東京タワーのほど近くにあるガラスドームのような建物。一歩中に入ると、素朴ながらもエレガントなインテリ...

Date2015/10/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京タワーのほど近くにあるガラスドームのような建物。一歩中に入ると、素朴ながらもエレガントなインテリ

東京タワーのほど近くにあるガラスドームのような建物。一歩中に入ると、素朴ながらもエレガントなインテリア空間がひろがり、東京にいる事を忘れてしまいます。平日昼、メーカーさんとの打ち合わせがてらランチに寄りました。1990年にブリュッセルにオープンして以来、世界中で愛されているパンの美味しい、オーガニックにこだわったカフェです。焼きたてパンの芳ばしい香りに包まれたインテリアは、創立者で料理人のアラン・クモン氏が自身の祖母の手作りのパンを食べていた時のベルギーの田舎地方のスタイルとの事。カフェの中央には大きな「コミューナルテーブル」と呼ばれるテーブルが置かれています。お店を訪れた知らない人同士が、おいしい料理を一緒に食べる事を通して会話が生まれるような場所になるよう、創立時からあるこだわりポイントだそう。コミューナルテーブルの片隅には、ジャムやチョコレートやナッツのスプレッドが自由にとれるように置かれているのも嬉しい仕掛けです。

今回紹介したスポット

Le Pain Quotidien 芝公園店

TEL.03-6430-4157

  • 東京都港区芝公園3丁目3-1
  • 7:30 - 22:00 (21:00 L.O.)

場所御成門

同じエリアの人気記事

土橋陽子

土橋陽子さん

東京在住25年程度

プロフィール

IDEEに5年間所属し、定番家具の開発に携わる。以後フリーの家具デザイナー・インテリアライターとして様々な企業と組み独自の活動を続ける。写真撮影:Koji Fukuzaki

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える