イメージ

パパへ世界にひとつのプレゼントを!親子でおしゃれなアイシングクッキー作り♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんばっているパパへスペシャルなプレゼントがしたいという人にオススメなのが、親子で作るアイシングクッキー。おいしくってグッドルッキング、しかも気持ちがギュッと詰まったスイートなクッキーは、パパへのプレゼントに最適!子供もお絵かき感覚でできるので夢中に。そんな親子で参加できる、とっておきのワークショップをご紹介します!

Date2016/06/16


タンデコロリ19

がんばっているパパへスペシャルなプレゼントがしたいという人にオススメなのが、親子で作るアイシングクッキー。おいしくってグッドルッキング、しかも気持ちがギュッと詰まったスイートなクッキーは、パパへのプレゼントに最適!子供もお絵かき感覚でできるので夢中に。

そんな親子で参加できる、とっておきのワークショップをご紹介します!


乙女心をくすぐるスイーツショップ『タンデコロリ』へ!

代々木公園駅からほど近い『タンデコロリ』は、デコレーションスイーツと焼菓子が話題の店。少々分かりにくい立地ながら、お店のかわいらしい雰囲気と確かな味がスイーツ好きの足を引き付けています。

ワークショップはアイシングクッキーやカップケーキなどテーマを変えて毎月開催。スイーツデコレーターのたけもとあやさんが、小さな子供にも優しく丁寧にレクチャーしてくれるから安心です。

タンデコロリ5

▲どんなデザインにしようか、思案中。パパのためだから真剣ですよ!

今回のワークショップでは、あらかじめ焼かれたクッキー、アイシングの材料、作業に使う道具、レシピのメモが人数分用意されていたので、エプロンなどの持ち物だけで気軽に参加できました。

親子クッキングやスイーツ作りは準備に時間がかかることも多いので、これはうれしい!ハサミを使う作業はママがちょっぴりお手伝い。

タンデコロリ1"

▲タンデコロリ主宰のたけもとあやさん

タンデコロリ2

▲メガネ、シャツ、ビールの形のクッキー




まずはカラーアイシング作りからスタート!

タンデコロリ3"

▲初めてのアイシングに興味シンシン!

タンデコロリ4

▲アイシングに着色し好きな色を作ります


基本のロイヤルアイシングとは、卵白と粉砂糖に、水やレモン果汁を加えてペースト状にしたもの。テクスチャーはホイップクリームよりも固く、きちんとラップしておけば冷蔵庫で1週間保存が可能だとか。

このワークショップでは、卵白、粉砂糖、レモン果汁をハンドミキサーでツノが立つくらいまで混ぜたアイシングが用意されています。しかも自分で作る際の注意点や保存方法もレクチャーしてくれるから、おうちでトライするときも心強いんです。

タンデコロリ6"

タンデコロリ7

アイシングにフードカラーと呼ばれる着色料を数滴落とし、カラーアイシングを作ります。真っ白なアイシングをカラフルに染めていく作業は、まるで楽しい工作のようで、子供にとってワクワク感いっぱい♪5歳の娘もさっそく夢中です。

色ムラができないようによく混ぜるには意外と力が必要なので、親子で協力しながら混ぜてみて。

タンデコロリ8"

タンデコロリ9

できあがったカラーアイシングはスプーンですくって、コルネという絞り袋に詰め、三角の形になるように上部を折ってテープで留めます。

残ったカラーアイシングに水を少しずつ加えながら混ぜ、トロトロの柔らかい状態にしたものも作成。柔らかいほうのカラーアイシングもコルネに同じように詰め、各色の固めと柔らかめ、2種類のアイシングを作っておきます。




次にラインや文字を書くアイシングの基本を学びます

タンデコロリ10"

▲クッキーに描く前に紙の上で練習。真剣!

タンデコロリ11

▲均一なラインを書くのは大人でも難しい


本番の前にアイシングで描く練習。コルネの先を切ってアイシングを出し、見本の絵柄の上からなぞってみます。簡単そうに見えて、細かい文字や波線はやっぱり難しい!線やイラストを描くときのコツを、先生が実践しながらじっくりと教えてくれます。




いざデコレーション!どんなデザインになるかな?

タンデコロリ13"

▲先生のお手本。これだけでもうかわいい♪

タンデコロリ15

▲何色にするか迷う母を尻目にどんどん描く!


クッキーを固いアイシングで縁取り、枠の中を柔らかいアイシングで埋めていくと、垂れずに輪郭がキレイに仕上がるそう。ただイラストを描くのではない、プロならではのテクニックに感心。

とは言っても絶対こうしなきゃ、というルールは無いので、自由な発想でカラフルなアイシングをのせていきます。


タンデコロリ12"

タンデコロリ14

キラキラのアラザンや色々な形の砂糖菓子をデコレーションに使ってもOK。「どのアイテムをトッピングしようかな~」と考える時間が、また楽しいんです。



タンデコロリ16

▲メッセージを考えながら書き込む娘。なんて書くのかな?

パパへのメッセージはフードペンで。食用のインクを使用したペンなら、アイシングに慣れない子供でも、お絵かきする感覚でクッキーに文字入れができます。こういった便利アイテムが用意されているのも、ワークショップならではの心遣い。



タンデコロリ17"

タンデコロリ18

シャツ型クッキーにはネクタイの飾りをあしらいます。併設された工房で作ってくれた、希望の色柄のシュガーペーストをネクタイの形にカット。
ポケットを付けたり、イニシャルを入れてみたり、と自分なりの工夫をプラスすると完成がもっと楽しみに♪




乾燥させてできあがり!思った以上の仕上がりに感動~!!

タンデコロリ19

▲左が娘、右が私のクッキー。用意してくれたラッピングBOXに入れて完成!

ビールジョッキ、メガネ、シャツ、メッセージ。パパに贈る計4アイテムのアイシングクッキーが完成♡最初はどうなることかと思ったけれど、とってもかわいくできました!

タンデコロリ20"

タンデコロリ21

こちらは他の参加者の方たちのクッキー。今回のワークショップは、5名の方々と一緒に参加させてもらったのですが、同じ材料を使っても、こんなに違うデザインが生まれることに驚き!

どのクッキーもかわいくておしゃれで個性が出ていますよね。




<まとめ>初めてのアイシングクッキー作りに親子で大満足!

タンデコロリ23

できあがったクッキーをひと足お先にプレゼントしたら、パパの目には、うっすらと涙が(笑)。味も優しい甘さで好評♡

「パパを喜ばせたい!」という目的のおかげで、普段のスイーツ作りより、何倍も考えて何倍も楽しかった『タンデコロリ』のワークショップ。オシャレなクッキーを準備無しで作ることができる手軽さはもちろん、他の参加者の方とデザインを見せ合って楽しさを共有できるのもワークショップの醍醐味。

父の日はもちろん、お誕生日にも。ぜひ、オンリーワンのクッキーをプレゼントしてみてはいかがですか?




タンデコロリ24

temps des coloris(タンデコロリ)

住所:東京都渋谷区元代々木町2-4 HRCビル1F(B1F)
電話:03-6804-8638
営業:11:00~19:00(金土日のみ営業)

※ワークショップはHPか店頭にて要予約
★父の日以外にもいろんなテーマでワークショップを開催中。詳しくはお店のHPをチェックして。 ⇒ スポット詳細はこちら

撮影/片岡 祥 取材・文/野田比都美

※2016年6月16日の情報です。メニュー、価格等は変更になる場合があります。

※表示価格は全て税込み価格です。

同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える