日帰り温泉・グループ(大人数/宴会)のスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

東大温泉サークル一押し! 都内から日帰りで行ける「奥多摩極楽温泉巡り」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!東大温泉サークルOKR(おける)です!温泉ソムリエで入浴指導員の代表と温泉ソムリエ4を含む60人のメンバーで、東京近郊の温泉巡りをするほか、テレビやラジオ、Webメディア等を通じて温泉の素晴らしさを発信する、“温泉と真剣に向き合う”サークルです。

投稿日:2016/06/27

こんにちは!東大温泉サークルOKR(おける)です!温泉ソムリエで入浴指導員の代表と温泉ソムリエ4を含む60人のメンバーで、東京近郊の温泉巡りをするほか、テレビやラジオ、Webメディア等を通じて温泉の素晴らしさを発信する、“温泉と真剣に向き合う”サークルです。

そんな私たちが今回訪れたのは、東京でも有数の温泉数を誇る奥多摩。レンタカーを借りワイワイはしゃぎながら極楽温泉を巡ってきました。スケジュールと行き先は以下のようなプランです。

8:00 立川駅集合
9:30 数馬の湯朝風呂
13:00 丹三郎で昼食
15:00 払沢の滝
16:30 瀬音の湯
18:00 立川駅帰着

それでは行ってみましょう!


【9:30】まずは朝風呂!山に囲まれた「数馬の湯」でリラックス♪

▲まだ見ぬ温泉に心を踊らせる部員たち(笑)


集合は奥多摩方面への玄関口、立川駅です。レンタカーを借りていざ出発! しばらく走り武蔵五日市駅を過ぎると、段々と山深くなっていきます。


▲午前10時から開いているので、遅めの朝風呂にはもってこいの温泉。


立川駅から1時間、最初に訪れたのは『数馬の湯』。四方を山に囲まれリラックスするには最高なロケーション。入り口には地元産の有機野菜や手作りの木工品などが並び、入浴前から楽しめます。


▲採れたて新鮮な地元野菜



▲豊かな緑に囲まれ、大自然を感じられる露天風呂。



肝心の温泉は、アルカリ性単純温泉のやさしい泉質。魅力は何といっても露天風呂で、新鮮な空気を吸いながら都心の喧騒を忘れてリラックスできます。打たせ湯やつぼ湯、ジャグジーやサウナもある充実の施設に移動移動の疲れもすっきり解消できました!

数馬の湯

住所:東京都西多摩郡檜原村2430
営業時間:平日 10:00~19:00 土日祝日 10:00~20:00
定休日:月曜日 ※ただし月曜日が祝日の場合は、翌日が休館日


【13:00】うどん、そば「丹三郎」で手打ちうどんに舌鼓。

▲300年以上前に建てられた趣のある旧家。


▲非の打ち所がないが無いほどの美味しさ。

朝一から温泉に入ってすっきり爽快気分のまま、お昼御飯へ!今回私達が訪れたのはそば処『丹三郎』。やや透き通ったうどんは、絶妙な弾力で美味でした。純和風の店内も落ち着いた雰囲気が最高なので、奥多摩に来たら是非訪れてみてください。


そば、うどん丹三郎

住所:東京都西多摩郡多摩町丹三郎260
営業時間:(ランチ)11:30~15:00 ※仕込み分売り切れ次第終了
定休日:毎月1日、11日、21日、31日(1のつく日)


【15:00】払沢の滝で心もリフレッシュ!

▲緩やかな山道を登っていくと美しい滝が!


温泉旅行ついでに森林浴は如何でしょうか。私達が訪れたのは払沢の滝。東京の滝だと侮ることなかれ、エメラルドグリーンの滝壺と豊かな自然が織りなす景観に感動すること間違いなしです。


【16:30】旅のシメもやっぱり温泉! 瀬音の湯で源泉かけ流しの美肌の湯を堪能

▲瀬音の湯は大きな旗が目印


最後は瀬音の湯です。到着した時にはちょうど陽が落ち、建物全体がとても良い雰囲気になっていました。2007年にオープンした館内はとても綺麗で、木を基調とした建物が心を落ち着かせてくれます。


▲夕闇に浮かぶ木造の建物は、幻想的な美しさ。


温泉はアルカリ性で肌がつるつるとする「美肌の湯」。内湯は源泉掛け流しです。露天風呂は森に囲まれていて、夜には星も楽しめます。



▲露天風呂からは渓谷が見られます。紅葉の綺麗な秋に行くのがオススメ!


▲内湯は高い天井とガラス張りの造で、開放感バツグン!


また、秋には渓谷の紅葉を眺めながら温泉を楽しめます。お食事処や休憩所からも秋川渓谷の森が見え、終始リラックスできる瀬音の湯は、旅の最後にふさわしい温泉でした。


秋川渓谷 瀬音の湯

住所:東京都あきる野市乙津565
営業時間:10:00~22:00
定休日:3月、6月、9月、12月の第2水曜日と不定休。


まとめ

▲秘湯に入れずうなだれる部員(笑)


自然、グルメ、そして温泉をとことん味わえる奥多摩は、日帰り旅行にぴったりです。今回、私たちは入浴できませんでしたが(泣)、東京都で唯一秘湯に登録されている『蛇の湯温泉』も奥多摩の名湯の一つで、東京では珍しい硫黄系のお湯を楽しめます。不定休のため、行く前に営業を確認すると確実です!

今回のコースは1日あれば十分回れるので、休日に家族やお友達と名湯、秘湯の宝庫である奥多摩へ是非足を運んでみてください!




※2016年6月時点の情報です。



プロフィール

2015年8月設立の「温泉と真剣に向き合う」サークル。普段は月2回ほど東京近郊の温泉を巡り、メディア等を通じて温泉の魅力を発信する活動も行っている。代表は温泉ソムリエ。

Curator/ 投稿者プロフィール

2015年8月設立の「温泉と真剣に向き合う」サークル。普段は月2回ほど東京近郊の温泉を巡り、メディア等を通じて温泉の魅力を発信する活動も行っている。代表は温泉ソムリエ。

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える