デートのスポット・イベントおでかけ記事

重要文化財の英国式洋館の一室がカフェになっている。 氷のような霧雨が降る美しい午後、 静けさと壮麗な...

Date2016/01/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誰と行く
定番
カテゴリ
カフェ
エリア
駒場東大前
重要文化財の英国式洋館の一室がカフェになっている。 氷のような霧雨が降る美しい午後、 静けさと壮麗な

重要文化財の英国式洋館の一室がカフェになっている。
氷のような霧雨が降る美しい午後、
静けさと壮麗な記憶に包まれてコーヒーを飲んだ。

1929年竣工、チューダー様式をとり入れた洋館は、
加賀百万石のお殿さまの子孫、第16代当主、前田利為侯爵の大邸宅。

1階には大小の応接室やダイニングルーム、
2階は書斎や、家族それぞれの部屋、使用人たちの部屋が並んでいる。

午前11時になると、ボランティアガイドが洋館内を案内してくれる。
これがとても興味深い。
壁の目立たない場所に設けられた、執事を呼ぶためのボタン。
看護師だけが使う隠し階段。
(多いときには140人もの使用人がいたそうだ)
イタリア産の大理石に混じったアンモナイトの化石。

アメリカ軍が前田邸界隈を空爆しなかった理由は、
占領後にこの邸宅を接収し、
マッカーサーの執務室として使用する計画があったためだという。
(実際には空軍司令官の公邸となった)

前田利為は陸軍司令官としてボルネオに赴いて戦死した。
その人生を想像しながら飲むコーヒー。

雪がまばらに残る前庭に、真紅の薔薇が一輪だけ咲いていた。
ロッテ・グントハルト、とその薔薇の名前をおぼえた。

川口葉子

川口葉子さん

東京在住

プロフィール

喫茶時間を愛するライター。カフェについての著書多数。様々なメディアでカフェやコーヒー特集の監修、執筆を手がける。

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える