映画『探偵はBARにいる』の中で、殺し屋が主人公にこんなことを尋ねる。 「ジンギスカンはラムとマト...

Date2016/01/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いつ行く
仕事帰り
カテゴリ
食・グルメ
エリア
蒲田
映画『探偵はBARにいる』の中で、殺し屋が主人公にこんなことを尋ねる。  「ジンギスカンはラムとマト

映画『探偵はBARにいる』の中で、殺し屋が主人公にこんなことを尋ねる。

「ジンギスカンはラムとマトン、どっちが好きだ?」

このとき、主人公は縛られて生き埋めにされる直前。
「その質問の意味は?」と尋ねればーー
「意味なんかない。おまえの人生と同じだ」

そして主人公は深い穴に突き落とされるのだけれど、
ラムかマトンか、という質問がひょいと口をついて出てくるのは
舞台が北海道だからなのだろう。

『七丁目のひつじ』はガード下にある、カウンターだけの小さな羊料理専門店。
2人で行って、お酒を呑みながら食べに食べたーー

前菜は手作りのラムウィンナーと、ラムジャーキー。
羊ベーコンと羊チーズをのせたグリーンサラダ。
羊チーズをのせたフライドポテト(意外な発見がある)。

メインはジンギスカン。そこでくだんの質問。
「ラムとマトン、どっちが好き?」
(ラムにした)

ジンギスカンのあとで焼きそばを注文すると、
鍋に残った具や、お肉と野菜のだしがしみ込んだ汁を利用して
「ひつじやきそば」を作ってくれる。
これもお店の名物。

たとえ人生に意味などなくても、お酒とおいしいものと、物語があれば。

【店名】七丁目のひつじ
【住所】東京都大田区西蒲田7-70-1

今回紹介したスポット

七丁目のひつじ

  • 東京都大田区西蒲田7-70-1

場所蒲田

川口葉子

川口葉子さん

東京在住

プロフィール

喫茶時間を愛するライター。カフェについての著書多数。様々なメディアでカフェやコーヒー特集の監修、執筆を手がける。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える