ぱりん、と割れて、ハラハラと崩れていってしまう外皮のなかには クリーム色のシャボンの泡のような艶やか...

Date2015/12/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぱりん、と割れて、ハラハラと崩れていってしまう外皮のなかには クリーム色のシャボンの泡のような艶やか

ぱりん、と割れて、ハラハラと崩れていってしまう外皮のなかには
クリーム色のシャボンの泡のような艶やかな気泡が隠れている。

それをどうしたら上手く食べられるか、考えるのはいつも、冷静になったあとだ。

おいしそうなパン オ ショコラを目の前にして、いい大人も子どもになってしまう。
ここが銀座でもかまわない。ちょっと齧ってみたいという誘惑に負けそうになるのだが、
「この店にあるものは、道を歩きながら齧ったりなぞ、ゆめゆめなさいませぬよう」
そう言いつけられている。その約束を守った者だけが、真のおいしさに辿りつけるのだ。

これは温めて食べるパンオショコラ。生地の発酵バターが溶けてチョコレートと
合わさって、ガナッシュのような味になる。
パンオショコラはパンでもなくお菓子でもなく、パンでもありお菓子でもある、
魅惑的な食べものだ。

今回紹介したスポット

和光アネックス ケーキ&チョコレートショップ

TEL.03-3562-5010

  • 東京都中央区銀座4-4-8 和光アネックス 1階
  • 10:30~19:30 (日曜・祝日は19:00まで)
  • 無休(年末年始を除く)

場所銀座

同じエリアの人気記事

清水美穂子

清水美穂子さん

東京生まれ東京育ち

プロフィール

情報サイトAll AboutパンやBread Journalの他、雑誌等メディアでおいしいパンとその向こう側にスポットをあて続ける。パンを楽しむ企画のコーディネート、執筆多数。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える