東京での初詣は世田谷区にある豪徳寺を訪れました。私と同じ曹洞宗の寺院で、1633年、彦根藩主・井伊直...

Date2016/01/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
歴史・名所
東京での初詣は世田谷区にある豪徳寺を訪れました。私と同じ曹洞宗の寺院で、1633年、彦根藩主・井伊直

東京での初詣は世田谷区にある豪徳寺を訪れました。私と同じ曹洞宗の寺院で、1633年、彦根藩主・井伊直孝が菩提寺として伽藍を創建したと言われています。また、ここは招き猫発祥の地という説でも知られています。写真は願が成就したお礼として奉納されている、多くの招き猫。ちなみに豪徳寺では招福猫児(まねぎねこ)と言うそうで、その特徴は右手を上げ、小判などを持たないシンプルなお姿。他にも大権修利菩薩像や弥勒菩薩像など見所満載ですので、ぜひ散歩がてらにお参りしてみてはいかがでしょうか?


■豪徳寺
東京都世田谷区豪徳寺二丁目24番7号

同じエリアの人気記事

坪井信邦

坪井信邦さん

東京在住歴9年

プロフィール

曹洞宗の寺院に生まれ、大本山総持寺にて雲水修行を行なう。大学卒業後に渡米し現地企業で経営に従事。2005年株式会社100percentを設立。デザインと仏教、二つの世界を横断しながら活動を行う。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える