イメージ

いい女の贅沢はホテルでシュワ~!KRUG×シャンパン・バーが限定登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

溜池山王のANAインターコンチネンタルホテル東京の「シャンパン・バー」が、期間限定でKRUGにフォーカスして展開。そのオープニングイベントにレッツ編集部が潜入! オトナ女子が憧れる非日常の要素が満載でした!

Date2016/06/03

KRUG

▲KRUGのシャンパーニュ。オトナ女子にふさわしい一級品です。

2016年6月1日から2017年5月31日まで、溜池山王のANAインターコンチネンタルホテル東京の「シャンパン・バー」が、日本初となる「KRUG(クリュッグ)」ブランドにフォーカスしたシャンパン・バーとして展開。

KRUGといえば、1843年の創業以来、最高品質のシャンパーニュを造り続け、名実とともにシャンパーニュ・メゾンの最高峰に君臨。インテリジェンスなオトナ女子なら、押さえておきたいブランドです。

KRUG

▲テープカットも行われ、会場は盛大な拍手で包まれました。

オープン初日の6月1日に開かれたオープニングイベントでは、KRUGの6代目当主、オリヴィエ・クリュッグ氏が緊急来日!
「私のキャリアがスタートした20年前、日本に訪れた時の定宿がインターコンチネンタルホテルでした。そんな思い出のある場所で、シャンパン・バーをオープンできるなんて夢のようです」と感動の気持ちを述べました。

KRUG

▲これからの季節にもぴったりのシュワシュワ! 気分も上がります!

ちなみにKRUGのシャンパーニュをいただくのは人生初めてのレッツ編集部。グラス1杯4,900円(!)の味わいは、「単一ヴィンテージでは表現しきれない、独特の芳醇な味」と言われるように、とても贅沢なものでした…!
シックでモダンな雰囲気のバーで、KRUGを一杯。そんな最高に贅沢な時間を自分のご褒美にするオトナ女子、かっこいいですよね!

KRUG

▲上質だけれど肩肘張らない雰囲気だから、女子同士でも一人でも訪れやすい♪

KRUG

▲当日は、食ツウの本谷亜紀さんと、ブッフェ・フレンチガイドの東龍さんも来場。生演奏もあり華やかな一夜に。

また、“KRUG Studio”のコンセプトで展開する独自のサービスもあり。
KRUGのiPadを使って各ボトルに合わせた音楽とともにシャンパーニュを味わう「KRUG ミュージックペアリング」や、各ボトルに記されているiDをKRUGのWEBサイトやアプリのページに入力すると、収穫にまつわるストーリーなど様々な情報が得られます。

平均以上の非日常を体験できる、KRUGのシャンパン・バー。半歩先行くスタイルのあるオトナ女子におすすめですよ!

ANAインターコンチネンタルホテル東京
住所:東京都港区赤坂1-12-33
TEL:03-3505-1111
期間:2016年6月1日~2017年5月31日
営業時間:月~土11:30~23:00、日祝11:30~20:00
最寄り駅:溜池山王、六本木一丁目
→スポット詳細はこちら



※2016年6月2日時点の情報です。情報、内容等は変更になる場合があります。




同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える