スイーツ・パン・流行のスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

シャネルのアイコンがスイーツに!?伊勢丹ショコライベントに潜入!【スイーツ連載】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載「スイーツライターchicoの東京お菓子めぐり」は、スイーツをこよなく愛するライターchicoさんの目線で注目のお店をピックアップ。第11回は、「イセタン・ショコラサローネ」に出店の「ベージュ アラン・デュカス 東京」をご紹介!

Date2016/01/27

連載 スイーツライターchicoの東京お菓子めぐり

カメリアもマトラッセも。永遠のシャネルアイコンを優雅に味わう。

世界中の女性を魅了してやまない「シャネル」。そのアイコンがこのバレンタインを前に、5つの甘美なショコラスイーツに姿を変えている。

たとえば永遠のアイコン、「カメリア」は「カメリア・ショコラ」(1,944円)に。ココ・シャネルが最も愛した椿の花は、ショコラムースやフランボワーズのパートをグラサージュで覆った、10cmほどのチョコレートづくしの一輪となって、目にも舌にも新たなときめきを運んでくる。鏡のようにグラサージュが艶めくカメリアは、息をのむほど美しい。

実はこれ、伊勢丹新宿店で今年から始まる「ショコラ・イセタネーション」(1/27〜2/1、伊勢丹新宿本店)の一環。よりプレステージの高い、ファッションとチョコレートスイーツの新しいコラボを提案するこのイベントで、「ル・ショコラ・オ・ジャルダン・ドゥ・ツイード ベージュ アラン・デュカス 東京 アット シャネル」として登場。

この期間だけ、伊勢丹の4Fセンターパークはシャネル銀座ビルディングの屋上テラス「ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード」に見立てた空間に様変わり。シャネルのストーリーにあふれたお菓子をテイクアウトできる(※スイーツの販売は1/27〜2/14まで)。

こんな世界がうらやむスイーツを生み出せるのは、「シャネル」と「アラン・デュカス」の唯一のコラボレーションレストランである「ベージュ アラン・デュカス 東京」だからこそ。

「ベージュ アラン・デュカス 東京」シェフパティシエ、シルヴァン・コンスタンさんのデザートはいつも、シンプルでいてエレガント。素材を生かしつつ洗練が漂う。先ほどのカメリアもしかりで、ショコラの強さにパッと映えるフランボワーズがとても滑らかで濃厚。

「ピュレでなく生のフランボワーズを使い、一度冷凍させ砕いてから、わずかな砂糖と10%のブドウ糖で少しだけキャラメル香がするまで煮詰めるのです。こうすることでずっときめ細やかで、味わい深くなります」。

しっかり密なのにムースとともにすっと消えていく魅惑のテクスチャー。これがショコラの濃さのなかで、フランボワーズの酸味と香りを鮮やかにしてくれる。一見シンプル、でもその裏に潜んでいる手仕事はどこまでも繊細だった。

シャネル・バッグを象徴する、キルティングモチーフ、「マトラッセ」もチョコレートとパッションの組み合わせで再現。「マトラッセ」(1,944円)は、パッションのクレムー、ショコラノワールのガナッシュに、ショコラブランでまとめたプラリネとフィヤンティーヌ、ダックワーズが層になった生菓子。口にするとパッションの爽やかな甘酸っぱさを、ショコラやプラリネのコクが包み込んでいくよう。

「ベージュ アラン・デュカス 東京」のシグネチャー・デザート「カレ・シャネル」も、このイベントでならテイクアウトOK(1,944円)。こちらは表情や色彩の異なる糸で織りなすツイードを、カレ(正方形)に切り取ってモチーフに。ショコラムースにノワゼット(ヘーゼルナッツ)のダックワーズとプラリネが重なり、とろりザクザク。ショコラとノワゼットの風味が口いっぱいに押し寄せて、たまらなく香ばしい!

ちなみにボックスは、今回のイベントのためだけに作ったもの。箱にもやっぱり、シンプルと洗練が寄り添っている。

マカロンはレストランやテラスでも季節ごとに風味を変えて出している。今回の「マカロン・べージュ」(3個入り2,160円)は、チョコレート、レモン、フランボワーズをセットに。あしらったカメリアのチョコがどこかフェミニンな表情をのぞかせている。

スタンダードなフレーバーながら、丁寧に手をかけられたマカロンはひと味もふた味も違う。レモンなら、レモンクリームにレモンママレードも加えられていて、頰張ると甘さに苦味と酸味がみずみずしく折り重なっていく。

「ブトン・シャネル」(5個入り2,376円)では、「シャネルジャケットのボタン」がチョコレートに! レストランの小菓子として出されている「カメリア」のほか、今回のため新たに、「香水瓶」「マトラッセ」「エトワール」もデザインされている。

シンプルなダークとホワイトチョコということもあり、ついデザインに目が行くけれど、味わい深さにも驚かされる。とりわけホワイトはすっきりとくどさがなく、ミルキーなまろみがなんとも心地いい。極上のシンプルとはこういうこと。

自分へのご褒美にもプレゼントにも最高のお菓子ながら、「ベージュ アラン・デュカス 東京」はあくまでレストラン。テイクアウトで(しかも外部で)販売するのはおそらく最初で最後だそう。この貴重な機会、見逃す手はありません!



text / chico photo / Kayoko Aoki

BACK NUMBER

女子力応援レストラン

  • [大人のワインダイニング]
    房’s 西新宿

    房’s 西新宿

    新宿南口徒歩1分♪ワイングラス48種以上500円〜ボトルワイン100種以上!大人ワインダイニング♪

    • 平均:4,500円
    • JR新宿駅南口 徒歩1分
    クーポンあり 詳細を見る
  • [ワイン×チーズ×個室]
    チーズフォンデュ×イタリアンバル 新宿テラス 新宿東口駅前店

    チーズフォンデュ×イタリアンバル 新宿テラス 新宿東口駅前店

    ★新宿駅徒歩1分!!話題のイタリアンバルが【NEWOPEN】★『ラクレットチーズフォンデュ』や創作チ…

    • 平均:2,980円
    • 地下鉄新宿駅 徒歩2分
    クーポンあり 詳細を見る

同じエリアの人気記事

chico

chicoさん

東京在住

プロフィール

スイーツのトレンドに精通し、雑誌、web、TVなどで活躍。『an・an』で「chicoのお菓子な宝物」連載中。共著『東京最高のパティスリー』(ぴあ)発売中。

この記事もおすすめ

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える