明治23年創業、銀座菊廼舎の定番、富貴寄。 これは桜の花を散らした春の「桜色缶」。 吹き寄せとは、...

Date2016/04/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリア
複数エリア
明治23年創業、銀座菊廼舎の定番、富貴寄。 これは桜の花を散らした春の「桜色缶」。  吹き寄せとは、

明治23年創業、銀座菊廼舎の定番、富貴寄。
これは桜の花を散らした春の「桜色缶」。

吹き寄せとは、なんと楽しい見せ方だろう。
まるでお菓子のちらし寿司。

夏には貝殻や星をちりばめた「夏色缶」や
なでしこ色の金魚が泳ぐ小さな「金魚缶」も登場する。

昔ながらのお菓子だけれど、
手土産としていただくたび小さく感動する。
そして、桜や扇のお菓子を惜しみながら
金平糖やひょうたんのお菓子を
少しずつ少しずつ食べていくのだ。

今回紹介したスポット

銀座菊廼舎

TEL.03-3571-4095

  • 東京都中央区銀座5-8-8 コアビル B1F
  • 11:00~20:00
  • 不定休

場所東銀座

同じエリアの人気記事

川口葉子

川口葉子さん

東京在住

プロフィール

喫茶時間を愛するライター。カフェについての著書多数。様々なメディアでカフェやコーヒー特集の監修、執筆を手がける。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える