イメージ

イチゴが満開!浅草ツウが唸るコスパ最強フルーツパフェ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上野・浅草エリアを縄張りにする雑貨デザイナーである筆者・sekiyumi(セキユミ)が、素敵なおでかけ先をご紹介! 今回は極上のフルーツパフェが味わえると評判の「フルーツパーラーゴトー」さんに行ってきました!

投稿日:2016/03/31

みなさまはじめまして。上野と浅草の間にある稲荷町近くで雑貨デザインをやっておりますsekiyumi(セキユミ)と申します。今回から月イチで上野~浅草エリアで素敵なイベントやお店をご紹介していこうと思っております。

浅草でパフェといえば!「フルーツパーラーゴトー」

初回にご紹介するのは花やしき隣にある「ひさご商店街」内にあります老舗の「フルーツパーラーゴトー」さん。

数年前に初めて行って以来、目で見て鼻で香って口で味わって…五感で楽しめる旬のパフェの味の多様性に感動して、季節ごとに必ず訪れるお店。

浅草には様々な名物が有りますが、このエリアにアトリエを構える私が真っ先に記事にしたい、地元民自慢のお店なのです。

昔ながらの商店が並ぶ中、見えてくるコンクリート打ちっぱなしの外観は「下町の老舗フルーツパーラーなのにおしゃれ!」という意外性があり益々気持ちが高ぶります。

休日、祝日はお客様が並んでいる時間帯も有りますが、時間の融通が比較的利く自営業である私はこの身分を活かして平日の午後2時にスムーズに入店出来ました。中に入ればふわっと香るフルーツの甘い空気のお出迎えに思わず表情筋も緩みます。

テーブルに置かれたメニューに目をやると「本日のおすすめメニュー」とあります。メニュー表には右上に日付が記載されており、その日のフルーツの入荷状況によって一部変わる様です。

メニューのラインナップは春の訪れを感じさせる柑橘系やいちごがずらりと並んでいました。しかし一概にいちごと言うなかれ。千葉産とちおとめや福岡産あまおう等、産地によって食べ比べが出来るよくばりメニューが盛りだくさん。

そんなよくばりメニューにもかかわらず、お値段は他のフルーツパーラーと比べてもリーズナブル。ちゃんと採算が取れているのか、老婆心ながら心配になるレベルです。

迷いに迷って私は「3種のいちごの食べ比べパフェ」をオーダー致しました。そして友人は「12種の柑橘系のパフェ」をオーダー。春のフルーツてんこ盛りのオーダーです。

▲あまおうやとちおとめなど、ブランドいちご満載で1,380円はお得すぎ!


…今回のタイトルをもう一度ご覧下さい。なぜ私が「満開」と書いたか! この盛りつけはまさに花! 豪華絢爛! 満開になったフルーツの花々が私の目前に広がっていたのです。

▲いちごと生クリームの奥底に現れる、手作りアイスも美味!


フォークですくって口に運ぶとフルーツの素材がもつ美味しさのみならず、素材の美味しさを生かしたアイスクリーム、コンフィチュールなどゴトーさん手作りの味が楽しめます。

そして甘酸っぱさのいちごに添って軽くてしっとりとした生クリームの味。絶妙な味のバランス(遠い目で追憶)…。嗚呼…。

高級なコース料理の如く、見た目はもちろんの事、旬のフルーツの様々な味を凝縮した一品です。


まとめ

今回訪れたフルーツパーラーゴトーさんではフルーツパフェ以外にもコーヒーやフルーツサンド、フルーツみつ豆やコーヒーなどレギュラーメニューも豊富で毎日通っても飽きないラインナップです。

旬のフルーツを使っているのでシーズンごとにオリジナルのメニューが食べられます。ぜひ浅草散歩のルートの1つにいかがでしょうか? 大輪のフルーツパフェのお花見が堪能出来ますよ!


▲3種のいちごの食べ比べパフェ1,380円。この日のいちごは、福岡産あまおう、千葉産とちおとめ、千葉産紅つやか、というラインナップ。



▲12種の柑橘系のパフェ1,380円。宮崎産金柑と日向夏、愛媛産の甘平といよかん、広島産はっさく、東京産文旦、鹿児島産デコポン、熊本八代産晩白柚(ばんぺいゆ)、愛知産はるみ、屋久島産たんかん、など。



※2016年3月時点の情報です。


今回紹介したスポット

フルーツパーラーゴトー

TEL.03-3844-6988

  • 東京都台東区浅草2-15-4
  • 11:00~19:00
  • 水曜日

場所浅草

sekiyumi

sekiyumiさん

東京在勤

プロフィール

ぬいぐるみ・ファッション・アクセサリー雑貨デザイナー。暮らしの差し色になるような日常の不可思議なアイデアをおもしろかわいくデザイン。2010年に創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」入居以来、上野・浅草界隈にアトリエを構えて活動中。

Curator/ 投稿者プロフィール

ぬいぐるみ・ファッション・アクセサリー雑貨デザイナー。暮らしの差し色になるような日常の不可思議なアイデアをおもしろかわいくデザイン。2010年に創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」入居以来、上野・浅草界隈にアトリエを構えて活動中。

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える