ドナルド・ジャッドの遺作が都内にあると聞いて立川まで足を伸ばしてみました。ドナルド・ジャッドはアメリ...

Date2015/12/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
歴史・名所
ドナルド・ジャッドの遺作が都内にあると聞いて立川まで足を伸ばしてみました。ドナルド・ジャッドはアメリ

ドナルド・ジャッドの遺作が都内にあると聞いて立川まで足を伸ばしてみました。ドナルド・ジャッドはアメリカのアーティストで、箱型や直線を使った作品などで知られています。日本では私の地元、静岡県立美術館と東京都現代美術館等に所蔵作品があるのですが、まさか彼の作品が東京の街角でパブリックアートとして見ることが出来るなんて!調べてみると、ファーレ立川と呼ばれる駅前エリアにドナルド・ジャッドのほか、様々なアーティストの作品が点在しているそうで、ジャッドの作品は北口第一駐車場の東側の壁に、、、ありました。静かな存在感が光る、デザイン好きにはたまらない作品です。わざわざ美術館にいかなくても街角にこんな風に触れ合えるアートがあるって、素晴らしいですね。

■ファーレ立川アート

同じエリアの人気記事

坪井信邦

坪井信邦さん

東京在住歴9年

プロフィール

曹洞宗の寺院に生まれ、大本山総持寺にて雲水修行を行なう。大学卒業後に渡米し現地企業で経営に従事。2005年株式会社100percentを設立。デザインと仏教、二つの世界を横断しながら活動を行う。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える