日帰り温泉・仕事帰りのスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

東大温泉サークル厳選! 湯治場のような露天風呂に魅せられる下町温泉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!東大温泉サークルOKR(おける)です!温泉ソムリエの代表と50人のメンバーで、東京近郊の温泉巡りをするほか、テレビやWebメディア等を通じて温泉の素晴らしさを発信する、“温泉と真剣に向き合う”サークルです。今回は、都内にあるとは思えない非日常を味わえると評判の『大谷田温泉 明神の湯』をご紹介します。他には無い雰囲気、泉質、食事を楽しめます。

投稿日:2016/05/30

こんにちは!東大温泉サークルOKR(おける)です!温泉ソムリエの代表と50人のメンバーで、東京近郊の温泉巡りをするほか、テレビやWebメディア等を通じて温泉の素晴らしさを発信する、“温泉と真剣に向き合う”サークルです。

今回は、都内にあるとは思えない非日常を味わえると評判の『大谷田温泉 明神の湯』をご紹介します。他には無い雰囲気、泉質、食事を楽しめます。


JR亀有駅からバスで10分!気軽に行けるロケーション

▲豊かな緑に囲まれた落ち着いた雰囲気の外観


亀有駅からバスで10分乗ると見えてくるレトロな建物が『大谷田温泉 明神の湯』。東京都内に居る事を忘れそうになる抜群の雰囲気が特徴。門をくぐった瞬間からどこか懐かしい、非日常世界に足を踏み入れたよう気分になります。


▲旅館のような趣の入り口はまだ見ぬ温泉への期待を膨らませます。


施設内は都心に居る事を忘れさせるような、まるで湯治場のような雰囲気です。


▲香りの良い「ひば」をふんだんに用いた内湯



ほんのり優しい照明やひばの木の浴槽、石で囲われた露天風呂が湯治場のような雰囲気を醸し出しています。浴場も広く東京にいる事を忘れてしまうほどリラックスできます。


▲日本庭園のような造りの外湯は都会の喧騒を忘れさせてくれます。


2種類のサウナや露天のひのき風呂など様々な風呂があるのもポイント。照明が映える夕方以降に行くのがオススメ!



美肌&ポカポカ効果が感じられる濃厚な泉質

この温泉は塩化物泉といって塩分を多く含む泉質です。塩化物泉の温泉は肌を塩分のベールで覆い、保温や保湿にもよいとされていて、「最近冷えやすい」という人や「乾燥肌が気になる」といった人には特に嬉しい泉質です。


▲源泉を使用した低温ミストサウナでお肌ツルツルに!


また、塩化物泉は筋肉痛や傷にも効果があると言われています。特にこの温泉は、塩分の濃度が高くしょっぱいので、塩分を含んだ泉質を実感しやすいかもしれません。


▲お湯と水2種類の掛け湯、水の掛け湯はサウナ後に嬉しい。



たったの+300円!美味しい食事つき“得々プラン”(※平日限定)やうたたね処も♪

▲料理も多彩でお腹も満足するメニューが揃います


温泉だけでなく、ご飯がお手軽なのが明神の湯の良いところ。さらにお得なのが、通常の入湯料900円に+300円の1200円でマグロの山かけ定食など約10種の中からお好きな食事が選べる、コスパ抜群の“得々プラン”が用意されています。

さらに、OKR(おける)の一押しポイントが“うたたね処”(無料)。

温泉には入ると心地よい眠気を催しませんか?そんな時、日帰り温泉だとそのままお布団にダイブできませんよね(笑)。また、その後の車の運転や電車での帰宅の為に、しっかり体を休めたいもの。

そんな時、断然オススメなのが“うたたね処”!ほんのり暗いので心地よく仮眠をとれます。また、女性専用スペースもあり安心です。是非、利用してみてください!


まとめ

『明神の湯』は昔ながらの雰囲気を味わえる都内でも数少ない温泉です。また、温泉成分も濃く、温泉の良さを申し分なく体感できると思います。

アクセスも良いので仕事帰りや週末に気軽に行けるのもポイント。非日常空間と温泉で心も身体もスッキリ!日頃の疲れをリセットしちゃいましょう。



大谷田温泉 明神の湯

住所:東京都 足立区 大谷田1-18-1
営業時間:10:00~24:00(最終入館23:00)
定休日:年中無休
最寄駅:亀有



※2016年5月時点の情報です。



プロフィール

2015年8月設立の「温泉と真剣に向き合う」サークル。普段は月2回ほど東京近郊の温泉を巡り、メディア等を通じて温泉の魅力を発信する活動も行っている。代表は温泉ソムリエ。

Curator/ 投稿者プロフィール

2015年8月設立の「温泉と真剣に向き合う」サークル。普段は月2回ほど東京近郊の温泉を巡り、メディア等を通じて温泉の魅力を発信する活動も行っている。代表は温泉ソムリエ。

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える