書架のような棚に食パンが整然と並んでいる。 その奥でパンをつくっている。 趣向を凝らした、さまざま...

Date2016/01/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書架のような棚に食パンが整然と並んでいる。 その奥でパンをつくっている。  趣向を凝らした、さまざま

書架のような棚に食パンが整然と並んでいる。
その奥でパンをつくっている。

趣向を凝らした、さまざまなパンを
あれやこれやと選ぶのもいいけれど、
このお豆腐屋さん的な、単一感もいい。

絹豆腐一丁ください、と言うように、
食パン1斤ください、と言うのだ。

帰り道に齧ったりはしないで、家の食卓で食べるのだ。
毎日食べても飽きなくて、同じものを5年前も、10年前も
食べていたのだ。

やっぱりちょっと、お豆腐みたいではないか。

町からお豆腐屋さんが姿を消しつつあり、お豆腐はいま、
スーパーで買わなければならなくなってきているが
町のパン屋さんはどうか、ずっと生き残って、と思う。

今回紹介したスポット

パンのペリカン

TEL.03-3841-4686

  • 東京都台東区寿4-7-4
  • 8:00〜18:00(品切れの場合、閉店時間が早まることがあります。)
  • 日曜日・祭日・特別休業日

場所田原町

同じエリアの人気記事

清水美穂子

清水美穂子さん

東京生まれ東京育ち

プロフィール

情報サイトAll AboutパンやBread Journalの他、雑誌等メディアでおいしいパンとその向こう側にスポットをあて続ける。パンを楽しむ企画のコーディネート、執筆多数。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える