銀座でどら焼きといえば「木挽町よしや」のどら焼き! 業界内にもファンが多いので何度も差し入れに使わせ...

Date2015/12/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
カフェ
銀座でどら焼きといえば「木挽町よしや」のどら焼き! 業界内にもファンが多いので何度も差し入れに使わせ

銀座でどら焼きといえば「木挽町よしや」のどら焼き!
業界内にもファンが多いので何度も差し入れに使わせていただいております。
また1月限定で登場する干支の焼印入どら焼きを購入するのが
ワタシの年始のささやかなお楽しみでもあります。

そんな「よしや」が、なんと11月に甘味処をオープン!
オープン当初は混んでいると思い、はやる気持ちをおさえにおさえて
12月まで待ってお邪魔してきました。
選んだのは『クリームあんみつ』。
訪問したのが土曜の夕方だったせいか、この日はすでにつぶ餡が売り切れ。
「こし餡での提供となります」とのことでした。
タイミングよく こし餡が「出来立て・練りたて」とのことで
ほのかにあたたかいこし餡を頂くことに。
練りたてのこし餡は滑らかで舌に吸い付くような質感!
上品な甘さは 震えるほどの美味しさでした。
自慢の餡はもちろんのこと、自家製の寒天もえんどう豆もこれまた絶品!
優しいコクのある黒みつと、濃厚なバニラアイスの相性も抜群。
興奮の鼻息と満足のため息を出しすぎて、酸素不足でクラッとなったほどです。

創業1922年の「よしや」。
歌舞伎役者さんやタレントさんにもご贔屓が多いと聞く銀座の老舗が
満を持して誕生させた甘味処。
・・・にも関わらず「あんみつ」は650円~と良心的な下町価格。
その愛情にもクラッ。また必ず行きます。

クリームあんみつ 750円
==========================
■甘味よしや
東京都中央区銀座3-12-14
営業時間/11:00~18:00  定休日/日・祝
※どら焼きを販売している「木挽町よしや」の隣にあります
==========================

同じエリアの人気記事

マツイ ミチコ

マツイ ミチコさん

東京在住16年

プロフィール

番組制作会社ディレクター。徹夜明けの疲れきった心を癒してくれるのは銀座のきらめくスイーツだけ! 仕事柄差し入れをすることも多く、手土産にふさわしいお菓子のチェックも欠かせません。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える