レストラン・ファミリーのスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

2016年話題になったグルメスポット・お店まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンケーキ、カップケーキ、グルメバーガーなど、東京では毎年新たなグルメトレンドやスポットが次々に生まれている。昨年2015年の特徴は、本国で人気の高いショップの日本初出店が目立ったこと。昨年末に登場したばかりの店舗もあるから、2016年が始まって間もない今こそ、話題のグルメをまとめてチェックしに出かける絶好のチャンス!

Date2016/01/14

ニューヨークNo.1のデカ盛りロブスターロール「LUKE'S」

なんといってもロールから溢れんばかりに盛られたロブスターが特徴。

LUKE'Sで使用するロブスターは、アメリカ本土メイン州の釣り師から直接港で買い付け、水揚げされた直後に直営工場で加工するため、豪快なロブスターロールがリーズナブルに楽しめる。甲殻類好きなら、間違いなく大満足な逸品だ。

開店直後から話題になった名物のロブスターロールのUSサイズ(1580円 税込)のほか、米国の定番家庭料理「マカロニ&チーズ」をアレンジしたこの冬限定メニューのロブスターマッケンチーズ(1,080円 税込)も登場し、2016年も目が離せない。


LUKE'S
東京都 渋谷区 神宮前 6-7-1 1
最寄駅/原宿/ 明治神宮前
スポット詳細はこちら


本格ベルギーフリッツを気軽に楽しめる「POMMEKE」

昨年話題になった本場ベルギースタイルのフリッツ専門店「POMMEKE」。小さい店内はスタンディングスタイルで、気軽にベルギースタイルのフリッツが楽しめる。

看板メニューのフリッツ(550円 税別~)は、水分量が少なくフライドポテトに最適な「ビンチェ種」というポテトを使用し、外はカリッと、中はホクホクとした食感が特徴。

また、ベルギーでポピュラーなミートボール(450円 税別)やカルボナード(550円 税別)などのメニューも揃える他、昨今人気のベルギービールもあり、ちょい飲み風にも楽しめるグルメスポットだ。


POMMEKE
東京都 港区 北青山2-12-27 ハレクラニ北青山1階
最寄駅/外苑前
スポット詳細はこちら


ピザみたいなのにとってもヘルシーなニューフード♪「PINSA DE ROMA」

昨年表参道に登場した、ヨーロッパで200店舗も展開しているピザに代わる話題のヘルシーフード「PINSA(c)(ピンサ)」。

ピザで使用する焼き上がりの重い小麦粉とは違い、タンパク質含有量の多い良質の小麦粉、大豆粉、米粉を使用しているため、ヘルシーで消化の良いカリッとした軽い食感が特徴。

イタリア産サルシッチャとパプリカ(1,200円 税別)など食事として楽しめるものや、苺とレモンクリームヨーグルト(1,000円 税別)などデザート的なものまで、様々なトッピングを揃える。

生地がヘルシーであることに加え、トッピングの具材にはイタリア全土から集めた食材をふんだんに使用しているため、食に対して気を遣っている人やダイエット意識の高い人にもおすすめのヘルシーフード。


PINSA DE ROMA表参道店
東京都 渋谷区 神宮前1-9-8
最寄駅/原宿/明治神宮前/表参道
スポット詳細はこちら


カナダで人気のスイーツ "ペイストリー"専門店が上陸「ビーバーテイルズ」

自由が丘にオープンしたのは新スタイルのスイーツ、ペイストリーの専門店「ビーバーテイルズ」。

ペイストリーとは、粗挽きの小麦粉を使用した生地を手で丁寧に引き伸ばし油で揚げたものに、チョコレートペーストやシナモンシュガーなどをトッピングしたスイーツ。

元々は1978年、カナダの首都オタワの小さな売店から始まり、本土で人気のスイーツになった。シナモンシュガー(430円 税別)や、チョコレート+バナナ(540円 税別)などスイーツ的なトッピングが定番だが、バジル+ガーリック(430円 税別)などの甘くないメニューも揃える。

ショッピングスポットとしても人気の自由が丘だから、買い物ついでに立ち寄ってみてはいかが。


ビーバーテイルズ 自由が丘店
東京都 世田谷区 奥沢7-4-12 UPビル1F
最寄駅/自由が丘
スポット詳細はこちら


2016年は渋谷にも登場!ミラノの老舗ピッツェリア「スポンティーニ」

現在ミラノに8店舗展開し、61年の歴史を誇る老舗ピッツェリア「SPONTINI」が2015年に原宿に初上陸。大いに話題となった。

本場のミラネーゼから愛される理由は、大豆油をふりかけ、鉄鍋で揚げるようにしながらじっくり焼きあげるのが特徴のピッツァ。

底はカリカリに仕上がり、厚さが約2センチというボリュームたっぷりのインパクトのある見た目と、ふっくらとした食感は一度食べると忘れられない逸品だ。

マルゲリータ(896円 税込)、マリナーラ (842円 税込)などの王道メニューからまずは食べてみたいところ。2016年は渋谷モディ店もオープンし、ますます話題になる事が予想される。混雑する前にチェックしよう!


PIZZERIA SPONTINI カスケード原宿店
東京都 渋谷区 神宮前1-10-37 CASCADE HARAJUKU2F
最寄駅/原宿/ 明治神宮前
スポット詳細はこちら


PIZZERIA SPONTINI 渋谷モディ店
東京都 渋谷区 神南1-21-3 渋谷モディ1F・2F
最寄駅/渋谷
スポット詳細はこちら


ニューヨークで愛される絶品ハンバーガーを日本でも楽しめる!「Shake Shack(シェイクシャック)」

昨年末に日本初上陸のハンバーガーレストラン。日本1号店は外苑前いちょう並木にオープンした。

ニューヨークで愛される最高のバーガーは、アンガスビーフ100%のパティを使用し独自の製法で配合されとても新鮮。さらにレタスやトマト、ピクルスやオニオンをお好みでトッピング可能。

ここで必ず食べたいのはオリジナルのシャックソースとチーズがはいったシャックバーガー(680円 税別~)。この他に、ホットドッグ(480円 税別)、フローズンカスタード(380円 税別~)、シェイク(480円 税別~)、も揃える。

いずれもシンプルながらも​、​クオリティの高いメニューが楽しめる。まだ食べていないハンバーガーファンは今すぐ食べるべきグルメバーガーだ。


Shake Shack
東京都 港区 北青山2-1-15
最寄駅/外苑前
スポット詳細はこちら


食事や酒のおつまみにもなる新スタイル甘くないタルト「What a Tart!」

日本で「タルト」というと甘いものが主流になるが、ここのタルトは甘くない「セイボリータルト」。

欧米では古くから日常的に親しまれている、食事用の甘くないタルトの総称で、具材には野菜、肉、魚貝、チーズ、豆類など、あらゆるものが使われている。

生地には一切バターを使用せず、太白胡麻油やグレープシードオイル、エキストラバージンオリーブオイルなど、身体に必要で良質な油を使用していて、その食感はとても軽やかでクリスピー。

メニューはレギュラータルト9種類と2ヶ月毎に変わるシーズナルタルト3種類の合計12種類を用意。価格はタルト(450円 税別~)、タルト&コーヒーセット(700円 税別~)。時間が経過しても変わらぬサクサク感を楽しめるから、手土産としても最適だ。


What a Tart!
東京都 渋谷区 神宮前5丁目51-1 クラシカ表参道1F
最寄駅/表参道
スポット詳細はこちら

女子力応援レストラン

  • [日本酒/居酒屋/個室]
    創作和食と隠れ個室 ごんべえ 渋谷

    創作和食と隠れ個室 ごんべえ 渋谷

    【渋谷ハチ公口徒歩4分】【個室完備4名様〜20名様迄】【店内完全貸切70名様迄】【日本酒50種類以上…

    • 平均:3,000円
    • JR渋谷駅 徒歩5分
    クーポンあり 詳細を見る

同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える