イメージ

【丸の内】仕事帰りに立ち寄れる、定番イルミネーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の花火と違って、冬のイルミネーションは仕事帰りに気軽に立ち寄れるのが大きな魅力。光で華やぐ街を歩きながらショッピングやお食事も楽しめるイルミネーションイベント、東京・丸の内編です。

Date2015/12/17



【丸の内仲通り他】シャンパンゴールドにまぶしく輝くメインストリート

※過去開催時の様子


帰宅途中のビジネスマンと丸の内OLでにぎわう丸の内仲通り。有楽町と大手町をつなぐ約1.2kmの距離にずらりと並ぶのは、シャンパンゴールドに光る街路樹だ。上品に輝く丸の内オリジナルカラーのLED電球約100万球を使用し、約200本の木が美しく光るメインストリートを演出している。



丸の内仲通りの街路空間は、都市景観大賞ほか数多くの賞を受賞しているだけあって、歩道も広くて快適! うっとり見とれながら歩いていれば、1駅分の距離はあっという間。のんびり夜のお散歩を楽しんで。


丸の内イルミネーション 2015
場所:丸の内仲通り 他
期間:開催中~2016年2月14日(日)
点灯時間:17:00~23:00(12月は~24:00)



【東京駅丸の内駅舎他】東京駅スペシャルライトアップ&光のプロムナード

※照明演出であり、プロジェクションマッピングではありません


通勤で東京駅を利用するなら、メトロの乗り換えでも一度地上に上がって駅を出てみて! 開業101周年を迎えた「東京駅丸の内駅舎」が、12月24日(木)から4日間限定で、美しい日本の伝統色でライトアップされる。目の前の行幸通りは街路樹や路面に照明演出を施し、光のプロムナードに。駅舎と通りの一体感ある光の空間が楽しめる。
また、ドイツのクリスマスマーケットをイメージした、可愛らしいヒュッテ(屋台)が並ぶ「Marunouchi Chiristmas Market」、今年話題になった人物などをモチーフにした光るオブジェがベンチにたたずむ「Lighting Bench Art」は開催中(12月27日まで)。


左:Marunouchi Christmas Market 右:Lighting Bench Art ©東京ミチテラス2015
※使用している画像はすべてイメージです。


東京ミチテラス2015
場所:行幸通り/東京駅丸の内駅舎
期間:東京駅スペシャルライトアップ×光のプロムナード:2015年12月24日(木)~2015年12月27日(日)、Marunouchi Christmas Market、Lighting Bench Art:開催中~2015年12月27日(日)
点灯時間:17:00~20:30


落ち着いた大人の街ならではの上品なイルミネーションを大規模に展開している丸の内エリア。仕事終わりに東京駅のスペシャルライトアップを楽しんだ後、のんびりと仲通りの「光のプロムナード」を歩いて帰るのはいかが?


>>丸の内エリアのイルミネーションをもっと見る

同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える