店からのれん分けされた「銀座千疋屋」は、今年で創業122年目。かつては日本画家の竹久夢二がポスターを手がけ、宮内庁御用達を拝命したこともある由緒正しいお店です。 

銀座千疋屋

▲新鮮なフルーツがずらりと並ぶ店内は、甘い香りが漂っています。

1階のフルーツショップでは、新鮮なくだものと、それらを使ったスイーツやワインを販売。2階と地下1階のフルーツパーラーでは、フルーツパフェなどの他、サンドイッチ等の洋食も楽しめます。

手土産の定番は、銀座千疋屋の高級なくだものを気軽に食べられるフルーツサンド。専門のマイスターが選び抜いたイチゴとマスクメロン、そしてリンゴと黄桃、粗く刻んだ栗を混ぜたクリームを、ふわふわのパンで挟んだロングセラー商品です。

フルーツサンド

▲人気の「フルーツサンド」(1,080円)。パッケージもレトロで可愛い。

甘さ控えめのクリームが、フルーツの爽やかな甘みと酸味を引き立て、リンゴのシャキシャキした食感も楽しめます。さっぱりしていて男性にも好評。やわらかくて食べやすいから、世代を問わず喜ばれます。

見ただけで気分が上がりそうなおしゃれなパッケージも、お土産にうってつけ。もらった相手も思わず笑顔になるはずです。

銀座千疋屋 銀座本店

住所:東京都中央区銀座5-5-1
電話:03-3572-0101
営業時間:フルーツショップ/10:00~20:00 ※日・祝は11:00~18:00
フルーツパーラー2階/11:00~20:00 ※日・祝は11:00~19:00
フルーツパーラー地下1階/11:00~17:30 ※土・日・祝は11:00~18:00
定休日:年末年始
最寄り駅:銀座、有楽町




まるで宝石!デコレーションが圧巻のフルーツタルト/キル フェ ボン

キルフェボン

▲1Fのショップ。シャンデリアの下のショーケースには、宝石のようなタルトが並ぶ

洋菓子店「キル フェ ボン」の看板商品は、果実をふんだんに使ったタルト。グランメゾン銀座には、常時20種類以上のフルーツタルトがそろっています。サクサク軽くてバターの効いたタルト生地に、甘くてみずみずしい旬のフルーツ。このハーモニーが、やみつきのおいしさ。

フルーツは、そのとき最も品質が良くておいしいものを、国内外から厳選して仕入れています。土台の生地も、上に乗せるフルーツやクリームに合わせて変えるというこだわりで、2016年4月には、このタルト生地を使ったクッキー「フォンドタルト」が発売されたほど。

ナガノパープルとクリームチーズのタルト

▲「長野県産 ナガノパープルと“ル ガール”クリームチーズのタルト」(1ピース754円/ホール7,128円)

安定したおいしさで人気の通年商品に加え、見逃せないのが季節限定メニュー。

今が旬の季節商品は、大粒のブドウを使った「長野県産 ナガノパープルと“ル ガール”クリームチーズのタルト」。種がなく皮ごと食べられるナガノパープルは、締まった果肉にたっぷりの果汁、濃厚な甘みと香りが口に広がる、一粒でとても贅沢なブドウ。“ル ガール”のナチュラルクリームチーズを加えたカスタードクリームとの相性が絶妙です。10月15日まで販売。

ル レクチエとミルクティーのタルト

▲グランメゾン銀座でしか買えない「ル レクチエとミルクティーのタルト」(1ピース720円/ホール6,804円)

味に加えて特筆すべきは、丁寧に作り込まれた完成度の高いデコレーション。芸術品のような洗練された美しさに、女性はノックアウトされてしまうはず!

グランメゾン銀座限定の「ル レクチエとミルクティーのタルト」は、エレガントな見た目が手土産にぴったり。キャラメル風味のアーモンドクリームにミルクティーのムースを組み合わせ、“西洋梨の貴婦人”と呼ばれる高級な洋梨「ル レクチエ」をたっぷり使った一品です。こちらは11月末まで販売。

大人気店なので、多少待つことを見越して時間にゆとりを持って行くといいでしょう。

キル フェ ボン グランメゾン銀座

住所:東京都中央区銀座2-5-4 ファサード銀座1F・B1F
電話:03-5159-0605
営業時間:11:00~21:00(shop)/11:00~20:00(cafe)
定休日:元旦
最寄り駅:銀座一丁目




ファンの声で復活したラグジュアリーホテルの味/パティスリー 西洋銀座

パティスリー 西洋銀座

▲お店があるのは、松屋銀座本店の地下食品売り場の一角

ハリウッドスターや政財界の著名人にも愛された「ホテル西洋銀座」が閉館したのは、2013年5月のこと。せめて地下1階にあったケーキショップだけでも残してほしいというファンの声を受けて復活したのが、「パティスリー西洋銀座」です。

売り場は百貨店のインショップに変わりましたが、西洋スタイルの中に日本のきめ細やかさを宿す―そんなホテルの精神は当時のまま。「銀座マカロン」や「西洋カステラ」など、ホテル時代に好評だった商品はそのまま受け継がれ、昔からのファンはもちろん、かつてのホテルを知らない人たちにも支持されています。

和栗マカロン

▲11月10日まで販売予定の「和栗マカロン」(6個入 1,620円)

9月のイチオシは、栗のスイーツ。中でも看板メニュー「銀座マカロン」の秋限定バージョン、「和栗マカロン」は外せません。

和栗のペーストを贅沢に使った風味豊かなバタークリームを、マカロン生地で優しくサンド。薄くて香ばしい生地の、しっかりした歯触りが西洋銀座らしい逸品です。

和栗モンブラン

▲11月中旬まで販売予定の和栗モンブラン(669円)

熊本産和栗クリームと生クリームを合わせた「栗モンブラン」も、秋の定番商品。サクサクしたメレンゲの土台がアクセントになり、繊細な栗の香りと風味が充実した味わいのケーキです。

秋限定商品は、他にもイタリア産のマロンパウダーを使った「ケーク・オ・マロン」などがあるので、贈る相手に合わせて選んでみて。今しか味わえない秋の恵みに、誰もがきっと笑顔になるはずです。

パティスリー 西洋銀座 松屋銀座本店

住所:東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座本店地下1階
電話:03-3567-1211(大代表)
営業時間:10:00~20:00
定休日:松屋銀座に準ずる
最寄り駅:銀座、銀座一丁目




取材・文/佐々木志野

※価格はすべて税込です。
※2016年9月14日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。







同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える