イメージ

とろ~りチーズがたまらない! 都内で「ラクレット」が食べられるお店3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」に登場する、とろ〜りとしたチーズをパンにかけて食べるシーン。思わずよだれが出てしまいそうなこのチーズは、「ラクレット」というセミハードタイプチーズの一種です。ここ数年、女性を中心にラクレットの人気は右肩上がり!今回は、都内でこだわりのラクレットが食べられるお店をご紹介します。

Date2016/03/24

誰と行く
友達・仲間
カテゴリ
食・グルメ

【渋谷】何度でも食べたい! チーズ専門店でいただくまろやかラクレット

2015年11月、旧「マルイシティ渋谷」からリニューアルオープンした「渋谷モディ」。9階の飲食フロアにある「Cheese Dish Factory」は、ラクレットやチーズフォンデュをはじめとした、こだわりのチーズ料理が楽しめるカジュアルレストランです。牧場×チーズ工場×ダイニングをテーマにした店内は、ゆったりくつろげるソファ席も豊富。おしゃれなカフェのようで、つい長居してしまいます。


席によってデザインの異なるソファやテーブルなど、おしゃれな内装も人気。


フランス語で「ラクレ」は「削る」という意味。その名のとおり、溶けたチーズの表面をナイフで削っていただきます。


こちらが人気メニューの「ラクレットチーズセット」(2,592円※二人前/税込)。使用しているのは北海道産のラクレットチーズで、ミルキーかつまろやかな味わいが特徴です。独特のクセが少ないため、どんな食材にも合うまさに万能チーズ! 専用のヒーターで温めたラクレットは、アツアツのうちにいただきましょう。


チーズそのものにしっかり味がついているので、まるで濃厚なソースのよう。


とろ~っと具材に絡まったチーズがたまりません! セットの具材は、色とりどりの野菜、角切りのバケット、ソーセージ、じゃがいも。ゴロッとしているので食べ応えも十分! これだけでお腹いっぱいになりそうです。


チーズ盛り合わせ、4種の前菜、季節のサラダ、ラクレットチーズがセットになったコースメニュー(3,240円/税込)もあるので、記念日や女子会での利用もオススメ。チーズと野菜を美味しく味わいたい女性にとっては、何度訪れても飽きないはずです。



Cheese Dish Factory
住所:東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ9F
最寄駅:渋谷



【恵比寿】ワインとのマリアージュに舌鼓……スイスの本格ラクレット

恵比寿駅から徒歩3分の場所にある「イル ジェンティーレ」。しっとりと落ち着いた空間で、20代~60代まで幅広い客層に支持されている本格ワインバールです。各国のワインを100種類以上取り揃える同店では、ワインに合う前菜やお肉料理も充実。


カウンター席もあるため、女性一人でも入りやすい店内。ワインに合う料理が豊富なので、1軒目から使えるのも嬉しい。


ラクレットの本場・スイスの伝統的な食べ方に倣い、具材にはじゃがいもとピクルスが欠かせません。


名物の「旬野菜とラクレットヒーター」(2,300円※二~三人前/税込)は、スイスの大手メーカー「スーペルベ」社のラクレットチーズを使用。およそ2年かけて職人が手作りするこちらのチーズは、深いコクと香りが特徴。同じくスイスのワイン「シャスラー」との相性も抜群です。


仕上げに黒コショウを効かせて、ピリリとしたアクセントを楽しむのも良し。


季節によって変わる旬野菜も味が濃くて美味しい! 筍やアスパラといった春野菜とチーズがこんなに合うなんて驚きです。しかも野菜はすべて国産。シンプルな食べ方だけに、素材のよさが際立ちます。


温めることでチーズらしい香りが漂うラクレット。合わせるワインも香りの強いものだと相性がいいとか。


「自家製薫製ラクレットチーズとサルシッチャのオーブン焼き」(1,550円/税込)もぜひ注文したい逸品。ラクレットを薫製してから溶かすことで、より香りの強さが楽しめます。サルシッチャの塩気とチーズのコクが見事に重なり合い、ワインも進んじゃいそう!



イル ジェンティーレ
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-1-5 ES215ビル 2F
最寄駅:恵比寿



【湯島】日本から世界のチーズまで……日替わりで楽しめる絶品ラクレット

湯島にある「ワンズラクレット」は、店名のとおりラクレットが看板メニューのチーズ専門店。北海道産のラクレットから、フランス産、スイス産など各国の様々なラクレットが食べられる珍しいお店です。


ラクレットはもちろん、フォンデュなどチーズを使ったさまざまな創作料理が揃う同店。


その日のおすすめラクレットをシンプルに味わえる。何度来ても新しい発見がありそう!


少量でも注文できるのが嬉しい「一人前ラクレットチーズ」(842円/税込)。季節に合わせて、その時季に一番美味しいラクレットを日替わりで楽しめます。この日はスイス産のラクレットをオーダー。とろ~っと溶け出した瞬間から、芳醇な香りがただよってきます!


トマトやパプリカなど、同店の野菜ソムリエが厳選した旬野菜にチーズのコクがぴったり。ラクレットを削る瞬間は、多くのお客さんがカメラを片手に目を輝かせているそう!


チーズ好きの女子必見! スイーツまでチーズづくし♪


なんと、ラクレットを使ったデザートも! 「デザートラクレット」(650円/税込)は、バゲットの上にラクレットをたっぷりかけ、ハチミツとバニラアイスを添えたオリジナルスイーツ。あまじょっぱい幸せが口の中に広がります。



湯島ワンズラクレット
住所:東京都文京区湯島3-36-10 永山ビル 1F
最寄駅:湯島



<まとめ>
チーズそのものの美味しさをシンプルに味わうことができるのも、ラクレットならではの魅力。とろ~りとろけるアツアツのラクレットは、目でも舌でも楽しませてくれること間違いなしです!



※2016年3月時点の情報です。
ライター:池田香織(verb)



●話題のグルメ関連記事
>>>ギリシャ料理にグルメバーガー! GWに行きたい日本初上陸の最新グルメ4選
>>>GWはトルコのケバブ料理巡りで旅する気分 都内のケバブ専門店5選
>>>トレンドをおさらい! 2016年必ず行きたい話題のグルメスポットまとめ
>>>【至高の朝食】パン通が選ぶ最高においしい東京の食パン5選


同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える