「まだ誰も救えていないけれど、このパンをつくれてよかったと思う」 と、シェフの言葉がホームページに書...

Date2015/12/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「まだ誰も救えていないけれど、このパンをつくれてよかったと思う」 と、シェフの言葉がホームページに書

「まだ誰も救えていないけれど、このパンをつくれてよかったと思う」
と、シェフの言葉がホームページに書かれている。

そして、年末の忙しい時に、食べて助けられている
わたしのような者がいる。

「キャトルヴァン」というのは「80」という意味だ。
食パン型の、ミミのところにはたっぷりの亜麻仁(アマニ)の粒。

亜麻という花の種で、紀元前数千年前、人類が初めて栽培した植物のひとつなのだそう。
亜麻仁で、体内では作ることのできないオメガ3必須脂肪酸であるαリノレイン酸、
ポリフェノールの一種、リグナンが効率的に摂れる。
このパン2枚80gで1日に必要な分。

ゴマのようだけれど、もっと力強い味がする。力がわいてくる。
わたしも誰かの何かの助けになったらいいなと思う。
しっかり働くためには、食べなければならない。
もう本当に時間がない師走の朝、ここに杏ジャムをのせ、姿勢を正して食べるのが
最近気に入っている食べ方だ。

今回紹介したスポット

Signifiant Signifie

TEL.03-3422-0030

  • 東京都世田谷区下馬2-43-11 COMS SHIMOUMA1F

場所池尻大橋

同じエリアの人気記事

清水美穂子

清水美穂子さん

東京生まれ東京育ち

プロフィール

情報サイトAll AboutパンやBread Journalの他、雑誌等メディアでおいしいパンとその向こう側にスポットをあて続ける。パンを楽しむ企画のコーディネート、執筆多数。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える