飲み屋・バー・女子会のスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

パフォーマンス暦27年!老舗料理屋「かがや」で女子会を楽しむ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子会といえば、オシャレなイタリアンバルや高級ホテルのディナープランなど、ちょっと気取った場所で開催されることが多いのではないでしょうか。しかし、女性も30代に近づくと、だんだんそんなキラキラしたところに行くのも飽き始めてくるもの。そんなちょっと奔放な女子たちにおすすめなのが、普段はなかなかチョイスしないであろう、新橋にある「かがや」というお店。

Date2015/10/23

なんでも、おいしい家庭料理を味わいながらマスターによる狂気的な素晴らしいパフォーマンスを鑑賞でき、訪れた人々に元気と衝撃を与えてくれるのだとか。そこで、「女子部JAPAN(・v・)」メンバーが実際に女子会を開催し、「かがや女子会」を楽しくするためのポイントをご紹介致します!

ちなみに今回の女子会メンバーはこちら。

こばなみ
こばなみ

女子部JAPAN(・v・)総監督。連日のように飲み歩くワイン好きの酒豪。女子会が成り立つのかをジャッジします。

さの
さの

コーラとハンバーガーが大好物の濃い味好き。元ダンサーの目線でパフォーマンスのクオリティをジャッジ。本日のライター係。

のぞみ
のぞみ

ゾンビ・お化け屋敷が大好きな、怖いもの好きな元OLの利き酒師。さまざまなドリンクの味をチェック。

ふるや
ふるや

本日のメンバーで唯一の平成生まれの23歳。現代の若者目線でいろんな意味でどうなのかをノリで判断。

ポイントその1:平日でも満員御礼!事前予約はしっかりしておこう

JR新橋駅、SL広場から徒歩3分くらいの場所の地下1Fにお店があります。創業27年となるこの店は、国内メディアはもちろん、海外のバラエティ番組や外国人観光ガイドブックなどでも多数取材されているそうで、外国人客も多く、平日でもおかまいなしで満員御礼。事前予約はしておくのがベストです。


▲お店の前には分かりやすい看板があります


▲8畳ワンルームほどのシンプルな造りの店内

私たちは火曜日19時半で予約したのですが、来店したときにはリザーブした場所以外は満席。マスターによる接客パフォーマンスも既に始まっており、店内は大賑わい! 客層の男女比は6:4といったところで男性客がちょっと多め。この日は韓国とニュージーランドからの観光客も訪れており、ちょっぴりグローバルな空間でした。

ポイントその2:ガールズトークはスキマ時間に!店内ではマスターの言うことを聞こう


▲店に入った瞬間から全力で接客してくる店主マーク・カガヤ

着席した私たちに、「それでは始めてよろしいですか?」という確認をした瞬間、マスターは最初から最後まで、全力で接客&パフォーマンスをしてきます。日頃のウップンを晴らそうとお喋りに花を咲かせようにも、ガールズトーク中でもおかまいなしで空気をかき乱してきますので、ご注意を(笑)。郷に入れば郷に従え、といいますが、パフォーマンス中はマスターの言うこと、言動に集中しましょう。お喋りは、マスターが黙っている間に行うのがベターです。


▲「さんすう」ノートに食事メニュー、「こくご」ノートにドリンクメニューが載っています

かがやの食事メニューは、軽くおつまみが楽しめる1080円(価格は全て税込)の気軽なコースから料理と飲み放題付きの4160円のコースと、5種類のコース料理のみ。料理の追加オーダーはできません。
頼みたいものが決まったらマスターに注文。私たちは2160円のコースである「あーやっと仕事終わった。おなかペコペコなんだ、マスター、おいしいもん、たくさん食べさせてよ。お願い」をオーダー。


▲27年間、長すぎるメニュータイトルに変更はないのだとか

まだ何も状況を把握していない私が棒読みでオーダーすると、マスターから「全然、ダメ。何のために取材しに来ているの?」と、まさかのやり直し! 「感情を込めて言うように!」と注文のやり直しをさせられました。


▲照れていると何回でもオーダーのやり直しをさせてくる

さの:久々に腹から声だしたわ…。でも、周りのお客さんが当たり前のように無反応だから、逆に一人で照れてる自分が恥ずかしくなってくる。

ポイント3:煮物メインの料理はペースを大切にしつつ味わおう

なんとか注文を済ませた私たちはようやくビールで乾杯。到着してから驚きの連続でしたが、料理を待つ間はしばしガールズトーク。


▲パフォーマンスが重なってしまうと、ビールに辿り着くまでに着席から20分くらいかかる場合も

こばなみ:やー、ビックリしたねぇ! わたし、久々にこんなキテレツな居酒屋きたよ!! 過去に初めて入った居酒屋で何故かオヤジに怒られた経験はあるけど、ここは別の意味でヤバイ。

のぞみ:お化け屋敷が大好きな私から言わせてもらうと、マスターのあの突然豹変する様はゾンビが襲ってくるときばりの危機感があるかも! 面白い。

飲み物が到着してからしばらくすると、全て手作りだという煮物をメインにした料理がずらりとテーブルに並びます。


▲料理はナスやかぼちゃなど、主に野菜の煮物がメイン。季節によって内容は変更するそう


▲大根の煮物も味が染みていて想像通りのおいしさ

煮物の味付け具合は、ちょうどよい濃さでビールが進む! 大皿にのっていた鶏の甘辛煮は白いご飯と一緒に食べたかったですね。ちなみに、お喋りに夢中になり過ぎて出された料理にあまり手を付けないでいると、おかみさんが見回りにきて、食べるよう指示出しされます。せっかくおいしい料理ですので、温かいうちにいただきましょう!

ポイント4:マスターのパフォーマンスが始まったら集中しよう

私たちが勝手にパフォーマンスと呼んでいるのはメニューに記載されている、お酒の運び方のこと。各テーブルで1回だけ、マスターが料理などを特別な運び方をして持ってきてくれます。これが1回でおよそ5分〜10分かかる場合があるので、その間、店内はマスターのパフォーマンスに注目が集まります。


▲「持ってき方」は、アメリカ、日本、中国、イギリス、ブラジル、フランスの6種類

全てお見せしてしまうとネタバレしてしまいますので、今回は特別に許可をもらい、他のお客さんが頼んでいたフランスの「持ってき方」を、ダイジェストでご紹介!!


▲イーゼルを店の奥から持ちだしてきたと思ったら、お客さんの似顔絵を、木炭を使ってその場で描いてくれます


▲完全に不意打ちで、私の似顔絵も描いてもらえることに…


▲微妙に、似ているかも…?(この後サインも入れてもらいました)

芸術の都、フランスバージョンでは、お店にいるお客さん似顔絵をマスターが勝手に描いていきます。しかしこれが意外と似ていたりして、当たった本人はけっこう嬉しいです(笑)。
ちなみに、パフォーマンス中は店内にいるお客さん全員がマスターに集中し、変な一体感が生まれますので、お喋りはやめて鑑賞に徹しましょう。

ポイント5:他では味わえない、かがや特製ドリンクを飲んでみよう!

かがやのドリンクメニューにはビールや日本酒、焼酎、ウイスキー、のほか、恐らくワインのことであろう「ぶどうのリキュール」やレモンサワーなど、割りと普通のお酒が想像以上に揃っています。が、しかし別のページに謎の3種類の特製ドリンクも用意されています。


▲埼玉県人のことをリスペクトしているのか、それとも…


▲埼玉県人(54円)。マスターから事前に「まずくて体に悪いよ」と忠告が入ります


▲「まずっ!!」

「埼玉県人」という特製ドリンクは、ウーロン茶とお酢、そしてタバスコを混ぜたような、なんともいえない味わい。罰ゲームで飲むような飲み物で、納得の価格設定だと思いました。


▲利き酒師のぞみによると、アルコールは入っていないとのこと…

そして1050円(時価)という「地底人」というドリンクもトライ! こちらは酸っぱさが強い梅酢サワーのような味で、梅好きならば、意外にもスイスイ飲めます。


▲地底人はコップに仕掛けが…!?

特製ドリンクにはもう一種類「宇宙人」があるのですが、残念ながら価格が1億円だったので今回はオーダーを見送ることに……。

結論:マスターのパフォーマンスは本物! 盛り上がりたい気分の女子会には最適

まだ飲みたりないかな……と思うところでつまむ料理もなくなり、つぎの予約のお客さんが来てしまうとのことで約2時間にわたる女子会終了!
総評すると、おいしい家庭料理を味わいながら、終始賑やかな雰囲気を楽しめました! しかし、かなりワイワイしているので静かな場所でゆっくりしたい、悩み相談がある、という場合の女子会にはちょっと不向きかも。
ただ、まだ慣れていない友達との女子会や合コンなどには、マスターが勝手に場を盛り上げてくれるので非常に良いと思います!

こばなみ:終始マスターの行動が気になって、お酒を飲むのを忘れてた(笑)。なのでちょっと飲み足りない気分だけど、盛り上がるから女子会にはありだと思う。

のぞみ:ちなみに日本酒は、恐らく「菊水」の辛口です。なので、日本酒はおいしいですよ!

さの:あのパフォーマンスを毎日やっているかと考えると、マスターの心意気というか…、ソウルを感じますね。しかも1日、2回転も…体力すごいわ。

ふるや:最初はデートには絶対NG!と思っていたけど、自分は話下手なので、勝手に雰囲気を盛り上げてくれる「かがや」はあえての初デートにはありかも…!?と思いました!


▲最後まで決して気を抜かない表情のマスター

最後にどうしても聞きたくて「好きな女性のタイプは?」と質問してみましたが、答えてはくれませんでした。マスター、本当は照れ屋なのかも……。
気になる人は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

ライター:佐野春香(女子部JAPAN(・v・))

店舗情報
かがや
住所:東京都港区新橋2-15-12 中原ビルB1
電話: 03-3591-2347 FAX:03-3788-7288
営業時間:18:00~翌1:00
定休日:日曜・祝日(予約のみ営業)

同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える