グルメニュースのスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。

ドーナッツをめぐる諸問題。 クロナッツ? ドーサン? クロドー? 伊勢丹ニューヨーク展のChikaL...

Date2016/05/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドーナッツをめぐる諸問題。 クロナッツ? ドーサン? クロドー? 伊勢丹ニューヨーク展のChikaL

ドーナッツをめぐる諸問題。
クロナッツ? ドーサン? クロドー?
伊勢丹ニューヨーク展のChikaLicious(チカリシャス)デザートバーで、あらためてもう一度悩む。

つまりは「クロワッサン生地を使ったドーナツをどう呼ぶか問題」なのだけれど、
最初に始めたニューヨークのドミニク・アンセル・ベーカリーが「クロナッツ」と命名して登録商標に。
その人気を受けてロンドンで始めたベーカリーがそれぞれ「クロドー」や「ドーサン」と称した。
あなたはどう呼ぶ?

ドーナッツには未解決の「穴」問題も、謎の深い口を開けて待ち受けている。
シンプルなお菓子が、思いがけず人を考えこませるのはなぜだろう。

ChikaLicious(チカリシャス)ではドーサン呼び。
ニューヨークで活躍する日本人の女性オーナーシェフ、チカ・ティルマンのデザートバーを模して、伊勢丹の催事場にも4席だけの小さなカウンターが出現。
プティフール付きの「ブリュレ&ベリープレート」をいただいた。

ドーサンはブリュレのフレーバー。その上に特製バニラのソルベ。
周囲に3種類のベリーと、キャラメル&ミルクのソース。

ソルベが舌の上で溶けるときにふわんと香ってくるアマレットが、私に「海外のバニラアイイス」を意識させる。
昔、フィレンツェで食べたバニラのジェラートは濃厚にアマレットが香っていて、まだ日本では出会ったことのなかったその風味に、「大人のバニラ!」と強い印象を受けたのだ。
近年は東京でもアマレットの香るバニラアイスによく出会うようになった。

5月30日までの伊勢丹ニューヨーク・ウィークには、ブラウニーとウーピーパイが人気の「BAKED」、セイボリータルトの「What a Tart!」、グルテンフリーのポップコーン「PIPCORN」などが出店。
ニューヨーク生まれのワインやグルメケチャップ、MORRIS KITCHENの手作りシロップも並んでいる。

チカリシャスをはじめ、都内にお店を持つ「ニューヨークの味」も多いが、それらを一度に味わえるのは貴重な機会だ。

私はSTUMPTOWN COFFEE ROASTERSのコーヒー豆を使用するパドラーズコーヒーのラテ(とてもおいしい)を飲むことからスタートして、各ショップで食べたりテイクアウトしたり、それはもう大変なニューヨーク巡りになった。

【伊勢丹新宿店 ニューヨーク展】
5月25日(水)~30日(月) 最終日午後6時終了 
伊勢丹新宿店本館6階=催物場

今回紹介したスポット

伊勢丹新宿店

TEL.03-3352-1111

  • 東京都新宿区新宿3-14-1
  • 10:30~20:00 ※季節により変更のある場合がございます。
  • 不定休

場所新宿三丁目(徒歩1分)

女子力応援レストラン

同じエリアの人気記事

川口葉子

川口葉子さん

東京在住

プロフィール

喫茶時間を愛するライター。カフェについての著書多数。様々なメディアでカフェやコーヒー特集の監修、執筆を手がける。

この記事もおすすめ

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える