日本の伝統文化である飴細工。 しかし後継者が少なくなり衰退しつつあるのも事実です。 そんな中、その...

Date2016/01/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の伝統文化である飴細工。 しかし後継者が少なくなり衰退しつつあるのも事実です。  そんな中、その

日本の伝統文化である飴細工。
しかし後継者が少なくなり衰退しつつあるのも事実です。

そんな中、その技術を保持し、更なる発展を目指している「浅草 飴細工 アメシン」

飴細工は90度まで熱し、柔らかくした飴を素手と握りバサミを使って造形する伝統文化。

飴は温かいうちは柔らかいですが、冷めると固まるので数分で仕上げなければない、とても技術のいるもの。

透き通るようなきれいな金魚。
今にも動き出しそうな猫。
実物を目の前にすると、技術の高さに思わず息を呑みます。

東京スカイツリー・ソラマチ店では、実演販売を行っており、間近で作る様子が伺えます。

巧妙に作り上げられた飴細工が並ぶ中、とても可愛らしい飴細工も並んでいます。

「うちわ飴」
丸いうちわ型の飴に、きれいに描かれた「初夢」の絵。
季節によって様々な絵柄が登場しており、現在は1月ということで新年にちなんだ縁起が良いものばかり。

うちわ飴はソラマチ店限定の大変人気の商品とのことですので、売り切れ注意!

ひとつでもきれいですが、いろんな絵柄を並べてみてもまた素敵かも。

今回紹介したスポット

飴細工 アメシン 東京スカイツリー・ソラマチ店

  • 東京都墨田区押上1丁目1−2 東京スカイツリータウン・ソラマチ4階 イーストヤード11番地

場所とうきょうスカイツリー

同じエリアの人気記事

プロフィール

製菓専門学校卒業、パティスリーの経験を経て現在、一般社団法人日本スイーツ協会が主催する資格「スイーツコンシェルジュ アドバンス」を取得。自身の経験や感覚を生かした執筆、制作、レシピ提供を行っている。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える