イメージ

TKGからウニ、いくら! たまご好きが絶対食べるべき逸品5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏卵から魚卵まで、日本人の心を掴んで離さない「たまご」。特にたまごを生食する日本の文化は、世界に類を見ないほど発達しているとか。他にもさまざまな調理法で楽しまれている卵料理の中でも、食べておくべき逸品をご紹介。美食の街東京だからこそ堪能できる卵料理の数々は、たまご好きじゃなくても要チェックのものばかり!

Date2016/04/24

【TKGファン必見】プレミアムTKGにトリュフトッピング?! 東京の絶品卵かけごはん3店


ホカホカのごはんに黄金色の卵をのせるだけの究極のたまご料理、卵かけごはん(以下TKG)。時短な上に栄養も豊富、そしてシンプルな味わいは、日本の心と言ってもいいかも。
自宅で食べる家TKGも美味だけど、都内に数ヶ所存在する、卵や醤油、トッピングなどにこだわったTKGをご紹介。TKG食べ放題のお店から、こだわりたまごのプレミアムTKG、さらにはトリュフトッピングまで……。これを知らなきゃ、TKG好きは語れない!


詳細はこちら>>



どっちが食べたい?! 老舗の親子丼or絶品オムライス


「卵+ご飯料理」の代表と言えば、オムライス? それとも親子丼? 年代、性別によっては意見が分かれるところ。
洋食屋の絶品オムライスや、老舗のこだわり親子丼など、変わり種から穴場まで、各3店ずつご紹介。 どちらがご飯との相性が最高か……果ては卵料理の代表か……、白黒つけるには、自分の舌で確かめに行くしかない!


詳細はこちら>>



5種類のウニを超贅沢に食べ比べ!築地の「ウニ」料理専門店


一見たまごと関係なさそうな「ウニ」も、みんなが食べているのは実は卵巣部分。れっきとした「たまご」というわけ。
築地場外市場の「うに虎 喰 中通り店」は、なんとウニの専門店! 世界中から集められ様々なウニが味わえる事で話題のお店。
日本の「ウニ」は暖かくなる春~夏の時期がベストシーズン。とろける味わいの最高のウニがいただけるそう♪ ウニと言えば、贅沢品の象徴のような食べ物だし、気軽に食べるのはちょっと気が引けるど、仕事を頑張ったご褒美にたまには贅沢してみては?


詳細はこちら>>



集まれ、いくら好き! イクラてんこ盛りの「船上めし」を贅沢食い


ルビー色に輝くたまご界のプリンセスと言えばそう「イクラ」。
あのぷちぷちとした繊細な食感、まろやかでこってりとした味わいを思う存分堪能したい!そんな願いを叶えてくれるのが「いろり家 東銀座店」。
オーダーすると、テーブルにご飯だけが運ばれ、店員さんがボウルいっぱいに入ったいくらを「よいしょ!」というかけ声とともに、目の前でご飯の上にこれでもか!とイクラを盛る風景は圧巻。いくら好き歓喜の逸品。


詳細はこちら>>



【秋葉原】ご当地グルメ集結!B-1グランプリ食堂で食い倒れデート


秋葉原駅から徒歩3分、JR線高架下にオープンした「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」は、「B-1グランプリ」の常設公認店。全国各地のご当地グルメが常時10台のトレーラーが並び、「B-1グランプリ」の歴代の優勝団体の監修メニューや現在話題のメニューなど、一度は聞いたことがあるようなご当地グルメを気軽に食べられる。
なかでも注目は、愛媛県今治市の「今治焼豚玉子飯」。焼豚の上に目玉焼きが載っていて、見ているだけで食欲をそそられる。地元ではまかない飯が発祥とされる丼メニューで、煮豚風の焼豚と目玉焼きに甘辛いタレが相性抜群だ。


詳細はこちら>>





※2016年4月22日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。



同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える