住宅街の中に真っ白な外壁が目を引くお菓子屋さんが一軒。 扉を開けると一瞬にして甘い香りに包まれ、ま...

Date2016/06/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅街の中に真っ白な外壁が目を引くお菓子屋さんが一軒。  扉を開けると一瞬にして甘い香りに包まれ、ま

住宅街の中に真っ白な外壁が目を引くお菓子屋さんが一軒。

扉を開けると一瞬にして甘い香りに包まれ、まるで別世界のよう!

今日はOCTOBRE(オクトーブル)さんに行ってきました。

店内を見渡して、もちろん生菓子も魅力的だったのですが、持ち帰りに時間がかかりそうだったので今日はパイを。

「ショーソン」という名前が付けられたこちらのお菓子は、フランス語で「スリッパ」という意味。似ているからという理由のようですが、お菓子にスリッパの名前をつけるなんて面白いですよね。

ショーソンはパイ生地を2つに折りたたんで、中にフィリングを詰めたもので、お店によって入るものが異なることもあります。

今回、オクトーブルさんではリンゴが入ったものが販売されていました!

パイ生地はサクッと軽さもありつつ、何層にも重なる層の重みもあり、生地だけでも楽しめるのでは、と思ってしまうほど焼き加減も抜群。

詰められたリンゴは程よい酸味もあり、またソテーすることによって生まれたじんわりと広がる甘みが心落ち着く味わいです。

ぜひ今度は生菓子もいただいてみようと思います!

今回紹介したスポット

オクトーブル

  • 東京都世田谷区太子堂3丁目23−9

場所西太子堂

同じエリアの人気記事

プロフィール

製菓専門学校卒業、パティスリーの経験を経て現在、一般社団法人日本スイーツ協会が主催する資格「スイーツコンシェルジュ アドバンス」を取得。自身の経験や感覚を生かした執筆、制作、レシピ提供を行っている。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える