イメージ

森林浴レベルの清涼感!「雪ノ下銀座」“オトナ”の抹茶かき氷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徹夜明けの癒しをグルメに求める番組制作会社のディレクター・マツイミチコが、素敵なおでかけ先をご紹介!
今回はパンケーキとかき氷が看板の「雪ノ下銀座」さんに行ってきました。

投稿日:2016/06/20

徹夜明けの癒しをグルメに求める番組制作会社のディレクター、マツイミチコです。
梅雨のジメッとしたこの時期。いまいちスッキリしない方も多いのではないでしょうか?

私の場合、不規則な仕事柄、万年スッキリしない日々ではありますが、このシーズンはとくに身も心も湿気を帯びて一層重く感じられるような…。
今回は、そんな私の心と体をシャキーーンと目覚めさせてくれた衝撃のスイーツをご紹介します。梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばすこと間違いナシ!

パンケーキとかき氷が看板の 大阪の名店「雪ノ下」。
東京一号店となる「雪ノ下銀座」は2013年11月にオープン。
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩5分ほど、トマトのイラストが目印の「トマトハウス」の3Fにあります。

銀座に誕生して以来、いまだに週末は行列必至!
とくにこれから暑くなるシーズンは、かき氷を求める人々が殺到、平日でも混雑を極める人気を誇ります。

熱心なリピーターが多いことでも知られる「雪ノ下」。
その理由は「旬」があるから。
素材と産地に徹底的にこだわったパンケーキとかき氷は季節ごとに変わり、中には提供が1ヶ月を切るというレアなフレーバーも。
“今しか食べられない”限定味を求めて、足しげく通ってしまう人が多いのだそう。

ちなみに6月の最旬メニューは静岡産の完熟ブルーベリーをたっぷり使った「静岡ブルーベリー氷」(900円)。

こだわりの牛乳を凍らせたミルク感たっぷりのふわふわ氷に、ゴロゴロの果肉たっぷりのブルーベリーソースが爽やか!

6月上旬から約1ヶ月の販売なので気になる方はお早めに。

季節を届ける旬の味も見逃せないのですが、年中提供されている定番モノはまさに至高の一品といえるものばかり!
中でも「京都宇治抹茶氷」(741円)は他店の抹茶のかき氷とは見た目も味も一線を画す、究極の抹茶スイーツ。

目の冷めるようなまぶしい濃い緑!そして押し寄せる清々しい香り!
まるで深い森の中に迷い込んだような…そんな錯覚に陥る清涼感。
眠気が吹き飛ぶだけでなく、森林浴のような癒しまでもたらしてくれます。

いわゆる抹茶シロップをかけた抹茶のかき氷ではなく、抹茶を氷に仕立ててそれを削ったもの。つまり氷自体がすでに抹茶なんです。
しかもこの宇治抹茶は「雪ノ下」のためだけに作られたオリジナルというこだわりよう。

舌に乗せると、ふわっと儚げに溶けると同時に、抹茶の濃厚さが鮮烈に駆け抜けます。
ひるむほどのキレのある苦味と渋みが到来!
かき氷=甘い、という概念を爽やかに覆す衝撃体験!

とはいえ、あくまでもこれは“スイーツ”。
ホッとさせてくれる甘さだってちゃんと用意されているのでご安心ください。
トッピングは丁寧に店内で仕込んだ小豆、そして練乳。
さらに中には粒あんと練乳のかき氷が閉じ込められていて、苦みばしった抹茶氷とバランスよくあわせて食べれば
抹茶ミルクのような優しい味わいにと柔軟に変化してくれます。



【まとめ】

抹茶に慣れている日本人でもちょっと驚くような濃縮感ではあるものの、一度これを食べてしまうと他店の「抹茶のかき氷」が物足りなく感じられてしまう、罪深い一杯。
抹茶の魅力をつきつめたらこうなった、というお店の“本気”に思わず背筋もピーンと伸びます。
癒しと衝撃を与えてくれるスリリングなオトナの清涼感、ダレ気味の毎日に喝を入れたいときに是非。
またこれからの夏バテ時にも効果を発揮してくれそうです。

本格的な夏に向かってますます人気が高まる「雪ノ下銀座」。
週末は午前中から行列ができることもあるのでおススメは平日。
お昼過ぎ~夕方前は比較的待ち時間も短めです。


※商品情報や価格は2016年6月時点の情報です。


今回紹介したスポット

雪ノ下銀座

TEL.070-5517-9506

  • 東京都中央区銀座 1-20-10トマトハウス3階
  • 平日 : 11:00〜21:00(LO20:30) 土日・祝日 :10:00〜19:00(LO18:30)
  • 定休日:月曜日(祝祭日は営業、翌日お休み)・臨時休業あり

場所宝町

マツイ ミチコさん

マツイ ミチコさん

東京在住16年

プロフィール

番組制作会社ディレクター。徹夜明けの疲れきった心を癒してくれるのは銀座のきらめくスイーツだけ! 仕事柄差し入れをすることも多く、手土産にふさわしいお菓子のチェックも欠かせません。

Curator/ 投稿者プロフィール

番組制作会社ディレクター。徹夜明けの疲れきった心を癒してくれるのは銀座のきらめくスイーツだけ! 仕事柄差し入れをすることも多く、手土産にふさわしいお菓子のチェックも欠かせません。

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える