イメージ

リオより熱い夜に!肉食女子をエスコートしたい東京のシュラスコ専門店5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルが話題の2016年、塊肉を豪快に焼き上げるブラジリアンBBQ「シュラスコ」は、肉食女子をデートに誘うのにもってこい。とはいえ、新鮮な野菜やデリが充実していたり、カクテルやワインが選べたり、店の雰囲気がおしゃれだったりと、プラスアルファのポイントも欲しいのが女子というもの。そこで「今夜はお肉が食べた〜い」というリクエストがあった夜に慌てない、女子ウケ抜群のシュラスコ店をご紹介!

Date2016/07/12


Reserva(レゼルヴァ)

ブラジル・リオが話題の2016年夏、塊肉を豪快に焼き上げるブラジリアンBBQ「シュラスコ」は、肉食女子とのデートにもってこい。

とはいえ、新鮮な野菜やデリが充実していたり、クラフトビールやカクテル、ワインなどいろんなお酒が飲めたり、店の雰囲気がおしゃれだったり…と、プラスアルファも欲しいのが女子というもの。

そこで、そんな欲張り女子もスマートにエスコートできる、女子ウケ抜群のシュラスコ店をご紹介!


【銀座】日本のシュラスコ専門店の元祖・バッカーナの新店「Super Bacana」

Super Bacana(スーペル バッカーナ)

▲特製グリルマシンで肉を塊のまま焼き上げるブラジリアンBBQ「シュラスコ」。

1991年に日本に初めてシュラスコを紹介したとされる「Bacana(バッカーナ)」は、一大シュラスコブームを巻き起こした草分け的存在。

その2号店として2016年7月27日(水)、銀座に開業する新商業施設「パズル ギンザ(PUZZLE GINZA)」内にオープンするのが「Super Bacana(スーペル バッカーナ)」だ。

Super Bacana(スーペル バッカーナ)

▲本場仕込みのシュラスケイロによるカッティングパフォーマンスも楽しみのひとつ。

リオから招聘した「シュラスケイロ」と呼ばれるシュラスコ職人が、希少部位を含む12種類のシュラスコと焼きチーズ&焼きパイナップルなど、本場さながらのシュラスコを提供。

ディナーコースはシュラスコとサラダバー、デザートブッフェなど計50種がセットになって5,832円で楽しめる。

Super Bacana(スーペル バッカーナ)

▲夏にぴったりの「カイピレ」各1,100円。パイナップル、ココナッツ、マンゴーの3種類。

カクテル好きの女子におすすめしたいのは「カイピリーニャ」のアレンジバージョン「カイピレ」。カイピリーニャといえば蒸留酒「カシャッサ」にライムを加えたブラジル定番のカクテル。そのカイピリーニャにライム以外のフルーツを使ったカクテル「カイフルッタ」に、「ピコレ」と呼ばれるアイスバーを入れたカクテルが「カイピレ」だ。アイスバー入りでひんやり、ビジュアルもかわいい一杯は女子ウケも抜群。

ホットなシュラスコディナーの〆に、こんなクールなカクテルをさり気なくオーダーできれば“デキる男”の称号もほしいままだ。

Super Bacana(スーペル バッカーナ) ※2016年7月27日(水)オープン
住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE銀座10F
TEL:03-6264-4968
営業時間:11:30~15:00(土日祝は15:30まで)、17:30~23:00(日祝は17:00~22:00)
定休日:無休
最寄り駅:銀座一丁目





【六本木】大人のムード漂う洗練された空間「RIO GRANDE GRILL六本木」

RIO GRANDE GRILL(リオ グランデ グリル)六本木

▲きらびやかな電飾がスタイリッシュな空間を演出するおしゃれなシュラスコ店。

六本木駅から徒歩2分とアクセス抜群のロケーションに店を構える「RIO GRANDE GRILL六本木」は、ビュッフェカウンターとオープンキッチンがインパクトのあるお店。“グラマラス”をイメージしたおしゃれな店内は、デートにもぴったりの空間だ。

RIO GRANDE GRILL(リオ グランデ グリル)六本木

▲厳選の食材を専用オーブンでじっくり焼き上げる。

シュラスコ店では珍しい黒毛和牛やエビなどの海鮮も含め、常時15種類前後の食材をBBQメニューで楽しめるのがこちらのお店の特徴。そのほか、牛肉を煮込んだブラジルの定番食のフェイジョアーダや、新鮮な野菜など約50種のブッフェが食べ放題になるディナーコースを5,292円で提供。

RIO GRANDE GRILL(リオ グランデ グリル)六本木

▲約50種の野菜がそろうサラダバー。たっぷり野菜が採れるのも女子にはうれしいポイント。

お酒好きな女子を誘うなら、ブラジルの夏の定番カクテル、カイピリーニャやバチーダが飲めるドリンク飲み放題のプレミアムコース(3,240円)を付けるのもおすすめ。

春から秋にかけては広いテラス席で、キンキンに冷えたビールとシュラスコを楽しみながら、肉食女子との熱い夜を過ごしてみては?

RIO GRANDE GRILL(リオ グランデ グリル)六本木

▲エントランス前には50席ものテラス席が。風を感じる心地いい空間でシュラスコを味わおう。

RIO GRANDE GRILL(リオ グランデ グリル)六本木
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル1F
TEL:03-5413-5851
営業時間:11:30~15:00(土日祝・祝前日は15:30まで)、18:00~23:00(土・祝前は17:30~、日祝は17:00 ~22:30)
定休日:不定休
最寄り駅:六本木





【池袋】「TUCANO'S 池袋店」でシュラスコの起源「ガウチョスタイル」を堪能!

TUCANO'S(トゥッカーノ) 池袋店

▲焼きあがった串を目の前でサーブ。熱々ジューシーな肉を味わえる。

2014年に開業した商業施設『WACCA池袋』にある「TUCANO'S 池袋店」。こちらのお店では、“フォーゴ ジ ション(大地の火)”の周りで肉を回しながら豪快に焼いて食べるという、ブラジルのカウボーイ“ガウショ”スタイルのシュラスコを提供。

シュラスコの種類は、ピッカーニャ(イチボ)やアルカトラ(トップサーロイン)など牛肉のほか、鶏やラム、ブラジル風ソーセージなど約14種をラインナップ。さらに30種類以上のサラダや肉料理、デザートなどがセットになったディナーブッフェが4,500円で味わえる。

TUCANO'S(トゥッカーノ) 池袋店

▲生ギターによるボサノバライブは毎日開催。心地よい音色でムードも抜群。

カイピリーニャを始め、50種のカクテルやスパークリングワインなどを選べる「ブラジリアン飲み放題コース」(7500円)には、南米のスーパーフルーツ、アサイーのジュースも用意。お肉ばかりでなく、美容にも気を遣う女子も喜ぶこと間違いなしだ。

また、毎日開催されるボサノバライブや、熱気に溢れるサンバショー(開催日は要問い合わせ)もシュラスコデートを盛り上げてくれる。

TUCANO'S(トゥッカーノ) 池袋店
住所:東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 5F
TEL:03-5944-9829
営業時間:11:00〜14:00、17:30~21:30(土日祝は17:00~)
定休日:無休
最寄り駅:池袋





【渋谷】ドラフトビール8種類!飲み放題充実の「GOCCHI BATTA 渋谷道玄坂」

GOCCHI BATTA(ゴッチ バッタ) 渋谷道玄坂

▲希少部位のイチボ(牛のお尻)をじっくり焼いたピッカーニャなど15種をシュラスコで提供。

渋谷駅から徒歩3分の「GOCCHI BATTA 渋谷道玄坂」は、スタイリッシュなバーカウンターと最大240名まで収容可能な広い店内が目を引く新感覚のシュラスコ店。

店内で楽しめるのは、15種を用意するシュラスコはもちろん、長野県から仕入れる新鮮なブラジル野菜が常時30種ほど並ぶサラダバー。

さらに注目したいのは、8種類そろうドラフトビールのラインナップ。スーパードライをはじめとしたプレミアム生ビールのほか、レーベンブロイやバスペールエールなど海外の樽生ビールも楽しめるのは、シュラスコ店では貴重。

GOCCHI BATTA(ゴッチ バッタ) 渋谷道玄坂

▲麦芽100%のドイツビール「レーベンブロイ」をはじめ、国内外のビールタップがずらり。

シュラスコとブッフェの食べ放題、生ビールとカクテル飲み放題がついて、2時間6,000円のコスパもうれしいかぎり。毎月2日〜9日の1週間は「29WEEK」と銘打って、食べ飲み放題コースが時間無制限で5,000円とさらに狙い目だ。

ビールと相性抜群のシュラスコ料理だけに、いろんな種類が楽しめるのは見逃せないポイント。ビール好きな肉食女子を誘うなら、ここしかない!

GOCCHI BATTA(ゴッチ バッタ) 渋谷道玄坂
住所:東京都渋谷区道玄坂2-8-1 大和田ビル2F
TEL:03-3496-1010
営業時間:12:00~15:30、17:00~23:00(平日はディナーのみ)
     ※7月〜8月31日までは23:30まで営業時間延長
定休日:不定休
最寄り駅:渋谷





【青山】目の前で焼かれるシュラスコに肉食女子も歓喜!「Barbacoa 青山本店」

Barbacoa(バルバッコア) 青山店

▲牛肉、豚や鶏、野菜など約15種のシュラスコを提供。

日本国内で丸の内、六本木、高輪など8店舗を展開しているシュラスコ専門店「Barbacoa(バルバッコア)」。

こちらで味わえるのは、上質なブラックアンガス牛のチョイスグレードの肉を中心とした約15種のシュラスコに加え、サラダバーではパルミット(ヤシの新芽)、マンディオッカ(タピオカの原料になる芋)などのブラジル食材、豆と豚肉、牛肉を煮込むブラジルの国民食「フェジョアーダ」やブラジル風海鮮シチュー「ムケッカ」などのデリ40種以上。シュラスコとサラダバーがセットになったディナーは5,832円で楽しむことができる。

Barbacoa(バルバッコア) 青山店

▲牛肉は主に、霜降りと赤身のバランスが絶妙な「ブラックアンガス牛」を使用。

ドリンクはブラジルから輸入するボトルビールのほか、ブラジルの代表的なお酒「ピンガ」を使ったカクテルなど、バラエティ豊かな品ぞろえ。飲み放題もスタンダードコース2,376円から3種類用意されているので、お酒のグレードに合わせてチョイスしたい。

オープンキッチンで、シュラスコが焼き上がる様子を楽しめるのも、食欲をそそるはず。また、バルバッコア青山本店ではカウンター席も設けられるので、“肉デート”は距離感が縮まるカウンターを予約しておくのがおすすめだ。

Barbacoa(バルバッコア) 青山本店
住所:東京都渋谷区神宮前4-3-2
TEL:03-3796-0571
営業時間:11:00~15:00(土日祝は16:00まで)、17:30〜23:00(日祝は22:00まで)
定休日:無休
最寄り駅:表参道



<まとめ>

サンバのリズムをBGMに、豪快に肉にかぶりつきたいシュラスコ・ナイト。ワイルドだけど、さりげない女子ウケのポイントも事前にチェックしてエスコートすれば、リオより熱い肉食女子との情熱的な夜が待っているかも!?



ライター・菅原ミホ+都恋堂

※2016年7月の情報です。メニュー、価格等は変更になる場合があります。
※表示価格は全て税込み価格です。


同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える