子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

土日に子どもと楽しめる東京イベントまとめ[2017年3月開催情報]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日のように様々なイベントが開催される首都圏エリア。数多くのイベントの中から「子どもと一緒に楽しめる」という視点で厳選した、東京・神奈川エリアのイベントをまとめてご紹介。週末の予定はこれで決まり!

Date2017/02/25

私のスタイル
おしゃれママ
カテゴリ
エンタメ・体験
エリア
芝公園東池袋

リニューアルを記念して人気の展示も復活!ジブリの新企画展示


2016年にリニューアルオープンした「三鷹の森ジブリ美術館」で開催中の企画展示『猫バスにのって ジブリの森へ』は、子どもの頃からスタジオジブリの作品を見て育ったお母さんが、子どもと行くのにぴったり!

開館から15年。「千と千尋の神隠し展」を始め、これまで開催されてきた14本企画展示をすべて一堂に会したもの。これまでの展示が同時に見られるだけでなく、新たにアレンジも加えられているため、過去に行ったことがある人も楽しめるのがうれしいところ。

リニューアルに伴い、大人も乗れる「ネコバス」や、大きな「3びきのくま」など、これまで人気だった展示物も復活! 子どもと一緒にジブリの世界観にのんびり浸ってみては。


猫バスにのって ジブリの森へ
期間:開催中~2017年5月予定


【開催施設】
三鷹の森ジブリ美術館
住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83(都立井の頭恩賜公園西園内)
最寄駅:三鷹



「どこでもドア」が体験できる!?VRゴーグルと体感マシンでどこでもドアを再現した史上初のイベント


ドラえもんのひみつ道具の一つである「どこでもドア」を完全再現した夢のような企画が開催。参加者はVRゴーグルと専用の体感マシンによって、のび太の部屋の中を再現した仮想空間に入りこみます。

部屋の中を自由に歩き回ったり、どこでもドアを使って部屋から南極に瞬間移動!南極の吹き抜ける風、間近で崩れる氷の断崖絶壁など、驚きの体験が楽しめます。 体験の始めと終わりにはドラえもんが登場。親子で驚きの世界をドラえもんと一緒に体感してみよう!


ドラえもんVR「どこでもドア」
期間:開催中~2017/4/14(金) ※毎週火曜日および3/18(土)~20(月・祝)を除く


【開催施設】
東京ソラマチ(R) 3F 12番地 特設会場
住所:東京都 墨田区 押上1-1-2
最寄駅:とうきょうスカイツリー/押上〈スカイツリー前〉



ラスカルや赤毛のアンまで。懐かしの世界名作劇場を親子で堪能!


1977年に放送されたアニメ『あらいぐまラスカル』の40周年を記念して、秋葉原で入場無料の展示イベントが開催。東京会場では1万人以上が来場した「THE 世界名作劇場展」の中から、『あらいぐまラスカル』を中心とした「世界名作劇場」シリーズの設定画やイメージボード、背景など約30点を選抜展示。

また、『あらいぐまラスカル』製作時のロケハン写真やアニメの場面写真といった貴重な資料、過去に販売していた「ラスカル」グッズ約100点も展示。

物販コーナーでは「ラスカル」グッズに加え、原画展「THE 世界名作劇場展」会場でしか販売していなかった公式図録も特別に登場する予定です。


THE 世界名作劇場展 ~”あらいぐまラスカル”40th記念 特別展~
期間:開催中~2017/3/12(日)


【開催施設】
東京アニメセンター
住所:東京都 千代田区 外神田4-41-1
最寄駅:秋葉原



クルマ好きのこどもたちにぴったり!トヨタが開催するこども向けモーターショー


お台場にあるクルマノテーマパーク「MEGA WEB」で、トヨタが第8回こどもモーターショーを開催。こども向け春休みイベント第8回こどもモーターショーをトヨタが開催!ミニカーづくり・組付け等のワークショップ「お仕事体験コーナー」や8輪バギー・ヒストリックカー同乗試乗会など、こどもたちが楽しみながら“モノづくり”や“クルマ”を学ぶことができる。

また、未就学児から運転できる電動カーやRCカー、ミニカーで遊べるコーナーのほか、こどもたちに人気のキャラクターショー等も。本格的な展示やイベントはクルマ好きの子どもが楽しめるのはもちろん、子どもそっちのけでお父さんが夢中になっちゃうかも!?


第8回こどもモーターショー
期間:2017/3/25(土) ~ 2017/4/2(日)


【開催施設】
MEGA WEB 館内各所
住所:東京都 江東区 青海一丁目3番12号
最寄駅:青海 / 東京テレポート



親子で興奮!小学生以下限定、入場無料の人気アニメイベントが今年も開催


親子でアニメを満喫できるイベント「ファミリーアニメフェスタ」が2017年も東京ビッグサイトで開催。

入場は無料、小学生以下とその保護者のみ入ることができるので、対象となるファミリーなら是非とも行きたいイベントです。子どものためのアニメイベントなので、気兼ねなく、安心して楽しめそうなのも嬉しいポイント!

会場では、キャラクターとの写真撮影や体を動かして遊べるコーナーなど、親子みんなで楽しめるブースが多数登場。会場全体がアニメの世界に包まれ、懐かしいキャラクターたちにキッズだけでなく、お父さんやお母さんも夢中になってしまうかも!?


ファミリーアニメフェスタ2017
期間:2017/3/25(土)・26(日)


【開催施設】
東京ビッグサイト 東展示棟 東8ホール
住所:東京都 江東区 有明3-11-1
最寄駅:国際展示場正門(徒歩3分)/ 国際展示場(徒歩7分)



子ども達がカラダを動かして夢中になれる遊びと、デジタル技術が融合した新感覚の体験イベント


昔ながらの遊びを、最新デジタル技術と組み合わせ子どもと遊べるイベント。縄跳びで遊んだり、壁によじ登ったり、昆虫を探したりなど、お父さんお母さん世代が子どもの頃に楽しんだカラダを使った遊びの数々をデジタルの力で現代風にアレンジ。

カラダ全体を動かしたり想像力を働かせながら手先を使って何かをつくる「フィジカル」な行為に、最新の「デジタル」テクノロジーを組み合わせた、「フィジカル」+「デジタル」=「フィジタル<Phygital>」(*)なコンテンツを、大小様々な体験型ブースにて自由に遊んで学ぶことができます。最新デジタル技術を体験しながら、親子でリフレッシュ!


*「フィジタル<Phygital>」について
「KIDSTONE」では、文部科学省の2020年からの「小学校でのプログラミング教育の必修化」の検討発表などに代表されるデジタル教育早期化の背景と同時に、「体を動かして何かをする“Physical(フィジカル・身体的)”体験」「自分の手で何かをつくる“Craft(クラフト・手工業/技能)”体験」などを重視して、双方を融合させたプロダクツ開発やイベント開催等を、「フィジタルプロジェクト」として展開しています。


カラダを動かす、デジタル体験!フィジタルフェス2017
期間:2017/3/25(土)・26(日)


【開催施設】
iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
住所:東京都 世田谷区 玉川1-14-1 二子玉川ライズ2F
最寄駅:二子玉川



冬季限定のスケートリンクで、遊園地とスケートを思いっきり楽しもう♪


『冬だって“もっと”外で遊ぼう』を合言葉に、としまえんの真ん中にある「それいゆ広場」で冬季限定の屋外リンクが開催中。

昼間 はアトラクションに囲まれながら青空の下で気持ちよく遊び、イルミネーションが点灯する夕方からは、スケートリンク周辺が光り輝く幻想的な空間へと変わるナイトスケートを楽しめます。

さらに、音楽とともにカラフルな光をリンク床面に投影し、一定時間毎に繰り広げられる“光のショー”も開催。また、スケートリンクは何度でも再入場可能。


としまえん 屋外アイススケートリンク
期間:開催中~2017/2/27(月)


【開催施設】
としまえん
住所:東京都 練馬区 向山3-25-1
最寄駅:豊島園



人気キャラクター“チョッパー”が活躍するエピソード「冬に咲く、奇跡の桜」をスノードームで再現!


東京タワーの真下に、国内最大級“スノードーム”が出現! 人気アニメ『ONE PIECE』屈指の名エピソード「冬に咲く、奇跡の桜」が美しいイルミネーションで再現されます。

常設テーマパーク「東京ワンピースタワー」とのコラボ企画として実現したこのスノードームイルミネーション。その中では、高さ約4mのツリーやミニ東京タワーオブジェとともに、等身大チョッパーのフィギュアがファンをお出迎え! 冬の装いに身を包んだルフィ、ゾロ、サンジ、ナミら“麦わらの一味”もパネルとなって登場します。

毎日13時~22時の毎正時には、音楽にあわせてドーム内のツリーやオブジェが様々な色に変化しながら桜色に染まっていく「光のスノードームショー」も開催。エンディングでは真っ白な雪が舞い、幻想的な光景を見ることができます。


東京タワー ウインターファンタジー ~ONE PIECE スノードームイルミネーション~
期間:開催中~2017/2/28(火)


【開催施設】
東京タワー1階正面玄関前
住所:東京都 港区 芝公園4-2-8
最寄駅:芝公園/ 大門



神秘の世界「深海」から“ゾクゾクする”仲間が集結! しかも、触れるって!?


生息水温が10℃程、水圧の違いから飼育展示することが中々難しいと言われる深海生物。そんな神秘の生きものたちに会える「ゾクゾク深海生物」がこの冬、サンシャイン水族館で開催されます。

会場には、『深海で採集してきた生き物からゾクゾク展示します』と銘打った水槽が登場。“ダイオウグソクムシ”をはじめ、寒い冬にしか採取できない深海生物が揃います。

さらに、あまり見る機会のない深海生物に実際に触れる「深海生物ゾクゾクタッチ」も開催される。奇妙なフォルムと未知なる感触に、思わずゾクゾクしてしまうかも!?


ゾクゾク深海生物
期間:開催中~2017/2/28(火)


【開催施設】
サンシャイン水族館
住所:東京都 豊島区 東池袋3-1 ワールドインポートマートビル・屋上
最寄駅:東池袋/ 池袋/ 雑司が谷



この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える